スクールウィズ(SchoolWith)の口コミ・評判とは?留学エージェントとしての特徴を解説

schoolwith

スクールウィズ(SchoolWith)は、国内最大級の語学学校の口コミサイトを運営する留学エージェントです。

皆さんも語学学校の口コミを調べたとき、一度はサイトを目にしたことがあるのではないでしょうか。

そんなスクールウィズは、留学エージェントとしてどのような特徴、強みをもっているのか。

そして、スクールウィズの実際の口コミ評判にはどのような意見があるのか。

これから留学を検討している方が知りたい情報をまとめてみました。

また、ページ後半では代表を務める太田英基さんへのインタビューも掲載しています。

ぜひ、こちらも合わせてご覧ください!

スクールウィズ(SchoolWith)と弊社の提携について

shakehands

弊社・カナダ留学コンパスはこの度、スクールウィズさんと提携を開始いたしました。

カナダ留学コンパスでは、フィリピン留学に関するお問い合わせはスクールウィズさんをご紹介しております。

  • カナダ留学の前に、まずはフィリピン留学で費用を抑えつつ英語力を上げたい
  • フィリピン留学でスピーキング力を高めてからカナダに留学したい

このようなご要望にお応えするため、フィリピン留学のサポート実績が豊富なスクールウィズさんと提携したかたちとなります。

弊社・カナダ留学コンパスへのご相談を通じて、「英語留学の第一歩を踏み出したい!」という方に最適な留学エージェントを組ませていただきます。

ぜひ、以下よりお気軽にお問合せください!

スクールウィズ(SchoolWith)の良い口コミ・評判

まずは、スクールウィズの良い口コミ・評判をご紹介します。

良い口コミは、Twitterから探してみました。

こちらは短期の親子留学で1週間、セブ島に留学された方の口コミです。

スクールウィズに相談することで、仕事をしながら留学手続きを進められたそうです。

こちらは1年間でフィリピン、マルタ、イギリスに留学した方の口コミ。

スクールウィズのおかげで、30代のハイライトとなる充実した1年を過ごせたようですね。

こちらの利用者さんは2回目の語学留学を希望されています。スクールウィズのサポートの満足度が高かった証ですね。

スクールウィズは手数料無料で、相談にもとても親身だったという口コミ。

口コミの文面と熱量から、サービスの品質の高さが伺えますね。

こちらの方は、将来的にマルタへの移住を考えているそうです。

以前、スクールウィズに相談し、フィリピンとマルタに留学されたようで、サポートの返信の早さにとても助けられたと語られています。

その他にもスクールウィズの良い口コミは、Twitterや口コミサイトで多く見受けられました。

どの口コミを通しても、スクールウィズの『対応のスピードやホスピタリティの高さ』が想像できる内容が書かれていました。

スクールウィズ(SchoolWith)の悪い口コミ・評判

続いて、スクールウィズの悪い口コミ・評判も調べてみました。

しかし結論からいいますと、スクールウィズの悪い口コミはほとんど見当たりませんでした。

Twitterでなんとか見つけた悪い(ネガティブな)口コミ・評判がこちらです。

具体的な内容は分かりませんが、どうやら「キャンセル料」について何か不満があったようです。

また、以下のブログ記事では「スクールウィズの口コミ掲載の仕組み」について批判的に語られています。

スクールウィズは国内最大級の語学学校の口コミサイトを運営していますが、その口コミには語学学校のネガティブな情報は掲載されない仕組みになっており、公平性・中立性に欠けるのではないか?という話です。

しかし、上記のブログ記事内で語られていることは、スクールウィズが公開している「投稿ガイドライン」に則った対応であり、口コミサイトとしての健全化を図るためには必要な対応だと考えられます。

【投稿ガイドライン】

4. 事実確認が困難かつ学校へ悪影響を及ぼす投稿はご遠慮ください

スクールウィズは、あくまでも個人の感想を共有するサイトです。スクールウィズでは、投稿された口コミの内容が事実かどうかの確認は行っておりませんので、事実関係の確認が困難で、かつ学校へ悪影響を及ぼす事象の書き込みはご遠慮ください。

他のユーザーや学校から、事実と異なる旨の連絡があった口コミについては、スクールウィズ側で連絡いただいた内容を基に判断し、当該口コミを削除させていただく場合がございますのでご了承ください。

▼ NGな例

・経費削減のためか、エアコンをつけると怒られる
・講師がいつも怒鳴っている

投稿ガイドライン | スクールウィズ

スクールウィズ(SchoolWith)のGoogleの口コミ・評判

Googleにもスクールウィズの口コミが寄せられています。

※ 引用元:Google口コミ「海外留学のスクールウィズ」

Mika Kurihara
★★★★★

留学の相談に乗ってくれる、素適なエージェントです!
Hiroko
★★★★★

以前お仕事でお寄りさせていただきました。社内の雰囲気もよく、気持ちの良い留学サポートの会社さんです。
Cellen TakuyaMurase
★★★★★

仲間と学ぶ英語オンラインスクール『Gariben』の運営企業です。留学に、そして英語に熱い方々が日夜研鑽を積まれています。
金堂宏昭
★★★★★

留学の口コミサイトです。自分で調べて先輩方の意見知ることもできますし、サポートもしていただけます。
K I
★★★★★

留学を検討した際に利用いたしました。対応も丁寧で、大変に助かりました。

スクールウィズ(SchoolWith)の基本情報

続いて、スクールウィズの基本情報を以下にまとめてみました。

運営企業株式会社スクールウィズ(School With Inc.)
設立日2013年7月10日
所在地〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-33-6 JP noie 恵比寿西 1F co-ba ebisu
事業内容・海外留学、語学留学の口コミ情報サイト『スクールウィズ』の運営
・留学エージェントおよび法人向け語学研修コーディネート事業
・英語学習プラットフォーム『Gariben』の運営
・中高生向け英文添削サービス『WriteWith』の運営  など
代表取締役太田 英基(おおた ひでき)
留学支援に対応している国・フィリピン留学
・アメリカ留学
・カナダ留学
・オーストラリア留学
・イギリス留学
・ニュージーランド留学
・アイルランド留学
・マルタ留学
留学のスタイル・短期留学
・長期留学
・親子留学
・2ヵ国留学
・ワーキングホリデー
・シニア留学
利用手数料・代理店手数料0円
・最低価格保証付き
お問い合わせ方法・電話(03-4500-8346)
※ 営業時間は平日・土曜 10:00~19:00(日曜、祝日は定休日)

・メール相談
・LINE相談

スクールウィズ(SchoolWith)の特徴

口コミで評価の高いスクールウィズだけど、サービスの特徴はどんな部分なの?

他社の留学エージェントとは違う、スクールウィズならではの特徴を以下にまとめてみました。

スクールウィズの特徴は、以下の5つです。

フィリピン留学に強い

philippines-school

1点目の特徴は、フィリピン留学に強いこと。

現在では世界16か国をサポートしているスクールウィズですが、その原点はフィリピン留学にあります。

代表の太田さんは、2011年に日本で初となるフィリピン留学のガイドブック『フィリピン「超」格安英語留学』(東洋経済新報社)を出版。

そして2013年に、フィリピン留学の口コミサイトとして『スクールウィズ』がリリースされました。

これが現在のスクールウィズに繋がっているんですね!

だからこそ、総合系の留学エージェントとなった今でも、スクールウィズのフィリピン留学に関する情報量や経験は業界随一を誇るのです。

2か国留学もサポート

study-abroad

2点目の特徴は、2か国留学もサポートしていること。

比較的安く、スピーキング力を伸ばせることで人気のフィリピン留学。

今、欧米への留学前にフィリピンで英語力を伸ばしておきたいと考える人が増えています。

欧米留学と比べてリーズナブルだから気負わず留学できそうですもんね!

そんな「フィリピン留学を経てから欧米へ留学したい!」と考えている人におすすめなのが、スクールウィズの2か国留学サポートです。

この度、弊社・カナダ留学コンパスと提携したことで、「カナダ留学を前提としたフィリピンの留学プラン」もご提供を開始しています。

圧倒的な語学学校の情報量

idea

3点目の特徴は、語学学校の情報量が圧倒的であること。

スクールウィズには、世界16ヵ国・746都市・2,746校の語学学校情報や口コミ情報が掲載されています。

各学校の特徴やコース別の費用、口コミや写真・動画が各国・各都市で網羅的に掲載されているため、まるで辞書のように学校を調べることができます。

そして、学校の口コミは実際の学生から寄せられた“生の声”であり、投稿ガイドラインに沿っている内容であれば、学校を褒めている口コミだけでなく、少々辛口な素直な口コミも掲載されるため、これからの留学希望者にとって信頼できる情報源といえます。

スクールウィズ側の「正しい情報を伝えたい」という真摯な姿勢も伺えますね!

スクールウィズは、留学エージェントの中では圧倒的な情報量をもつ海外留学・語学学校の口コミサイトを運営しています。

実際のカウンセリングでも、相談者に寄り添った情報提供をしてくれるのがスクールウィズの強みです。

英語力を高めるサポート体制が充実

customer-support

4点目の特徴は、充実した英語学習のサポートが受けられること。

スクールウィズは留学カウンセラーとして留学の手続きをサポートするだけでなく、留学前後の英語学習のサポートにも力を注いでいます。

例えば、「無料の英語スピーキングテスト」や渡航前の「自習攻略ガイドブックの贈呈」「基礎英会話レッスンの提供」などです。

さらには、スクールウィズが運営するTOEICスコアを上げるための英語学習プラットフォーム『Gariben』の5万円割引き特典も提供されます。

留学経験者の多くが、「渡航前にもっと英語を勉強しておけばよかった......」と後悔するのだそう。

スクールウィズの渡航前の学習サポートを上手く利用すれば、このような後悔を減らせるはずです。

スマホ一つで手続きが完了

smartphone

5点目の特徴は、スマホ一つで全ての手続きが完了すること。

スクールウィズでは、はじめのお問い合わせから書類の申請まで“スマホ一台で完結できる仕組み”が整えられています。

自宅にパソコンを持っていない方、隙間時間で手続きを進めたい方などにとっては、スマホだけで手続きが完了することはとても嬉しいポイントです。

その他の特徴

その他にも、スクールウィズには以下の特徴もあります。

  • 代理店手数料は0円。そのうえ、最低価格保証付き
  • 留学生の安心安全を守るサポート体制

お問い合わせから初回カウンセリングまでの流れ

では、スクールウィズの初回カウンセリングまでの流れはどのようなステップなのでしょうか?

以下に初回カウンセリングまでの流れをまとめてみました。

1. 無料お問い合わせ

まずはじめに、スクールウィズまでお問合せを行います。お問い合わせは無料です。

ホームページのお問合せフォーム、LINE、電話からのお問合せオンラインの個別相談、オンラインの留学説明会への参加の5つの方法があります。

以下に、各お問合せ方法の詳細と各お問合せ方法が適している方の情報をまとめました。

お問合せ方法利用が向いている方詳細
LINE相談留学について考え始めた方LINEのトーク形式で初心者向けに留学のご質問に回答する
留学説明会(オンライン)留学について考え始めた方毎週、東京オフィスにて無料説明会を開催。
メール相談ある程度、留学条件が絞られている方留学条件が絞られたうえでの具体的かつ専門的な質問に回答する
個別相談(オンライン)ある程度、留学条件が絞られている方で口頭で相談したい方留学カウンセラーが口頭で質問に回答する
電話相談ある程度、留学条件が絞られている方で音声のみで相談したい方TEL : 03-4500-8346
※ 24時間受付

2. カウンセリングの実施

留学カウンセラーによるカウンセリングが行われます。

相談者の留学の目的やその後のキャリアプラン、予算や期間についてのヒアリングが行われ、カウンセラーと対話しながら留学先や学校を絞り込んでいきます。

3. 学校への申し込み、ビザ等の手続き

留学する学校が決まったら、学校へ申込手続きを行います。申込手続きは留学生自身が行う準備ももちろんありますが、その内容も含めてカウンセラーが案内してくれます。

また、留学に伴うビザや航空券の手配もカウンセラーに相談することでサポートしてもらえます。

4. 渡航準備を完了させ、いざ留学へ

ここまでくれば、あとは留学前の必要な手荷物を準備して完了です。

そのほか、当然ですが、本分である『英語の勉強』も継続し怠らないようにしてください。海外留学に行った人のほぼ全員が、「もっと留学前に英語を勉強しておけばよかった……」と後悔しています。

今よりも1ステップ上のレベルへ、できる限り、時間を有効に使って英語学習を続けましょう。

以下は、「カナダ留学の持ち物チェックリスト」の記事となります。よろしければ、こちらも参考にされてみてください。

お問合せに関する注意点

スクールウィズのお問合せに関して、相談者の方々に事前にお伝えしたいことはありますか?

はじめてお問合せする際には、以下の2点は事前に認識しておくとよいでしょう。

1. 初回問い合わせ・お見積の返信は2~3営業日以内

初回のお問合せやお見積の返信は2~3営業日以内となります。それ以上、日数が経っているのに返信が確認出来ない場合は、「迷惑メールフォルダ」に届いていないか確認してください。
2. 渡航予定日の何日前までに連絡が必要か

フィリピン留学の場合は、1~3ヶ月前までのお申込が推奨されています。

欧米への留学で3ヶ月以内の短期留学の場合は、出発の3ヶ月前までのお申込が推奨されています。3ヶ月を超える長期留学の場合は、6ヶ月(半年)前までのお申込が推奨です。

スクールウィズ代表・太田 英基さんにインタビュー

oota-interview-02

「あったらいいな」を形にしたのが創業のきっかけ

- スクールウィズの立ち上げに至った経緯を教えてください。

立ち上げ当初は「留学エージェント」をメインの事業にする気はまったくなかったんです。純粋にボランティアのような気持ちで留学に関する口コミサイトを作ったのが最初のきっかけ。

当時のインターネットは今のような情報量ではなく、その情報も玉石混交。語学学校の古い情報が長らく放置されていることがよくあったんです。

私自身も過去にニュージーランドやフィリピンに留学していた経験から、留学希望者にとっていかに現地の最新情報やリアルな声が貴重かということは身に染みて分かっていました。そこで、留学希望者に役立つWebサイトを作ろうと決意し、スクールウィズは誕生しました。

フィリピン留学ブームの火付け役として市場を開拓

- 最初にサポートを開始したのは「フィリピン留学」だとお聞きしました。詳しく教えてください。

創業当初はスタッフ3人でスタートし、そのうち2人はエンジニアでした。ですから、お客様のカウンセリングはほぼ全て私が1人で行うという体制。

ありがたいことに日を追うごとに忙しくなっていき、知り合いの投資家さんからも出資していただく機会もありました。

そうして、事業の成長と共に開拓したのが「フィリピン留学」です。2013年のことですね。

スクールウィズはこのフィリピン留学を事業の柱として拡大。現在では世界16ヵ国への留学支援にサポート範囲を広げています。

コロナで半数近くが閉校。しかし今はコロナ前を上回る留学需要に

- 2020年には新型コロナウイルスの感染が拡大しました。フィリピン留学のマーケットにはどのような影響がありましたか?

2020年の春以降からはフィリピンでもロックダウンが実行され、留学はおろか旅行もできない状態がしばらく続きました。オフラインの留学ができないため、この時期から「オンライン留学」や「オンライン英会話」が話題にのぼることが増えましたね。

しかし、オンライン留学やオンライン英会話だけでは、学校の運営費や維持費を賄うことができない施設が多く、実際はフィリピンの語学学校の半分近くは閉校してしまいました。

幸いなことに閉校した語学学校の多くは、留学費用の返金対応に応じていただけたので、マーケット全体を通しては大きなトラブルには発展しませんでしたね。

- 2023年に入った現在では、コロナの影響はなくなってきています。フィリピン留学のお問い合わせ数がコロナ前の水準に戻ったのはいつごろからだったのですか?

オフラインのフィリピン留学が回復してきたのは2022年の春ごろからですね。フィリピン政府がコロナワクチンを接種していれば入国可能と方針を変えたタイミングです。

弊社が集計しているデータによると、2023年春のお問い合わせ数はコロナ前を上回る水準まで回復しています。

賢くプロの力に頼るのが、成功する留学の進め方

- 今、フィリピン留学を検討されている方にアドバイスはありますか?

自分の力で情報収集することも大切ですが、留学先の比較検討に悩んだときは“専門家であるカウンセラーに頼ってください”ということですかね。

コロナによって半数近くが閉校したとはいえ、フィリピンには数多くの語学学校があります。この中から自分にあった学校を選ぶためには、“自分の留学の目的を理解すること”がとても大切。

でも、「その留学の目的が本質的なのか」「その目的を達成するためにベストな学校はどこか」......自分一人で絞り込むのは容易ではありません。だからこそ、私たち留学のプロを頼っていただきたいですね。

理想の未来は、今を積み上げた先にある

- これからフィリピン留学のマーケットはどのように変化するとお考えですか?

実はコロナ前に運営されていた100校ほどの学校のうち、まだ3割は今も閉校したままなんです。特に、日本人オーナーの学校はその多くが閉校中です。

一方でその間に韓国系のオーナーがリスクを取って、語学学校の拡大を進めてきました。施設の大規模化、設備の充実化、留学生の多国籍化など、韓国系大手の学校がサービスの質を向上させてきています。

これからしばらくは、韓国系の語学学校の躍進が続いていくと思いますね。

- 円安の影響で留学生の負担も増しているのでしょうか?

円安の影響はどうしても受けますが、それでも物価高のアメリカやイギリス、オーストラリア留学と比べると負担は少ないため、『日本人にとってのリーズナブルな留学先』としてまだまだ魅力的な選択肢だと思いますね。

コンパスさんが取り扱っているカナダにも「Co-op留学」という他の国にはない魅力的な留学システムがありますよね。

フィリピン留学とカナダ留学を上手く組み合わせた「2ヵ国留学」のニーズは、今後より一層増していくのではないでしょうか。

- 最後に、記事を読んでいる留学希望者の方に何か一言メッセージをお願いします。

私は「英語ほど人生の可能性が広がるツールはない」と身をもって実感しています。英語学習は絶対に裏切らない。ちゃんと投資すれば、必ずリターンを手にできます。

常に“未来のなりたい姿”を見失わないようにして、英語学習への情熱を燃やし続けていってくださいね!

執筆者 執筆者
Megumi

カナダ在住ベテランWEBライター。
カナダでの長期滞在・オーストラリアでの語学留学などの豊富な海外経験をもとに、海外生活・英語学習に関する記事を500記事以上執筆。
カナダではカレッジ進学やCo-op留学もしているので、その実体験に基づいた記事が得意。

過去には英会話講師として生徒の英会話力アップ・英検/TOEICスコアアップをサポートした実績や、大学の留学アドバイザーとして700名以上を海外に送り出した実績もある。

関連記事

カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒105-6923 東京都港区虎ノ門4-1-1
神谷町トラストタワー23階
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

 ページの先頭へ