Aoiのカナダ留学体験レッスン ~ VanwestCollege (バンウエスト)

体験レッスンの様子を紹介第7弾
BULATS(ケンブリッジビジネス検定)対策クラスもあるVanWestの紹介です。
 

学校のロケーション・設備はどうでしたか?

Burrard駅から歩いて12分のロケーションです。
受付の人が時間になったらここに行ってね、と教室だけ案内してくれました。
トライアルの場合、着いてすぐに体験するレベルとかについて簡単に話したりしますが、ここでは既に体験する授業を決めてくれてたみたいです。

時間まで10分ちょっとラウンジで待っていましたが、全体的に共有スペースは少ないように感じました。
学校の規模は、教室数や生徒数を考えると中規模の学校で、雰囲気は少し大人しめです。

また、時期のせいかもしれませんが全体的に年齢層が高いと感じました。
10代や20代前半の賑やかさはなく、落ち着いている印象ですので、こういった雰囲気求めている方にはピッタリだと思います。

私が今回体験した授業の教室は丸形のテーブルが3個置かれており、それぞれに3,4人ずつ座る感じでした。
教室に入ると、みんな温かく迎えてくれまして、話しかけてくれたり名前を呼んでくれたり、馴染みやすい雰囲気でした。
先生も良いリアクションをしてくれるので、居心地が良かったです。

体験授業の内容はどうでしたか?

スピーキングのクラスだったのでノートやペンは一切使いませんでした。
この日は文化の違いについて、先生が教えてくれる文法や表現を使ってペアで話していきました。

始めに先生が全体で説明をし、この時に先生が誰かに質問したりみんなで発言して授業を進めていきます。
その後、質問がいくつか書かれた紙が配られて、それを元にテーブルごとに話していくといった流れです。
グループで話している際も先生が回って来てくれて、先生自身モチベーションが高い人のように感じました。
明るく落ち着いた雰囲気の授業で、みんな親切で居心地が良かったです

私を除き生徒数9名、国籍は日本2、韓国1、南米(多分)4、中東2でした。
日本人比率は現時点で16%だそうですが、夏はもう少し増えるとのことでした。

授業・コースの種類・料金など

この学校では珍しくBulatsというテストのための授業があります
その他、ショートムービー等を見てディスカッションをするクラスなどもあり、他の語学学校にあるものから少し変わったものまで満遍なく用意されている印象でした。

毎週、成績表のようなものがもらえ、自分の現状を把握することができます。
また、毎週金曜日にテストがあり、クラスのレベルアップは基本4週~6週に一度ですが、努力次第では3週前後でも可能だそうです。
日本人カウンセラーの方曰く、宿題は約1時間半ぐらいかけている方が多いらしく、私が前に通っていた語学学校では20分程度のものでしたので驚きました。笑

そしてVanWestはケロウナにもキャンパスがあります
例えば一ヶ月目にバンクーバー校、二ヶ月目にケロウナということもできるようなので、もし他の地域にも興味がある人には良いです!
料金は、ほんの少し高いかなってぐらいで一般的です。
今は30周年キャンペーンで割引があるらしいですよ。※2018年5月現在

まとめ

落ち着いた、居心地の良い学校を探している方必見です!
生徒も穏やかでフレンドリーな方が多かった印象です。
逆にワイワイ賑やかな雰囲気を求めている方は、向いていないように感じました。

ここの日本人カウンセラーの方も親しみやすい感じなので、サポートも良いのではないかと思います。
立地も学校の多いエリアから少し離れているせいか、近くに教会があるせいか笑、なんとなくユニークな雰囲気でした。

どの学校にも言えることですが、カリキュラムにはそこまで大きな差はないです。
そのため選定基準として、先生の教え方・やる気、生徒のやる気、国籍比率等を判断材料として参考にしつつ、一番大事なポイントは学校の雰囲気ではないかと思いました。
上記判断基準の中から選定したあとは自分次第であり、どこの学校に入っても成長できるかと思います。
よって、学校選びを自分の意志で慎重に行いたい方はトライアルを強くお勧めします。

VanWestの詳細情報はこちら

カウンセラーからひとこと

BULATS対策を検討している方や、まずはESLで英語を勉強した後にビジネスを学び、その後有給インターンを検討している方にお勧めの学校です。
BULATSに関してですが、この対策クラスを設けているVancouverのESLではVanWestのみです※2018年5月現在。

都会のせかせかした雰囲気が苦手で、地方に住んでみたい、アジア人が少ない環境に住んでみたい方にはケロウナ校での就学もお勧めしています。
Vancouverとは全く違った雰囲気を味わうことができますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る