【カナダ留学体験談】最低限の荷物と重要な書類をすべて準備し、無事渡航できました!

カナダ到着日: 2020年11月27日

コロナパンデミック発生後35人目の渡航者で、14日間隔離期間が終了後にカウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

荷物は、最低限で良いと考えていたので渡航前日に荷造りをしました。

カナダに到着してから色々と忘れ物に気が付きましたが、2週間の隔離生活中は特に問題はありませんでした。

ただし、必要書類(ビザ関連やパスポートなど)は忘れると大問題なので、しっかり確認しました。

実際、成田空港で指定学校リストを提示し、バンクーバーの空港ではビザ承認レターなどを提示しました。

色々と必要そうな書類がありますが、全部印刷しておけば大丈夫だと思います。

日本での搭乗時、カナダ到着後の入国審査の様子を教えてください。

成田空港では、指定学校リストの提出が求められました。

バンクーバー空港では、入国審査時に2.3個の質問をされました。

渡航目的と、隔離に関しての質問でした。

それらに答えた後、ArriveCAN のアプリで登録完了していることを見せて、入国審査は通過しました。

その後、荷物を受け取り(30分くらいかかった)、イミグレーションオフィスでビザの発行(これも30分くらい)を行いました。

ここでは、自分の順番が来たらビザ承認レターを提出し、座って待っていただけでした。

学生ビザが発行された後は、空港の出口にある換金所で円とドルを交換し、空港からタクシーでホームステイ先に向かいました。

14日間の隔離期間中の様子を教えてください。

自分がお世話になっていたホームステイの家では、1日3回ドアの前の棚にご飯が置かれ、食べた後の食器もそこに置いておくと回収してもらえる、という仕組みでした。

部屋から出る時はマスクをする必要がありますが、トイレやお風呂は自由に使えました。

隔離期間中は毎日 ArriveCAN からメールが届き、ArriveCAN のアプリで質問に答える必要がありました。

隔離4日目と11日目に政府から電話があり、内容は ArriveCAN のアプリで答える内容とほぼ同じでした。

隔離期間中はオンライン授業があったため、授業を受け、終わったら寝たり英語の勉強をしたりしていました。

また自分の場合、庭に出て良いと言われたのですが、雨続きで外に出るのがめんどくさく、14日間一回も外に出なかったら、12日目くらいまで時差ぼけが治らず、昼の14時〜18時くらいまでほぼ毎日寝ていました。

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

LINE で気軽に質問できる点がとても便利だと思います。

また、Twitter での情報発信が早く詳しいので、その点も便利だと思います。

六本木オフィスの濱咲さんには計画、準備段階から非常にお世話になりました。ありがとうございました。

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!