【カナダ留学体験談】一度白紙になりかけた渡航…無事入国し充実した留学ライフを送っています!

カナダ留学 コロナの中でのカナダ到着体験談(211)

カナダ到着日: 2020年4月27日

コロナパンデミック発生後1人目の渡航者で、14日間隔離期間が終了後にカウンセリングを行いました。

渡航前はどのように事前準備をしましたか?

私はシアトル経由でバンクーバー に入ったので、シアトルでトランジット可能であるかどうか、大使館に問い合わせをしました。

また提出書類の再確認や入国審査時に入国が必要であると納得できるような返答を考えました。

確実に入国するために、大使館のホームページや留学エージェントのサイトを端から端まで読み、不安要素を0にするための情報収集を行いました。

日本での搭乗時、カナダ到着後の入国審査の様子を教えてください。

日本では、特に問題なく出国できました。

その後シアトル経由でカナダに入国しましたが、シアトルでは特に問題なくスムーズに、トランジットできました。

バンクーバー 国際空港到着後、入国審査に向かいましたが、かなり質問が多く「どこに滞在するか?」などの一般的な質問に加えて「なぜ今入国する必要があるのか?」といった質問もされました。

その後は、保健局?のブースに行き、隔離期間のプランの確認などを行い、移民局でビザを受け取りました。

着陸後、1時間ほどは空港を出るまで要したと思います。(4月下旬に入国したので、動きが変更されているかもしれません)

14日間の隔離期間中の様子を教えてください。

家の敷地内は出ても良かったので、リラックスするために庭で本を読んだりしていました

渡航前、渡航後のコロナに対する弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください。

渡航前には、私が確実に入国できるために現地から様々な情報を共有して頂きました。

現地にオフィスがあることで、最新のコロナに関する信頼できる情報を頂きました。

また渡航後も困ったことがあれば、Lineを通じての迅速な対応をして頂き、安心して生活しています。

コロナの影響で、長い時間をかけて準備してきた留学が一度白紙になりかけましたが、カナダ留学コンパスさんの手厚いサポートのおかげで、充実した留学ライフを行うことができています!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る