就労ビザについて

カナダで働きたい! 就職したい」と思っている方も多いと思いますが、カナダで働くためには「就労ビザ」が必要です。

「就労ビザ」というのは、その国で働くための許可証ですが、取得するのは難しいのでしょうか?

今回はそんなカナダの就労ビザに関する疑問を徹底的に専門家が解説いたします。

カナダの就労ビザについて

カナダの就労ビザですが、どんなビザなのでしょうか?

概要から具体的な内容まで踏み込んでわかりやすく解説します。

「就労ビザ」ってなに?

外国人がカナダで働くために必ず必要なのが「就労ビザ」です。

「就労ビザ」という名称が一番流通していますが、正式には「就労許可証(Work Permit)」と言います。

カナダ人以外の人がカナダで働くために必要な許可証が、就労ビザということです(当記事でも「就労ビザ」で統一します)。

カナダの就労ビザの種類

「就労ビザ」とひと言で言っても、実はいくつかの種類があります。

就労ビザの種類

  1. 就労ビザ
  2. ワーキングホリデービザ(Working Holiday Work Permit)
  3. ポスグラビザ(Post Graduation Work Permit)
  4. 配偶者就労ビザ(Spouse Work Permit)

カナダの就労ビザ違いについての記事もあります。

上の分け方とは別に、就労できるビザを大きく2つの種類に分けることができます。それがこちらです。

  1. オープン就労ビザ
  2. クローズド就労ビザ

 オープン就労ビザ(Open Work Permit)

「オープン就労ビザ」とは、雇用主、職種を限定しない就労ビザのことです。

ビザの期間内であれば、どんな会社で何の仕事でもすることができます。

 クローズド就労ビザ(Closed Work Permit)

雇用主、職種を限定した就労ビザです。

「オープン就労ビザと」は違って、ビザに記載されている雇用主で、ビザに記載されている職種のみ可能です。

※ 今回メインで紹介する通常の就労ビザは、「クローズド就労ビザ」に分類されます。

カナダの就労ビザに必要な条件

基本的にどの国においても、就労ビザを取得するのは難しいです。なぜなら、仕事の数には上限があるから。

本来、カナダ人が雇用されるはずであった仕事に1人の日本人が就いたとすればどうなるでしょうか?

もちろんですが、カナダ人1人分の仕事が1つ減ることを意味します。

日本人を一人雇用するとカナダ人の雇用が1つ減る

カナダ政府は、国民の失業率を上げてまでして外国人を雇うことを嫌うでしょう。

日本人とカナダ人の2人がいて、仮に2人がまったく同じスキルを持っている人材なら、カナダ人を雇うはずですよね?

その日本人を雇うためには、それ相応の「厳しい条件」が必要になってくるというわけです。

日本人がカナダで「就労ビザ」を取得する際に必要な条件はこちらの4つです。

就労ビザ取得に必要な条件

  1. 適切な職種かどうか?
  2. スポンサーはいるか?
  3. その日本人の雇用が適正かどうか?
  4. 適正な「求人」が行われたか?

 適切な職種かどうか?

まずは、職種の適切さが問われます。

カナダ政府は、低賃金で低レベル(高い技術を必要としない)の雇用が外国人によって占められることを望んでいません。

それはなぜでしょうか? こちらの理由が挙げられます。

外国人が低レベルな雇用に就けない理由

  • 低賃金の外国人はカナダの経済への貢献が少ないから(厳しく言うと「役に立たない」)
  • カナダ人が社会人になってすぐに就ける雇用として「低レベルの雇用」を取っておきたいから(カナダ人の雇用優先)
  • 外国人が低賃金、劣悪な労働環境でこき使われることがないように配慮しているから

では、どのような職業が「適切な職種」なのでしょうか?

具体的には、「NOC(全国職業分類: National Occupation Classification)」というものの中に限定されます。

NOCって何?

NOCとはカナダの職業分類のことで、カナダの仕事は全てこのNOCのどれかに当てはまります。

NOCは職種(製造業、サービス業など)と専門性レベルで分類され、基本的に専門性レベル「B」以上の職種が該当になります。

専門性レベル「B」とは、平たく言うと、「ヒラ社員のひとつ上」という程度の専門性です。

例えば、レストランのディッシュウォッシャー(皿洗い)は専門性レベルCですが、クック(調理師)になると、専門性レベルBになります。

就労ビザを取るには、基本的に専門性レベルB以上の職種でジョブオファー(採用通知・雇用契約書)をもらっていることが必要です。

ただし、下記のような場合は専門性レベルC以下の職種でも就労ビザが取れることがあります。

例外

  • 専門性レベルBの上位の職種がない場合
  • 田舎で労働力が不足している場合

 スポンサーはいるか?

次に、スポンサーの有無です。

就労ビザのスポンサーが見つからなくて大変」のように耳にすることもありますが、就労ビザを取るためにはスポンサーが必要なのです。

スポンサーとは?

ここで言う「スポンサー」とは、就労ビザの手続きをしてくれる雇用主のことを指します。

そして、スポンサーを見つけることが「就労ビザ」を取得する上で、最大の関門だと言えるでしょう。

ちなみに、この記事で主に紹介している「クローズド就労ビザ」では、スポンサーになってくれた雇用主の下で、申請時に指定した職種で働く時のみ有効です。

 その日本人の雇用が適正かどうか?

スポンサーは、その日本人を雇用することが適正なのかどうかを証明する必要があります。

本当に能力が高いのか、具体的にどういう仕事をするのか……など様々な要素が検証されます。

具体的には、雇用主が電話でインタビューを受けることになり、その日本人を雇うことの適正さについて確認されます

(※ あとで紹介しますが、「LMIA」で審査されます)

 適正な「求人」が行われたか?

カナダ国内の企業が外国人を雇う場合、カナダ人、カナダ移民に向けた求人を十分に行ったことをスポンサーが証明する必要があります。

その求人により選考をした結果、「どうしてもその外国人を雇うことに至った」ということを、カナダ政府に納得してもらわないといけません。

この求人広告を出す媒体、求人の期間、求人広告の内容について、様々な規定があります。

申請の際は、カナダ留学コンパスにご相談ください。有資格の移民コンサルタントが申請のお手伝いをします。

就労ビザのための審査=LMIA

前の項目で、就労ビザを取得するための条件を書きましたが、これらをクリアしていることを証明するためには審査を通り抜ける必要があります。

就労ビザには「LMIA」が必要

そのための審査を「LMIA」と呼びます。

「LMIA」とは「Labor Market Impact Assessment」の頭文字を取ったもので、日本語に訳すとこんな意味になります。

(外国人を雇うことが)雇用市場への悪影響を与えないかの審査

すみません。なんだか余計に難しくなりましたね。

先ほども書きましたが、カナダの政府は、カナダ人の雇用を奪ってまで日本人(外国人)を雇用したいとは思いません

カナダ人の雇用が減る

その日本人を雇うことが、どうしても不可欠だと証明するものが「LMIA」というわけです。

LMIAとは?

LMIA」とは、その外国人の雇用が適正かどうかの「雇用主」への審査のこと。

「適正に求人プロセスが行われたか?」という審査と、雇用主への電話インタビューが行われます。

審査費用は$1,000で、雇用主が負担することになっています。

求人広告、電話インタビューなどが認められると、LMIAの承認レターが届き、やっと就労ビザ申請に進むことができます。

LMIAについては、以下の記事で詳しく解説してありますのでご覧ください。

カナダの就労ビザの申請方法

上記のLMIAの手続きを終えて、やっと就労ビザの申請に進むことになります。

就労ビザの申請は、こちらの2つのパターンがあります。

就労ビザ申請の2つのパターン

  1. オンラインでの申請が可能な場合
  2. カナダに入国した時に就労ビザが発行される場合(既にカナダにいる場合は、いったんカナダを出て再度入国)

そして、就労ビザ申請費用は$155がかかり、2018年12月31日以降には「バイオメトリクス」という新たな手続きが必要になります。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

カナダ就労ビザに必要な書類

申請に必要な書類も、オンラインで申請するかカナダ入国時に発行してもらうかで異なります。

 オンライン申請の場合

オンライン申請の場合は基本的には「LMIAの承認レター」があればオッケーです。

ほかには特に準備するのが難しい書類はありません。

 カナダ入国時に発行の場合

カナダ入国時に就労ビザを発行する場合は、審査官にその場で何を要求されるか分かりません。

そのため、多めに書類を持って行った方がいいです。

具体的には、こちらの3つを用意しておきましょう。

用意しておいた方がいい書類

  • LMIA承認レター
  • ジョブオファー(採用通知・雇用契約書)
  • その職種に就く能力があることの証明(資格の証書・学校の卒業証書・履歴書など)

ただし、申請の内容によっては他にも書類が必要な場合がありますので、詳しくは、カナダ留学コンパスにご相談ください。

カナダの就労ビザの申請期間

カナダ就労ビザの申請期間は、申請の方法(オンライン申請かカナダ入国時に発行か)によって異なります。

オンライン申請の場合は2か月程度、カナダ入国時に発行の場合はその場で就労ビザが発行されます。

掛かる費用は同じなので、カナダ入国時に発行の方が基本的にお勧めです。

ですが、入国時に審査官に事情を説明する必要が生じるため、難易度が上がります

申請時点でのビザの状況や英語力によっては、オンライン申請を選んだ方が良いです。

カナダの就労ビザにかかる費用

就労ビザを申請するためには、申請費用として$155がかかります。

さらに、先ほども書きましたが、雇用主もLMIA審査費用として$1,000を支払う必要があります。

かなりの金額を雇用主は、本人以上に負担することになるんですね。

カナダの就労ビザの有効期間

申請した職種や賃金によって異なりますが、1年から2年の就労ビザが認められます。

カナダの就労ビザの延長について

就労ビザは延長も可能です。

ただ、申請の方法は延長だから簡単になるということはなく、上記LMIAの手続きから全てをもう一度繰り返す必要があります。

就労ビザ取得者の家族は?

家族の誰かが就労ビザを取得すると、家族の他のメンバーがカナダのビザを取れることがあります。

1人でも就労ビザが取れれば、その家族がビザを取る難易度はずっと低くなります。

 就労ビザ取得者の配偶者

夫婦のどちらかが就労ビザを取ると、その配偶者は同じ期間のオープン就労ビザ(オープンワークパーミット)を取ることができます。

申請費用は$255が必要です。

カナダで働く意志がなければ、配偶者の就労ビザと同じ期間の観光ビザを取ってカナダに滞在することもできます。

 就労ビザ取得者の子ども

子どもの場合、親が取った就労ビザと同じ期間の観光ビザを取得し、カナダに滞在することができます。

また、子どもが5歳から18歳の間であれば、カナダの公立学校に無償で通うことができます。

これはものすごいメリットです。

まとめ

就労ビザを取るには、その前段の「LMIA」という複雑な手続きが必要で、大変そうだという感じがお分かりいただけたと思います。

でもやっぱり、カナダに就労ビザで滞在したいですよね。就労ビザ期間中の就労経験はカナダ永住権取得のポイントにもつながりますし。

就労ビザのスポンサーになってくれる雇用主がいる方はもちろん、今の自分の職種で就労ビザが取れるのかわからない方、そもそも雇用主が見つからない方も、ぜひご相談ください。

いろんな可能性をいっしょに考えていきましょう♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る