「バンクーバーは日本人が多い」という情報は本当なの?

ネットで検索していると、こんなフレーズが必ず出てきます。

「バンクーバーには日本人が多い」

まるで「人口の半分くらいが日本人か?」と思うほど、そんな内容がネット上にあふれています。

これって本当なのでしょうか?

実際にバンクーバーに住んでいる人を代表して、その疑問にお答えしたいと思います。

バンクーバーは日本人が多い?

日本の留学エージェントや学校情報のウェブサイトにこんなことが書かれていることがあります。

  • バンクーバーに留学したけど日本人ばかりだった
  • 学校でも日本語が飛び交っていて意味ない
  • 留学するなら日本人のいないところがいい

カナダ留学を検討している方は一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

バンクーバーは日本人が多い?

こういった情報を信じて「バンクーバーは日本人多いから違う都市に留学したい」という方が出てくるとしたら悲しい話です。

なぜなら、それは完全に事実誤認だからです。

日本人が多い地域はごく一部

確かに日本人が多い地域というのはあります。

それはダウンタウンのごく一部、学校(ESL)の密集エリアだけで、それ以外のところでは日本人とほとんど出会いません。

こちらを見てください。グレーターバンクーバーの中の、さらにダウンタウンの地図ですが……

上記のマル(半径500メートルくらい)の中にバンクーバーの主要な語学学校(ESL)がほとんど入っています

つまり、この範囲内を歩いていると日本人と頻繁に顔を合わせるということになります。

逆を言うと、この範囲外に出れば日本人と出会う確率がグッと減ることを意味します

それは「学校密集地域」のみで生活した人の意見かも?

どの学校も授業開始、ランチ休憩、授業終了の時間は同じくらいの時間帯です。

その時間帯にこのあたりにいれば、日本人も含めて留学生ばかりというのは誰でも想像できることでしょう。

Tim Hortons

毎年たくさんの留学生が日本の留学エージェントの紹介する学校に入学しています。

クラスメイトは半分が日本人……という環境。

さらにはホームステイ先にも日本人がいるという環境で毎日を過ごしている方も多いという現実があります。

そんな方が「本当のバンクーバー」を経験せずに帰国し、「やっぱりバンクーバーは日本人多いという感想」を持つことも多いのです。

大手「数社」による留学あっせんが原因?

統計によると、日本人留学生の約半数は大手数社の留学エージェントがあっせんしているようです。

それぞれの留学エージェントが「一部特定の学校のみ」を紹介していたとすると、どれだけの日本人が「小さいエリア」に密集しているのでしょうか?……容易に想像できてしまいますね。

そんな「日本人が多い」と言われているバンクーバーのダウンタウンでも、こちらの「マルのエリア」以外にいくと、決して日本人が多いわけではありません

実際に私は現在電車で通勤しており、普段は語学学校の始まる時間帯に通勤しています。

その途中で日本人留学生を見かけることは、学校の多い地域以外ではほとんどありません。

通う学校と住む場所が重要

つまり、学校と住む場所をきちんと考えて決めればよいわけです。

カナダの中でも「日本人が多い」と言われるバンクーバーですが、日本人に出会わずに生活することも難しくないのです。

仮に、100歩譲ってバンクーバーは日本人が多いとしましょう。

それは、こういうことも言えるのでしょうか?

バンクーバーには日本人が多い = どの学校に行っても日本人だらけ

答えは「NO」です!

日本人の少ない学校を選ぶコツ

たとえば、こんな学校も実は存在します。

  • 日本以外の「特定の国」に評判がよい学校
  • ヨーロッパに本部があり、多数のヨーロッパの学生ばかりが留学してくる学校
  • 日本人担当者が不在で(日本人を対象としていない)日本人が少ない学校

そんな日本人の少ない学校を自分で探すコツもお伝えしますね。

たとえば、下記のような2校があるとします。どちらが日本人が多い学校でしょうか?

学校に日本人向けの情報があるか?(◯=あり・×=なし)
日本語情報の有無 A校 B校
日本語のパンフレット ×
日本語の資料 ×
日本語の公式サイト ×
日本でのセミナー ×
日本人の担当者 ×

答えを言うまでもないですが、A校の方が圧倒的に日本人が多いと予想できます。

日本人向けの情報が豊富ということは、日本人が入学しやすいからです。

ポイント
日本人向けの情報が豊富な学校
→ 日本人が多くなる!!

ところが「日本人の少ない学校」にも、良質で評判の良い学校があったりするのです。

ただ、そういった学校は「日本語での情報」がないゆえに、自力ではなかなか見つけることができません。

さらに言うと、日本のエージェントだけでなく「カナダ現地の留学エージェント」ですら情報がないところがほとんど……ということもあるのです。

バンクーバーの学校密集エリアにある学校

最後にカナダ留学コンパスらしく、この学校密集エリアにある学校も紹介しましょう。

この地図の中に下記の学校が全部で36校もあります。(2017年1月現在)

  1. Eurocentres
  2. VGC
  3. Tamwood
  4. Kaplan
  5. StGiles
  6. 99institute
  7. able
  8. GEOS
  9. SELC
  10. Inlingua
  11. Global Village
  12. EC
  13. ベルリッツ
  14. EF
  15. OHC
  16. VIC
  17. Sprott Shaw Language College
  18. ELS
  19. ILI
  20. CCEL
  21. Vector
  22. Splott Shaw College
  23. Arbutus
  24. Ashton College
  25. Van Arts
  26. Cornerstone
  27. Peracollege
  28. ITD
  29. Alexander College
  30. NewImage
  31. Gastown Business College
  32. LondonSchool
  33. Canadian Tourism College
  34. BICT(ダウンタウンキャンパス)
  35. SFU(ダウンタウンキャンパス)
  36. UBC(ダウンタウンキャンパス)

(※ このリストにない学校もあるかもしれませんが)

まとめ

さて今回は、バンクーバーは日本人だらけという情報は本当なのかについてまとめました。

限られた一部の地域では日本人が密集しているため、ほかの地域ではほとんど会わないということです。

ただし、日本人がいない学校が本当に最適なのかどうかは別の問題です。

こちらに関しては別の記事にまとめましたので、ご覧ください。

カナダ完全ガイド一覧に戻る