Kaplan(カプラン)ってどんな学校? 校内やクラスの様子を紹介します

こんにちは!カナダ留学コンパスの大西なつみです。

現地バンクーバーの最新情報をオンタイムでお伝えします。

カナダ・バンクーバーにKaplan(カプラン)という英語を学べる語学学校があります。

Kaplanは、国際色が豊か、アカデミック中心な学校として有名な語学学校です。

特に「English Only Policy」が厳しいことで有名で、講師や生徒間で常に英語を話せる環境です。

学校の特徴は下記3つです。

  • 国際色豊かな学校
  • IELTSコースなどアカデミック中心のプログラム
  • 母国語禁止ルール

日本人比率は他の学校に比べてそこまで高くないため、様々な国と人と友達になりたい、英語漬けの日々を送ってみたいという方にはピッタリの学校です。

今回は、Kaplanの実際の外観から校内の様子、教室の様子や学生の雰囲気について写真いっぱいでご紹介します。

Kaplanの外観

Kaplanの校舎はバンクーバーの中心地にあり、スカイトレインの「Burrard(バラード)駅」から徒歩3分と立地もすごく良いです。

近くにはショッピングができるモール、レストラン、カフェなど一番バンクーバーの中でも栄えている地域にあります。

こちらがKaplanの外観写真です。

こちらの3階がKaplanの校舎になります。

1階にはエルメス、その向かいにはティファニーのお店があり、ここ一体は高級店が軒並み揃うストリートにもなります。

学校の入り口はここになります。

こちらのエスカレーターで3階にあがります。

3階につくと、こちらの入り口が見えます。

Kaplan校のメイン入り口になります。では中に入っていきたいと思います。

こちらがKaplanの受付になります。

広々としており、私が滞在している間にもたくさんの生徒さんがスタッフと英語で話されていました。

どうしても日本語で相談したいことがある場合は、この受付の中に入り日本人スタッフとお話しをすることができるそうです。

Kaplanの校内の様子

実際に私が学校に行き、感じた第一印象をお伝えします。

まずはこちらが廊下になります。

学校はワンフロアになりますが、広々とした校内になります。

全部で16教室あり、1クラス平均で10名~15名の学生が授業を受けられています。

またIELTS専門コースもあることから、大学や専門学校に進学する生徒も多く、平均年齢が24歳と落ち着いた雰囲気で勉強したい方にはピッタリの学校です。

こちらが共有スペースになります。

机がたくさん置かれていて、休憩中の生徒さんや、ここでランチをみなさんとられていらっしゃいました。

すごくアットホームな雰囲気で、いろいろな国籍の人が集まって話していらっしゃいます。

またこの共有スペースには、立派なベンディングマシーンがありました。

どこの学校もコーヒーを買う機械はあるのですが、これだけ大きい機械が設置されている学校はほとんどなく、いつも生徒さんが外へ行かずにこちらで購入されるそうです。

特に私達日本人にとって、勉強はコーヒーになくてはならないものですね。授業中やランチ時間にも美味しいコーヒーが飲めるのは良いですよね。

あとトースターも完備しています。

ランチの時間に温かいトーストを焼くことができます。意外とランチでこのトーストを利用される生徒さんも多いんです。

Kaplanの教室の様子

Kaplanの教室をのぞいてみました。この学校の特徴的な部分をご紹介したいと思います。

  • 1クラス平均10-15名
  • 広々としたクラスルーム
  • プロジェクター型ホワイトボード

Kaplanはではこのように各クラスがすごく広々としています。また生徒同士がお互いを向き合っているので、話しやすい環境です。

多国籍が多い学校だと、シャイな方はなかなか話しづらい…と思いがちですが、教室自体がすごくアットホームで、同じ国籍で集まることもないので、すごく居心地が良いように感じました。

またなんと言ってもこのKaplanの特徴としては、プロジェクター型ホワイトボードです!

Kaplanでは全教室のこちらのプロジェクターを設置しています。こちらは通常のホワイトボードではなく、パソコンの画面と一体型になっているので、先生がパソコンで映し出すものを、この画面にも反映される仕組みです。

このボード用の専用のペンがあり、インクを使わずにホワイトボードに同時に書き込めるんです。イメージはアイパッドのペンのような感じでしょうか。

このプロジェクター型ホワイトボードを使用するおかげで、例えば写真や動画もその都度生徒へ紹介できるので、従来の教科書を使うよりも、より視覚・聴覚的になります。

またより生徒の意識を授業に向けさせることができ、より楽しくて興味をそそる授業ができるようになったそうです。

Kaplanの特徴

ここでは通常学校のホームページには載っていない、留学した人にしかわからないKaplanについての情報をお伝えします。

どんな教科書?

実際に生徒さんが使用しているKaplanの教科書を見せていただきました。

Kaplanには「K+notes」と呼ばれる独自の教科書があります。生徒さんのレベルに合わせて様々な教科書が用意されています。

こちらが実際の内容になります。

2周間で1冊が終わるように授業は進んでいきます。また英語の4スキル「Reading/Speaking/Writing/Listening」がこの1冊に組み込まれているので、効率的に勉強することができます。

魅力的なアクティビティ

Kaplanには生徒全員が楽しく留学生活を送れるように、様々な学校主催のアクティビティを用意しています。

アクティビティはカナダの文化を知るだけでなく、学校スタッフや他の留学生の交流の場となるので、生徒みなさん積極的に参加されています。

こちらがKaplanのアクティビティボードになります。

このように毎日たくさんのイベントが開催されています。

平日は留学生同士の交流の場として、バーでの飲み会イベントやカナダで有名な食べ物「プーティン」を食べに行くイベントなど、学校独自のアクティビティが用意されています。

また休日はスタンレーパーク周遊、シアトル旅行、ウィスラー旅行などカナダならではの遊びに行くことができます。

またKaplanではアクティビティ専門の会社がオフィスを中に構えているんです。

「Club ESL」という語学学校を中心にアクティビティの手配を行っている専門業者になります。

学校のアクティビティ以外でも、こちらのオフィスでいつでも相談やお申込みができるので、安心ですね。

意欲的に勉強するために

Kaplanでは生徒さんが意欲的に勉強してもらうために、様々な取り組みを行っています。

その1つがこちらの「グリーンカード」です。

こちらは毎週各クラスで1名、英語を頑張って話して生徒にプレゼントされるカードです。

通常どの学校でも「English Only Policy」があり、そのルールを破ると罰が与えられることが多いですが、Kaplanでは罰の代わりに頑張っている生徒さんへカードプレゼントをして、意欲的に勉強してもらうようになっています。

このカードをもらうと、$5の商品券と交換でき、カフェでコーヒーなどを購入することができます。

こうやって積極的に取り組む生徒さんへの厚いサポートがあるのもKaplanの魅力的なところですね。

Kaplanはこんな人にオススメ

今回学校訪問を行った際に受けた印象をもとに、私の独断と偏見でおススメポイント、どんな人が合うかをお伝えします。

それはこちらです!

  • 多国籍、アットホームな雰囲気が良い人
  • アクティビティに積極的に参加したい方
  • アカデミックなコースに参加したい方

多国籍、アットホームな雰囲気が良い人

ほとんどの方が、国籍を気にされますよね。

なかにはバンクーバーまで来たんだから、どうせならたくさん外国人と話したいなど。もちろんそうだと思います。

Kaplanではそんな方の意向に配慮し、国籍比率の調整をしています。現状1年間の最新比率です。

【10%(日本人) 30%(アジア系) 30%(ラテン系)30%(ヨーロッパ)】となっています。

私が実際に学校をずっと回りましたが、様々な国籍からくる生徒を多く目にしました。

またアットホームな雰囲気があり、共有スペースも広々としているので、生徒さん方が一緒に話せる環境が十分にあります。一人での留学が不安…という方でも馴染める雰囲気が学校にはありました。

アクティビティに積極的に参加したい方

どの学校にもアクティビティはありますが、在籍される生徒様の雰囲気によて、積極的な学校とそうではない学校があります。

Kaplanは生徒さんの年齢層はそこまで低くないのですが、在籍される国籍も幅広いことから、たくさんの方がアクティビティに積極的です。

また上記でも記載しましたが、Kaplanでは季節ごとの学校主催イベントが盛りだくさんです。

「International Day」では各クラスで国ごとの出し物をするそうで、全生徒が主催となって取り組めるイベントがあります。

「クリスマス」や全員でパジャマを着て授業を受ける「パジャマパーティ」もあるそうです…笑

このように、1人で不安な気持ちで留学しても、ちゃんと学校に馴染めるようにたくさんのイベントが企画されているのが魅力的ですね。

アカデミックなコースに参加したい方

Kaplanはアカデミックコースが充実している学校としても有名です。

特に下記2コースがKaplanの強みとなります。

  • IELTS準備コース+
  • Pathwayプログラム(進学準備コース)

IELTS準備コースは毎週受け入れが可能で、長くIELTSの経験を積んだ講師陣が担当しています。

またKaplanの学校はIELTSの公式受験場所となりますので、いつも慣れた雰囲気の中で受講ができるので、緊張感は他の学校の生徒さんとは違いますね。

またPathwayプログラムという、カレッジ&大学進学の準備コースが充実しています。

Pathwayコースとはカレッジ&大学へ進学をする方が受講するクラスで、語学学校と大学が提携しており、語学学校のある指定のレベルをクラスを受講終了すれば、自動的に大学に入学できるというプログラムです。

つまり、入学試験やIELTSスコアが不要のため、大学進学を目指している人にはオススメのコースとなります。

Kaplanは30校以上のカレッジ&大学と提携しているので、他の学校よりも選択できる学校の数が違います。

まとめ

今回実際に学校を訪問し、特に雰囲気の部分でお伝えしたく、実際の様子をまとめました!少しでも思っていた学校と違う!ということがないように、現地の様子をそのままお届けしていきます。

カナダ留学コンパスでは留学・ワーキングホリデーに関して無料相談を随時おこなっております。
こちらのお問い合わせページからお気軽にご連絡下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る