ページトップへ LINEで相談!

【カナダ留学体験談】素晴らしいホストファミリーと出会えたことを一生感謝します!

カナダ到着日: 2020年10月16日

コロナパンデミック発生後31人目の渡航者で、14日間隔離期間が終了後にカウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

渡航が決まったのは約1ヶ月前でした。

その週連絡して頂いた分の手続きを済ませること、その週のうちに印刷することを徹底しました。


スマホに差し込むSIMカードを、うっかりカナダの本社に申し込んだので届くまでに10日かかり、はらはらしました。

とはいえ英語を使って問い合わせする良い機会になりました。

コンパスさんのホームページ上の、日本語で書いてある申し込みフォームから問い合わせれば、日本国内の発送になるので2、3日で届くそうですよ。

日本での搭乗時、カナダ到着後の入国審査の様子を教えてください。

搭乗時の入国審査は、ステイ先の住所を見せて控えてもらったことと、もう1つ聞かれたので書類を見せました

カナダ到着後の入国審査は驚くほどスムーズでした。

まず最初に軽い質問をされます。次にImmigrantという部屋に振り分けられ、詳しく質問を受けます。

私の担当者は、カナダで働く予定の職場(洗車場)の常連さんだったらしく、書類を確認したとき喜んでいました。良い洗車場だよと言われたので働くのが楽しみになりました。

さらに日本、とくに大阪近辺が好きな方で、私の本籍が大阪と知って喜んでいました。

また、この仕事の技術があるか聞かれたのですが、私は車工場で働いていたので、すぐに納得されて、頑張ってねと暖かく送り出されました。

体感では5~8分くらいです。


その後、入国できたと連絡するためにスマホを起動したのですが、カナダのSIMカードが反応しない!

動揺したのですが、空港のWi-Fiに繋げて検索し、「モバイルデータ」をONにしたら解決しました。

海外が初めてな方は、海外の空港のWi-Fiへ接続する方法がピンとこないかもしれません。

事前に調べて、スクショで保存した方がいいです。私は昔、パニックになって忘れて接続できないことがあったからです。

14日間の隔離期間中の様子を教えてください。

隔離期間中にお世話になったホームステイファミリーは、優しく経験豊富でした。

ホームステイ期間中は、本当の家族として迎えたいというのが方針のご家庭だったので、家の中に関してもおおらかな部分があって、他の方よりも気楽に過ごせたのかもしれません。

敷地内の別棟や半地下に他の世帯が入居していたため、様子を確認してから庭に出ました。

洗濯は週1回でした。

基本的に、語学学校のオンライン授業に没頭していました。

初めに、私の到着へのお祝いの意味もあったと思うのですが、3日チョコレートケーキを食べ続けてお腹を下し、ステイファミリーに話して普通の食事に戻りました。

以前「移民のご家庭でホームステイをすると、全然英語環境じゃない」とネットで読んだのですが、私がいるので英語を話してくれていました。

ネットで「ホームステイ先が不衛生」と読んだこともあるのですが、逆にとっても素敵なお家で、どういう手順を踏んだら大人数でもきれいに保てるのか参考になりました。

私は、母国を出て生きていくということの逞しさと優しさを、このご家庭で毎日たくさん学んだと思います。

最終日の出発前は、泣きすぎて中々出発できませんでした。一生感謝すると思います。

ステイファミリーが、コロナが怖くて留学生受け入れを止めていたけれど、カナダ留学コンパスさんがあまりにも丁寧で感じが良いので、話を受けたと聞き、カナダ留学コンパスさんに対しても感謝しました。

私がコロナ後1人目かつ、最初の日本人だったそうですが、こちらのご家庭は移民の多い地域にあって、日本の食品もお家にあって、ミカンを買ってきてくれたり、日本の話を色々しました。

重要なのが、隔離期間後にホームステイ先を学校近くへ移動しようと思ったら、私がホームステイの契約規定をよく理解していなかったことです。

何回か読んだのですが、それでも分かっていませんでした。

コンパスさんを通して契約する場合、契約内容はステイファミリーも知らないので、何かを決断する前にコンパスさんに相談するのが優先です。

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

コロナ禍で、別の留学会社に問い合わせたもののお返事をもらえなかったです。

Twitterの発信を見てコンパスさんへご相談したとき、自分では経済状況に見通しが立たず来年以降の出発を考えていたのですが、「秋のうちに行きましょう」とお話を頂いて仰天しました。

説明が明確だったので、その場で出発を決めました。

まだ隔離明けで何もかも目まぐるしいのですが、すぐに回答頂けるので助かります。


私に合っていたのが、契約関係含むほぼ100%をLINEでご連絡頂いたことです。

ご連絡内容を振り返りやすいので、混乱が少なかったです。

ホームページも見やすい記事が多いので、よく検索して拝読しています。

今もTwitterを拝読していますが、機嫌の良さそうなワンちゃんがいる事務所が待ってると思うだけで、渡航に関するイメージがだいぶ柔らかくなり、他のかたの体験談も色々読んで励みにしています。

入国時のホームステイ先への移動で、「公共交通機関も使えることになっていますが、たくさんの方と接触することを考えたら、タクシーはいかがですか」とご連絡を頂き、信頼できるスタッフの方に巡り合えて良かったと思いました。

自分は留学会社と契約せずに渡航しようと思っていましたが、コロナ禍でお世話になり、色々な視点が広がる良いきっかけになりました。

これからも破れかぶれですがお世話になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る