ページトップへ LINEで相談!

【カナダ留学コンパス学生様専用】保証内容万全で格安な保険について

カナダ留学コンパスでは、毎日のように皆さまから海外旅行保険に関する相談を受けます。

「どれくらい保険を掛けていたら安心でしょうか?」というご質問が多いのですが、保険は「転ばぬ先の杖」なので、答えとしては「たくさん保険を掛けておけば安心です」と言わざるを得ません。

末永

とはいえ、保険を手厚くかければかけるほど安心ではありますが、その分保険料が高くなるのも事実。

カナダ滞在中に一度も医師にかからなかった場合、結果的にその保険料が無駄になったと感じることも…。(それが保険というものなんですけどね…。)

 

そこでカナダ留学コンパスでは、保険料が安く、しかも保障が手厚い「ハイブリッドなプラン」を新たにご提案いたします!

この記事では、留学生に断然おすすめのこの「ハイブリッドなプラン」について詳しく解説します。

そもそも保険って何をカバーしてくれるの?

そもそも保険とは、なにを保障してくれるのでしょうか?

一般的な留学生向け保険は、下記の3つの分野に分かれています。

①医療保険
留学中に病気やケガで治療を受けた時の治療費を保障

②生命保険
留学中の事故による死亡や後遺障害を負ってしまった時の保障

③損害保険
留学中に他人に損害を与えてしまったり、自分の所持品の盗難・破損の時の保障

末永

どの分野が保障されるかは保険プランによって変わるので、どこまでの保障を求めるかが保険選びのポイントになります。

従来の保険プラン

これまで、私たちからご案内をしてきた海外保険プランの内容は、下記のどちらかを選んでいただくものでした。

  1. 生命保険・損害保険が手厚い分、保険料が高い日本の留学生向け海外旅行保険
  2. 医療部分以外の保障が薄い分、保険料が安いカナダの医療保険

 

分かりやすくいうと:

保障内容で選ぶ

日本の保険>カナダの保険

安さで選ぶ

日本の保険<カナダの保険

一般的な日本の留学生向け海外旅行保険は保障がしっかりと付けられるので、安心です。

ただし、当然その分保険料が高くなります。

高い保険料は留学生にとって負担になりますよね。

従来の保険プランでは保障内容かコスト、どちらかを諦めなければならないので、完璧な保険とは言い難いものでした…。

 

そこで!今回は、第3の選択肢として、「保障も充実していて、保険料も抑えたい!」というお客様にぴったりのプランをご提案します。

その名も、「ハイブリッドなプラン」です。

新登場!「日本とカナダの保険を組合わせたハイブリッドなプラン」

保障が充実していて、しかも保険料が安い「ハイブリッドなプラン」

簡単に言うと、カナダの国際留学生保険「ガードミー」で医療保険に加入し、さらにそこに日本の保険を組み合わせ、カナダ滞在中の医療保険と生命・損害保険すべてをカバーするというものです。

末永

要するに、カナダの留学生保険(医療保険)に、日本の保険(生命保険・損害保険)上乗せすることで、安く、幅広い分野をカバーできるということです。

 

このプランは、日本とカナダの保険を組み合わせる(=ハイブリッド)なので、「ハイブリッドなプラン」という総称で呼んでいきます。

(A)カナダの保険「ガードミー」で【医療保険】をカバー

(B)日本の留学生向け海外旅行保険で【生命保険】【損害保険】をカバー(上乗せプラン)

ハイブリッドなプラン(A+B)

「ハイブリッドなプラン」の仕組み

上記でもご説明した通り、留学生向けの保険は主に3つの分野に分かれています。

①医療保険
留学中に病気やケガで治療を受けた時の治療費を保障

②生命保険
留学中の事故による死亡や後遺障害を負ってしまった時の保障

③損害保険
留学中に他人に損害を与えてしまったり、自分の所持品の盗難・破損の時の保障

「ハイブリッドなプラン」は、国際留学生保険ガードミー(①医療保険)に、日本の海外保険(②生命保険と③損害保険)を組み合わせたプランとなっています。

詳しくご説明します。

「ガードミー」で医療保険部分をカバー!

まずは、留学中に必ず加入しなければならない医療保険

医療保険とは、留学中に病気やケガで治療を受けた時の治療費を保障する保険です。

事故で骨折をしたり、高熱が出て入院が必要になった場合にかかった治療費は医療保険でカバーされます。

 

カナダ含めて、外国の医療費は高額です!

どのくらいお金がかかるのでしょうか?

例えば、自転車や階段で転んで運悪く骨折をするだけでも、医療費は軽く$10,000(約80万円)を超えます。

末永

医療保険に入っていないと、とんでもない額が請求されることが分かりますよね。

ですので、どんなにカナダ滞在日数が短くても、医療保険には必ず加入するようにしましょう!

医療保険でおすすめなのが、格安で加入できるカナダの留学生保険「ガードミー」がです。

国際留学生保険の「ガードミー」は、カナダの保険会社が提供する医療保険です。

カナダ滞在中の医療のほかに、日本以外への旅行時の医療にかかる費用も保障されます。

割安な保険料で、医療に絞った保障が受けられます。

日本に限らずカナダにいる留学生、特に大学生ははだいたい入っている医療保険です。

国際留学生保険「ガードミー」のポイント

  • 格安な保険料。1日あたり$2の分かりやすい料金設定
  • 提携病院ではキャッシュレスで受診ができる
  • 日本・カナダのどちらからでも申し込み可能
  • 旅行中の医療もカバー
  • 簡単に保険金請求(キャッシュレスでなかった場合)

注意点としては、ガードミーは【医療保険】なので、【生命保険】【損害保険】分野の保障がほとんどありません。

しかし、ガードミーにこの足りない【生命保険】【損害保険】の部分を上乗せすることで、手厚い保障がカバーされるのでご安心ください(次の項目で説明します)。

ガードミーについてさらに詳しい紹介は、こちらの記事からご確認ください。

生命保険・損害保険部分を上乗せしてしっかりカバー!

上記で解説した通り、「ガードミー」は医療保険(病気やケガの保障)のみのプランです。

生命保険(死亡の保障)と損害保険(盗難や破損の保障)は含まれません。

 

そこで、ガードミー(医療保険)に、日本の海外保険(生命保険・損害保険)を上乗せして「ハイブリッドなプラン」にします

「ハイブリッドなプラン」では カナダと日本の、2つの保険に加入する必要があるので手間はかかるのですが、保険料を安く、保障を手厚くすることができるのです!

安くて安心の保障なので、留学生にぴったりのプランとなっています。

ハイブリッドなプランの注意点

「ハイブリッドなプラン」は保険料が安く、保障も充実しているので非常におすすめな保険ですが、一般的な日本の海外旅行保険と比べ注意点が2つあります。

  • 協力病院以外でキャッシュレス受診ができない
  • 日本語でのアシスタンスサービスが受けられない

 

ガードミー協力病院以外で受診した場合、キャッシュレス受診ができないので、一旦その場で治療費を支払う必要があります。

その場合でも、受診後にちゃんと保険金を請求できますのでご安心ください。

 

また、一般的な日本の海外旅行保険と違い、日本語でのアシスタンスサービスが受けられません。

ただし、万が一の際はカナダ留学コンパスの現地オフィススタッフが請求のお手伝いをしますので、実質、日本語でサービスが受けられるということになります。ご安心ください!

末永

それに「英語で医者にかかることも勉強のうちだ!」と前向きに考えることもできますよ!

歯科プランも選べます!

「ハイブリッドなプラン」は

  • 歯科付き
  • 歯科なし

の2種類から選べます。

カナダで加入できる医療保険は一般的に歯科治療が保障の対象外となるケースがほとんどなので、歯科が対象となるのはうれしいですね!(ガードミー単体も歯科治療は対象外です!)

 

歯科付きのプランでも保障は10万円までなので、長期に渡る大きな治療には対応できません

しかし、下記のような応急処置は対象ですので安心です:

  • 留学中に急に歯が痛くなったとき
  • 昔治療した歯の詰め物がとれてしまったとき

 

ハイブリッドなプランの歯科治療付きプランをお選びいただくと、【医療・生命・損害・歯科保険】のすべてがカバーされるのにも関わらず、日本の海外旅行保険の半額以下です。

ハイブリッドなプランはそれほどお得な保険なんですね。

「ハイブリッドなプラン」の保険料

ハイブリッドなプラン(上乗せプラン)に加入するには、まずカナダの医療保険「ガードミー」に加入する必要があります。

まずはガードミー(医療保険)に加入し、そこに日本の留学生向け海外旅行保険(生命保険・損害保険)を上乗せします。

上乗せプランだけですと医療保険はカバーされないので、必ず「ガードミー」に加入してくださいね!

ハイブリッドなプラン(上乗せプラン)の料金は下記からご確認ください。

カナダの国際留学生保険「ガードミー」のお申し込みは、下記のフォームに必要事項を入力し送信をしてください。

ハイブリッドなプランと一般的な保険との比較

続いて、日本の一般的な海外留学保険と、ガードミーのハイブリッドプランの比較してみましょう!

契約タイプ 【一般的な日本の海外留学保険】 【ハイブリッドなプラン】
ガードミー+AIG保険(歯科つき)
【ハイブリッドなプラン】
ガードミー+AIG保険(歯科なし)
傷害死亡 1,000万円 1,000万円
傷害後遺障害 1,000万円 30万円〜1,000万円
疾病死亡 1,000万円 1,000万円
治療・救援費用 2,000万円 1億7,000万円
個人賠償責任 1億円
生活用動産補償 30万円 50万円
歯科治療費用 10万円 10万円 補償なし
航空機遅延費用 2万円
航空機預託手荷物遅延 10万円
保険料(1年間) 234,320円 113,810円

(AIG保険51,760円

ガードミー62,050円)

98,440円

(AIG保険36,390円

ガードミー62,050円)

  • 「ガードミー+AIG保険」のハイブリッドなプラン内、赤文字部分がガードミーでの補償
  • ガードミーの補償額や保険料は1カナダドル=85円で換算

「ハイブリッドなプラン」は保障が手厚く、保険料が日本の留学保険の半額以下ということが分かりますね。

「ハイブリッドなプラン」まとめ

カナダの格安留学生保険「ガードミー」と日本の海外保険を組み合わせる「ハイブリッドなプラン(上乗せプラン)」についてご紹介しました。

まとめると、カナダ留学中の保険は下記の3つから選ぶことができます:

  1. カナダの保険「ガードミー」医療保険のみカバー
  2. 日本の保険で医療・生命・損害保険をカバー(ただし高価)
  3. カナダの保険で医療保険を、日本の保険で生命保険・損害保険をカバー(お手頃)

それぞれをしっかり比較して留学前にご加入くださいね!

 

なお、上記3種類の保険はすべてカナダ留学コンパスからご案内ができます。

もちろん、弊社から留学手続きを行っていないお客様でもお手続き可能ですので、安心してお申し込みください!

国際留学生保険「ガードミー」のお申し込み

カナダの国際留学生保険「ガードミー」のお申し込みは、下記のフォームに必要事項を入力し送信をしてください。

日本の留学生向け海外旅行保険の資料請求

日本の留学生向け海外旅行保険」と、「ハイブリッドなプラン(上乗せプラン)」の詳細を知りたいという方は、コチラから資料請求をお願いします。

ハイブリッドなプランの注意事項

カナダの医療保険「ガードミー」で医療保障を、日本の留学生向け海外旅行保険で生命・損害保障(上乗せプラン)を組み合わせるプランですので、上乗せプランだけですと医療保険はカバーされません。

必ず「ガードミー」に加入ください。

無料相談受付中!

保険は安心を買うものなので、「どこまでの保障が必要なのか」また「保険に使えるコストなど」をしっかり比較し選びましょう!

自分に合った保険を選ぶことは、カナダ留学成功の第一歩です。

その他、留学の質問などあれば、私たちカナダ留学コンパスへいつでもご相談ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る