ページトップへ LINEで相談!

【カナダ留学体験談】渡航延期になりましたが、ジョブオファーや資格を取得してワーホリに備えました!

カナダ到着日: 2020年10月14日

コロナパンデミック発生後29人目の渡航者で、14日間隔離期間が終了後にカウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

当初は大学卒業後すぐ渡航予定でしたが、延期せざるを得なくなり、アルバイトをしながら、自宅で英語学習をしていました。

また、急遽計画を変更し、ワーホリビザでの入国だったため、ジョブオファー・SIR(酒類取り扱い資格)も取得しました。

出国・入国に必要な書類等は抜かりがないよう、丁寧にファイリングしておきました。

日本での搭乗時、カナダ到着後の入国審査の様子を教えてください。

地方の空港から羽田への渡航の際、コロナ禍における出国、また地方での手続きということもあり、なかなか搭乗できませんでした。

落ち着いて必要書類を提示しながら説明すると、理解してもらえました。

しっかりと必要書類を用意しておいたのと、ビザや出国について自分で説明できるように理解しておいたのが良かったなと思いました。

羽田空港では、特に変わったことはなくスムーズに搭乗できました。

カナダ入国後は、自己隔離の詳細について、Arrive CANの内容とほぼ同様の質問をされました。

ビザオフィスでは、働き先について聞かれたくらいです。

入国審査はあっという間に終わりました。

14日間の隔離期間中の様子を教えてください。

部屋が寒く、また暗い部屋で1人で籠っているというのはなかなか苦でしたが、時差ボケをしっかり治せましたし、隔離後の計画もゆっくりと立てられたので、良い点もあったかなと思います。

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

本当に助けられました。

語学学校の倒産を危惧して事前に支払い済みの授業料を預かってくださったことと、コロナ禍における現地の様子を逐一報告して下さったのが個人的に一番ありがたかったです。

現地のエージェントを通しておいて良かったなと思いました。

ありがとうございました。

引き続き今後もよろしくお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る