【カナダ留学体験談】丁寧に返事していただけるので、コロナ禍でも安心して準備をすることができました!

カナダ到着日: 2021年9月2日

コロナパンデミック発生後に渡航し、カウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

カナダが徐々に規制緩和になってきてはいますが、やはりコロナ禍での渡航だったので、書類の揃えたり、区役所系の手続きが大変でした。

私は仕事をしていたので、国民保険・年金・住民税などを止める手続きをしました。

学生ビザからワーキングホリデービザに切り替えて長く滞在したいので、海外への転出届けも区役所に提出しました。

会社の社会保険から離脱ということになるのですが、退職してすぐは離脱証明や退職証明が会社からもらえないので、区役所に言っても証明がないと手続きができないと言われ、結局渡航ギリギリでの手続きになりました。

余裕を持って退職すればよかったと思いました。

コロナのための事前準備に関してはコンパスさんの案内通り進めていけばスムーズに揃えることができました。

ワクチンパスポートなど早めに取得できるものに関してはどんどん申請しました。

日用品などは、シャンプーはキャリーに入れると重たいので現地でも買えますが、メンボーやコットンなど、衛生用品などはカナダでは少し高い気がするので自分が普段からずっと使っているものは持ってきてもいいかと思いました。

薬やバスタオルも2枚くらいは持ってきたほうがいいかなと思いました。

日本での搭乗時の様子を教えてください。

関西国際空港→仁川国際空港→バンクーバー国際空港とういうフライトスケジュールで、大阪から仁川に向かう際は人が少なかったです。

チェックインの際は、ArriveCanとビザ許可証と PCR陰性証明書を提示してスムーズにチェックインできました。

仁川の空港では次のフライトまで数時間あったのでわずかですがコンビニや飲食店が空いていたので利用しました。

仁川からバンクーバーの飛行機は思ったより人が多かったです。

冷房がよくきいていたので長袖できて正解でした。

カナダ到着後の入国審査~滞在先到着までの様子を教えてください。

カナダに到着後は、入国審査までの列がとても長く空港を出るまでに3〜4時間かかりました。

入国審査ではパスポートとArriveCanとPCR陰性証明とビザ許可証を提出し、カナダに何をしにきたか?を聞かれたので、英語を勉強しに来ましたと答えました。
質問はそれ以外されなかったです。
ArriveCanを見せているためか、ワクチンパスポートの提示も求められなかったです。

入国審査の後は、キャリーケースをとりビザを発行してもらうところに行きました。

名前を呼ばれるまで椅子で待ち、呼ばれるとビザを受け取りにカウンターまでいきましたが、名前の確認だけで特に質問などはありませんでした。

その後は、コンパスさんの送迎の集合場所に向かいました。

ホームステイ先での隔離期間中の様子を教えてください。

私はワクチンを打っていますが、ホームステイ先の家族がワクチンを打っていないため、簡単な隔離を3日間しました。
ただ、家族の意向の念の為の隔離ということなので、食事だけ部屋で食べてそれ以外は自由に行動してもいいということなので、近所のスーパーなどに出かけました。

3日間だけはご飯と飲み物を部屋の前に置いてくれて準備ができたら携帯で知らせてくれました。

私は完全な隔離ではなかったので、トイレ・シャワーも自由に使え、外にも出れたのでよかったです。

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

コンパスさんのLINEの案内がわかりやすかったので、スムーズに書類を揃えることができました。

何か分からないことがあり質問すると丁寧に返事していただけるので、コロナ禍での渡航でも安心して準備をすることができました。

コンパスさんのLINE通りに進めていくと間違いないです。

 

 

 

 

 

 

 

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!