【閉校】最新のカナダ学校取材その3 Inlinguaのスピーキングのすごさはここ!

※※※こちらの学校は2020年5月末で閉校しました。 以下は営業時点での記事となります。※※※

みなさん、こんにちは!

今、みなさんはバンクーバーへの留学を考えているところで、語学学校にはどんなところがあるのかって気になっていると思います。

そんな中、今回皆さんにご紹介するのは、バンクーバーの中でもスピーキングに力を入れている学校、Inlinguaをご紹介いたします。

参考

Inlinguaについて

Inlingua学校体験談

Inlinguaは独自のスピーキング教授メソッドを持っていて、スピーキング力を向上させることに自信を持っています。

でも、独自のメソッドを持っていると言葉で言われてもなかなかイメージがつきませんよね。

いったいどんな授業が行われいて、どのように英語力が上がっていくのでしょうか?

Inlinguaと他の語学学校とで違うことは何なんでしょうか?

今回そんな皆さんの疑問に答えるべく、Inlinguaの学校概要について、日本人カウンセラーのIzumiさんに聞いてみました!

まずはInlinguaがどんな学校なのか、概要をインタビューしてみたので、イメージを掴んでみてください!

それではIzumiさん、よろしくお願いいたします!

 

Inlingua学校概要

Inlinguaの英語の勉強法について

Q.スピーキングの独自の教授メソッドとはどのようなものですか?

当校ではInlinguaメソッドと呼んでいますが、これは英語を教える当校オリジナルの方法を取り入れています。

他の学校と大きく異る点としては、「テキストをあまり使用しない」ことです。

テキストを使ってしまうと、既成のテキストに書かれた英語を使ってしまい、英語をゼロから組み立てるという思考が止まってしまいます。

文章を暗記して話すのではなく、感じたことをそのまま英語で話せるように、繰り返し英語を話してもらう

そのためにテキストを使用せずに、スムーズに英語を話せるよう、繰り返して口に出してもらう、という教え方を取り入れています。

このInlinguaメソッドは40年以上の経験と実績があり、自信を持って生徒様へ英語の使い方をお伝えしています。

 

例えばTOEICのスコアは高いけれども、スピーキングとなるとうまく英語を話せない。

語彙力が高いあるいは文法はよく知っているけど、スピーキングで使えない、という方にはおすすめの勉強法ですよ。

 

Inlinguaの自習について

Q.自習の時間を設けているとお伺いしましたが、どのような特徴がありますか?

はい、Inlinguaでは毎週月曜日から木曜日まで15時から16時までの1時間、Study Hallという自習の時間を設けています。

自習の時間となっていますが、講師が1時間見回りを行っていて、わからないところはすぐに質問できる環境を整えています。

宿題を行っていく生徒さんや授業でわからないパートを聞いて帰る生徒さんなどもいて、皆様にご活用いただいています。

やはり、わからないことは会話をしながらクリアにしていくというInlinguaの精神に基づいてこのような自習の時間を設けています。

 

講師について

Q.英語の講師はどのような方が多いですか?

講師の数は時期によっても異なりますが、30名前後の人数を揃えております。

Inlinguaでは講師にはこだわりを持っていて、質の良い講師を採用しております。

具体的にはTESOLという英語指導教授法の資格を持っている方で、なおかつ英語を教えた経験が2年以上ないと採用をしていません。

ここまでこだわる理由としては、せっかくの留学したのになんとなくでしか英語を身につけられなかったという留学生をなくすためです。

留学を希望される方はレベルの違いこそあれ、英語を話せるようになりたいと志した方ばかりだと思います。

ぜひその希望を叶えるべく、当校としても質の良い講師を揃えて、皆様にご満足いただけるよう努力をしております。

 

入学するための英語力

Q.入学するのにどのくらいの英語力が必要ですか?

他の語学学校と同様、入学するための英語力の基準は設けておりません。

大学受験でしか英語を勉強していない方、社会人になって英語を使っていない方でも入学いただけます。

ただ、入学時には英語力を測るためのテストがございます。

英語力が高ければ高いほど、上のクラスでスタートすることができ、日本人の人数も減ります。

高いレベルで英語を勉強したい方、日本人ができるだけ少ないクラスで勉強したい方は上のクラスを目指してみてください。

渡航前にはオンラインでも英語を勉強することができるようになっているので、ご希望の方はお伝え下さい。

 

授業内容について

Q.選択科目はどのようなものがありますか?

選択科目は非常に数多くご用意しています。

スピーキングのクラスは当然ございます。

また文法のクラス、リスニングのクラスもございます。

さらにビジネスの勉強や仕事で使う英語を学ぶクラスもございます。

また、よりネイティブが使う英語表現を身につけたい方はスラング&イディオムのクラスもおすすめです。

スラング&イディオムのクラスを受けることで、音楽や映画などで使われている英語表現をより理解することができるようになりますよ。

またより上級者の方であれば、ディスカッション&ディベートのクラスもおすすめです。

時事問題などのトピックを取り上げ、それらのトピックに対して、意見を言ってもらうようなクラスです。

外資系企業を目指す方などは、ミーティングなどで自分の意見を伝えることは必須。

帰国後に外資系企業を狙っている人はぜひこちらのクラスもチェックしてみてください。

 

Inlinugaと他の学校の違い

Q Inlinguaのその他の学校と異なる特徴はなんですか?

留学後に外資系企業へ就職活動、あるいは転職活動をされる予定の方はぜひ注目をしていただきたい特徴があります。

Inlinguaでは留学中にカナダの企業で仕事体験ができるプログラムを実施しています。

カナダ企業のビジネスの場で、仕事をする経験をすることで、外資系企業などの就職、転職活動に活かしていただければと思います。

キャリアアップをしてもらうために3つのプログラムをご用意しています。

1つ目はキャリアツアープログラム、2つ目はボランターンプログラム、3つ目がファームステイと、ご希望のプログラムを行えるようになっています。

キャリアツアープログラムでは、コーディネーターが会社訪問を手配しています。

職種によって1日のツアーになることもあれば、定期的に訪問してもらえるツアーもあります。

ツアーでは会社の見学、実際の職業体験をできるようになっていて、その職種の人達と交流することができるため、帰国後の就職、転職活動でも実体験として話すことができます。

ワーキングホリデービザが必要、というわけではなく、学生ビザや観光ビザでもこのプログラムを受けることができるようになっています。

ボランターンというのは、ボランティアとインターンシップの中間のような位置づけです。

チャリティーイベントに参加することができるのはもちろん、自然生物の保護などを行っている団体に参加したり、公共サービス関連の団体で就労体験をすることができます。

企業の就労体験まではちょっと荷が重いけど、ちょっと現地の人達と一緒に働いてみたいという方におすすめです。

ファームステイでは住み込みでの農作業を行えます。

4週間のファームステイ経験ができ、牧場や農園、ぶどう園などカナダならではのファームステイができるようになっていますよ。

カナダの自然の中で、思いっきり癒やされながら英語を学んでみるのもいいですよね。

 

Q.最後に留学をこれからする方に一言お願いします。

留学は人生にそう何度もできるものではありません。

留学をしようと思ったのは何かしら理由があると思います。

その中でも英語力を上げたい、スピーキングができるようになりたい、将来的に英語を使って仕事をしてみたい、という方はInlinguaのメソッドはおすすめです。

繰り返し英語を話し、体で覚えて英語を話せるようにする。

「こうやって話したいときにはこうだ」と頭で考えながらではなく、自然と英語が出てくるようになるまで英語を使って覚えていきます。

英語を発言する機会は他の学校と比べても多いと思っています。

ぜひ、英語を「習うより慣れろ」で覚えたい皆さんは、Inlinguaを検討してみてください。

 

以上InlinguaIzumiさんにインタビューをしてきました。

文法は得意、だけどスピーキングは苦手、将来的に外資系企業で勤めてみたい、英語を使って働いてみたい、という方にはおすすめの学校です。

授業で行われる英語はハイレベルですが、卒業するときにはきっと英語力が自然とついていて、物怖じせず人前で英語を使えるようになっているはず。

英語をより流暢に話したい!という方はぜひご検討ください。

Inlinguaの体験談もございますので、参考にしてみてくださいね!

参考

Inlinguaについて

Inlingua学校体験談

学校の様子

学校入り口①

学校入り口②

受付

ラウンジの様子

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る