日本とカナダのインターンの違いについて

Intern

「語学留学だけではなくて、カナダで働いてみたい!」と考えた時に、「インターン」というキーワードが思いつくのではないでしょうか?

今回は、カナダ留学中のインターン(職業体験)について、専門家が徹底的に解説します。

日本とカナダのインターンは全く違う

まずは、日本で就職活動をする学生向けに行われる、「インターン」とカナダ留学中にできる「インターン(職業体験)」の違いを整理しておきます。

末永

日本とカナダのインターンは、全くの別物だと思ってください!

日本企業が行なっている「インターン」

日本企業が採用活動の一環として行う、いわゆる「インターン」は、ざっくりいうとこんな感じです。

日本のインターンとは

  • 採用説明会の一部に企業見学が含まれている
  • 企業の複数の部署の職場見学をして、レポートを提出する
  • 業界知識の講義を行い、仕事を体験する

日数、内容の濃さは企業によって大きく異なります。

一般的には、大企業は講義の要素が強い形式的なインターンを実施することが多く、ベンチャー企業は実践的なインターンを実施することが多いです。

採用活動の一環なので、「優秀な学生を囲い込んでおく」ことが目的です。

それに加え、大企業の場合は、採用に至らない大多数の申込者に、自社への好意的なイメージを持ってもらうための宣伝の機会としても位置づけられています。

カナダで行なっている「インターン(職業体験)」

カナダで行われているインターン(職業体験)はざっくりいうとこんな感じです。

カナダのインターンとは

  • 学校で学んだことを実際の仕事で活かす、実践の場
  • 即戦力として企業で働ける人材かどうかを、実際に判断をしてもらう場

カナダのインターン(職業体験)と就職事情

日本とカナダとで、インターンの考え方が全く違う理由としては、日本とカナダの就職事情の違いにあります。

カナダには新卒一括採用はない!

カナダには、そもそも就職という概念があまりありません。

日本の場合、「就職!」というと、高校、大学を卒業したすぐ後の仕事先を見つけることを指すので、卒業のタイミングで就職先が見つからないと、「就職浪人」などと言われ、肩身の狭い思いをすることになります。

カナダには、新たに学校を卒業する人(新卒者)を一括採用する仕組みがないので、日本のように新たに採用する社員に「お客さん」として会社を見てもらう必要がありません。

ちなみに、カナダには「浪人生」という考えもありません。

高校卒業時に希望の大学に入学できなかった学生は、別のカレッジ、大学に入学して、2年次、3年次に希望大学への編入にチャレンジするんです。

カナダの大学事情については、詳しくはこちらの記事もご覧ください。

正規、非正規の区別もない

カナダには、新卒採用がなければ、正規職員、非正規職員の区別もありませんし、アルバイトと正社員の区別もありません。

あるのは、フルタイム(週40時間)とパートタイム(週20時間)の違いです。

そのため、大学生の時にパートタイムで働いていた会社に、卒業後フルタイムで働き続けるのがとても一般的です。

カナダのインターン(職業体験)は就職に直結

カナダでは学生の頃にパートタイムをしていた会社に、卒業後にそのまま就職につながることが多いので、カナダの企業は新入社員に即戦力となることを求めています。

そこで、即戦力として企業で働ける力を身につける目的として、学生時代に行うインターン(職業体験)が必要なのです。

カナダでのインターン

ここまで、カナダと日本のインターンの違いについて説明してきました。

日本では企業が高校、大学を卒業した学生を新卒として一括採用し、研修を採用後に社内で行うことが一般的です。

一方カナダでは、社員の一括採用はなく、即戦力として使える社員を、パートタイム就労(アルバイト)などを通して採用します。
(研修、トレーニングは採用後にしてもらえるものではありません。)

そのためカナダの学生は、企業で働くための知識、技能を身につけために、カレッジ、大学にて勉強をし、その後にインターン(職業体験)となるのです。

カナダでのインターンは学びを活かす実践の場

カナダでのインターンは学校で学んだことを実際の仕事で活かす、実践の場となります。
即戦力として企業で働ける人材かどうかを、実際に判断をしてもらう。というのがカナダのインターン(職業体験)なのです。

カナダ留学のインターンの種類

カナダで、カレッジ、大学に留学中に経験できるインターンには、2つの種類があります。(ブリティッシュコロンビア州の場合)

インターンの種類

  • Co-op(コープ)

ブリティッシュコロンビア州の場合、Co-op期間はプログラム全体の50%が上限で有給でないといけない。

  • Practicum(プラクティカム)

プログラム全体の20%程度の比較的短期のインターンで、無給の場合が多い。

Co-op(コープ)について

Co-op(コープ)は職業体験ができるプログラムのことで、制度の詳細は州ごとに違います。

例えば、ブリティッシュコロンビア州の場合は、コープは有給であることが義務付けられていて、コープの期間がプログラム全体の50%を超えることは出来ません。

学生ビザに追加する形でCo-op(コープ)ビザを取得することにより、コープの期間中にフルタイムで働くことが出来ます。

大学、カレッジ在学中でも、即戦力として有給で仕事ができる職種がコープの対象になるため、接客業などの業種で働くことが多いです。

また、IT関係のプログラムを持つ私立カレッジでは、未経験者でも学校で学んで得た知識をもとに、有給のコープ受け入れ先をみつけて就労しています。

Practicum(プラクティカム)について

インターンの一部ではあるものの、「実習」や「職場体験」という言い方が分かりやすいと思います。
プラクティカムの場合は無休となるのも、特徴の一つです。

インターンやプラクティカムで履歴書に差をつけよう!

カナダのカレッジ、大学留学中に体験できるインターンやプラクティカムは、日本の企業のインターンとは全く違う、実践的なものだとご理解頂けたと思います。有給・無給に関わらず、自分の強みとなります。

留学後、日本に帰国して就職する場合には、留学で学んだ専門分野の学位とともに、インターン、プラクティカムでの体験を履歴書に書けば、大きなアピールポイントになります。

留学後、カナダに残って就職をしたと考える方も、インターンやプラクティカムの体験は履歴書(カナダではレジュメといいます)に書けますし、インターン、プラクティカム先でそのままフルタイムのジョブオファーがもらえることも多いです。

インターンやプラクティカムをするにはどうすればいいの?

具体的に、インターンやプラクティカムを申し込むにはなにから始めればいいのでしょう?

末永

まずは、お気軽にカナダ留学コンパスにご相談ください!

ご相談頂いた条件に基づいて、最適な留学プランとそのプランを達成するための学校をご提案します。

  • 日本での学歴、職歴
  • 留学終了後のプラン
  • カナダ留学に掛けられる時間と費用
  • 今の英語力

まとめ

いかがでしたか?
日本とカナダのインターンの違いと、カナダではどんな事ができるかをお分かりいただけたと思います。
カナダのインターンは日本とは違い、就職に直結した実践的な経験を積むことが出来ます。
日本での就職のアピール材料になることはもちろん、カナダでの就職にも直結します。
英語力もアップするので、世界にネットワークのあるグローバル企業に就職することも夢ではありません。

その夢の一歩は、カナダ留学から始まります。
学校選びがとても重要なので、カナダ留学コンパスにご相談ください。

免責

ビザ申請、永住権申請の手続きや規定、ルールはカナダ移民局が予告なく頻繁に変更しています。

そのため、こちらのサイトに記載していある情報を元に何らかの判断を行う際には、弊社にご相談いただくか、カナダ移民局のウェブサイト等をきちんとご確認ください。

弊社のサイトは、ビザ申請、永住権申請に関する責任を負うものではございません

弊社サイトをご覧になってご自身でお手続きをすすめたり、他社に相談したりして生じたいかなる問題に関して、弊社では一切責任を負いません

Intern

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る