留学ジャーナルの口コミや評判|特徴や注意点も解説!

留学ジャーナル

留学ジャーナルは、留学相談から滞在中のケアまで一手に担う、日本拠点の留学エージェントです。

今回は、留学ジャーナルを使うか迷っている人に向けて、この留学エージェントの口コミ・評判やどのような特徴がある会社かをご紹介します。

申し込みの流れや、よくある質問などもまとめるので、利用を考えている人は参考にしてくださいね!

留学ジャーナルとは?

留学ジャーナルは、50年以上の実績がある老舗の留学エージェントで、英会話学校のイーオンと提携していることでも有名です。

留学ジャーナル
引用:留学ジャーナル

世界11か国、約6,000校の留学に対応しています。

留学ジャーナルの基本情報をまとめたので参考にしてください!

留学エージェント名留学ジャーナル
設立年2003年 ※創業(事業を開始した年)は1971年
所在地【東京本社】
〒160-0016
東京都新宿区信濃町34
JR信濃町ビル 6階

【名古屋支店】
〒460-0008
名古屋市中区栄3丁目7-13
コスモ栄ビル9階

【大阪支店】
〒530-0001
大阪市北区梅田1-11-4
大阪駅前第4ビル21階

【福岡支店】
〒810-0001
福岡市中央区天神1-9-17
福岡天神フコク生命ビル5F
営業時間【東京本社】
火〜金:10:00~19:00
月・土:10:00~18:00

【名古屋支店】
火〜金:10:00~19:00
月・土:10:00~18:00

【大阪支店】
月〜金:10:00~19:00
土:10:00~18:00

【福岡支店】
火〜金:10:00~19:00
月・土:10:00~18:00
現地オフィスあり(アメリカ、カナダ、オーストラリア)
主なサービス・留学手配(語学、ワーホリ、高校、大学、専門留学など)
・滞在先の手配
・保険の手配
・ホームステイ手配
・航空券手配
・ビザ手配
・留学情報誌の発行
手数料かかる
公式サイトhttps://www.ryugaku.co.jp/
留学ジャーナルの概要

留学ジャーナルの口コミ・評判

次に、留学ジャーナルの口コミ・評判をチェックしましょう。

エージェントを決めるなら、口コミ・評判は絶対チェックしよう!

よい口コミ・評判

まずは、留学ジャーナルのよい口コミ・評判をご紹介します。

留学プランの作成は留学ジャーナルに依頼しました。決め手は担当留学カウンセラーのレスポンスの早さと対応の丁寧さ。この人なら安心してお願いできる、と思いました。

アイルランドで学び、働く経験が大きな成長につながった|私の留学体験談

5年ほど前に英国のチェスターに3ヵ月ほど留学したとき、留学ジャーナルに学校手続きなどの手配をお願いし、良い印象を受けましたので、次に海外の語学学校に行くときもお願いしようと考えていました。(中略)急な依頼ということもあってなかなか希望に合う学校が見つからなかったのですが、担当の留学カウンセラーが根気よく探してくれました。

歴史も異文化も肌で感じた、大満足のマルタ留学|私の留学体験談

よい口コミ・評判には、カウンセラーの対応に満足を覚えるものが多いようです。

初めての経験という人が多いのが留学。

信頼できる担当者にサポートをお願いできるのは心強いですね!

よくない口コミ・評判

次に、留学ジャーナルのよくない口コミ・評判をご紹介します。

現地で学校のアドバイザー等に相談をしてみると、留学ジャーナルからは知らされていないプログラム等があり、最終的にそちらに変更しました。 高い手数料を払ってる割に、大した情報を持っていないな、というのが(言葉を選ばなければ)率直な感想です。

赤川健介|Googleクチコミ

動物が苦手なため動物がいないホームステイ先を希望しましたが、実際には犬がいる家に行かされ、問い合わせるとそれがインターナショナルです。と言われました。

Gme 649|Googleクチコミ

よくない口コミ・評判としては、十分な現地情報を持っておらず、それに対して不満を持つ声がいくつかありました。

留学ジャーナルの特徴・メリット

留学ジャーナルの特徴やメリットはどのようなものなのでしょうか?

ここでは4つの特徴・メリットをご紹介します。

豊富な渡航先・プログラム

留学ジャーナルの特徴の1つめは、豊富な渡航先・プログラム

最初に少しご紹介したように、留学ジャーナルでは世界11か国、約6,000校の留学に対応しています。

渡航先

アメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、スペイン、ドイツ、イタリア、マルタ、オーストラリア、ニュージーランド

また、公式ホームページでは上記の11か国の留学に対応すると書いてありますが、フィリピン・ベトナム・マレーシアのようなアジア地域の留学にも対応しているようです。

プログラムも、語学留学からワーホリ、インターンシップ・ボランティアまで、幅広く扱っていますよ。

健全な経営状況だから安心!

留学ジャーナルの次の特徴は、健全な経営状況ということです。

留学ジャーナルは、金融機関からの借り入れもなく、健全経営を行っています。

また、授業料や滞在費、航空券代などの留学費用は、出発のタイミングにあわせて請求するため、留学生から預かった留学費用を長期間保有することはありません。

留学エージェントが倒産して、留学費用が返金されないといったトラブルはよく起こるので、倒産の心配が少ないことはとても安心できますね。

「英会話のイーオン」とのコラボで英語力アップ

留学ジャーナルでは、「英会話のイーオン」とのコラボで英語力をアップさせることができます。

具体的には、以下のサービスを提供しています。

受けられるサービス

  • 渡航前や帰国後に、割引価格で英会話レッスンが受けられる
  • インターネットでの自宅学習サポートが利用できる

大手の英会話学校のレッスンが安く受けられるのはお得だね。

留学前〜帰国後のキャリアサポートも!

留学ジャーナルの最後の特徴は、留学前〜帰国後のキャリアサポートも受けられることです。

具体的には、以下のようなサービスを提供しています。

時期サポート内容
留学前・出発前キャリアカウンセリング
・出発前セミナー
・大学生のための事前ワークショップ
留学中・留学中キャリアコーチング
・キャリアに関するメルマガ配信(不定期)
帰国後・帰国後キャリアコーチング
・大学生向けセミナー
・応募書類の添削
・模擬面接
引用:留学ジャーナルのキャリアサポート・サービス

留学ジャーナルには、資格を持ったキャリアカウンセラーがいるので、安心してサポートを任せられますよ。

就職できるか不安な人は多いからこのサービスは嬉しい!

留学ジャーナルの注意点

また、留学ジャーナルの注意点(デメリット)もおさえておきましょう。

以下のような注意点があります。

現地オフィスがない都市もある

留学ジャーナルを利用する際に注意したいのが、現地オフィスがない都市もあることです。

留学ジャーナルでは、アメリカ・カナダ・オーストラリアの主要都市に、日本語で相談できる海外サポートオフィスがあります。

しかし、それ以外の都市にはオフィスがありません。

その場合、現地で何かあったら、どうすればいいんだろう?

もちろん、何もサポート体制がないわけではありませんよ!

留学ジャーナルには24時間受付している無料の電話相談サービスがあります。

フリーダイヤルでかけられる(一部地域を除く)ので、困り事があっても助けを求めることは可能です。

手数料がかかる

留学ジャーナルの次の注意点は、手数料がかかるということです。

近年では、留学手続きの代行手数料が原則無料というエージェントも増えています。

しかし、留学ジャーナルでは手数料が発生します。

それでも、留学前から帰国後まで、サポートの手厚さを評価する口コミは多いです。

よって、まずは一度無料相談を利用してみて、手数料を払ってでもサービスを利用する価値があるか判断するといいでしょう。

提携サービスがやや高額

留学ジャーナルの最後の注意点は、提携サービスがやや高額なことです。

先に述べたとおり、留学ジャーナルでは英会話のイーオンと提携しています。

割引が効くものの、元々英会話のイーオンの授業料は高めなので、すべて利用しようとすると高くつく可能性があります。

また、提携する海外留学保険も、現地保険と比較すると割高です。

サービスの手厚さや信頼を取るか、コスパを取るか、検討するといいよ!

留学ジャーナルの申し込みの流れ

次に、留学ジャーナルを利用する際の、申し込みの流れをご紹介します。

以下の流れで申し込みを行いましょう。

公式サイトでカウンセリング予約

最初に、公式サイトで留学カウンセリングを予約します。

カウンセリングは、初回無料です。

遠方に住んでいてオフィスに行けない・時間がない......といった場合は電話やオンラインでカウンセリングもできます。

予約時には、専用フォームに以下の事項を入力します。

入力項目

  • 氏名/性別/生年月日
  • 住所/電話番号/メールアドレス
  • カウンセリング希望日時
  • 留学したい地域や時期・期間

留学プランを決定

①で提出した内容をもとに、カウンセリングを受けて、留学プランを決定します。

カウンセリングにて、カウンセラーに留学の目標や要望について詳しく話したり、質問をすることができます。

相談のうえで、留学プランを決めたら正式な申し込み手続きや支払いを行います。

留学手続き

留学ジャーナルに、留学手続きをサポートしてもらいます。

サポートしてもらえるのは、主に以下の項目です。

主なサポート内容

  • 学校の入学手続き
  • 滞在先の手配
  • 航空券・保険の手配
  • ビザの申請

自分でやるのは、パスポートの取得のみで、あとは基本的にエージェントに任せられます。

オリエンテーション〜渡航

渡航前には出発前オリエンテーションがあるので、必ず受けましょう。

オリエンテーションでは、主に以下のことを説明してもらえます。

オリエンテーションで説明されること

  • 留学中のお金の持っていきかた
  • 治安に関する注意点
  • Wi-Fiと携帯電話に関すること
  • 日本と異なる常識やルール
  • 留学に持って行く荷物
  • 出発前の英語勉強方法

※オリエンテーションに参加できない場合は電話やメールでサポートしてもらえます。

海外初心者は特に助かるサービスだね!

留学ジャーナルのよくある質問

留学ジャーナルを利用するにあたって、よくある質問をまとめました。

留学ジャーナルは雑誌社なの?

留学ジャーナルは、社名に「ジャーナル(=新聞・雑誌などの定期刊行物)」という名前が入っていますが、雑誌社ではなく民間の留学エージェントです。

同社では、雑誌「留学ジャーナル」も発行しており、近年ではメールでデジタルパンフレットを請求することができるほか、インターネット上で書籍の試し読みもできるようです。

留学相談は無料?

留学ジャーナルでは、初めての相談はすべて無料で受け付けています。

また、留学やプログラムの種類によっては有料の相談もあります。

どんな保険を提供している?

留学ジャーナルでは、AIG損保の海外留学保険を案内しています。

病気やケガの治療費から携行品等の盗難による損害、日常生活中の賠償事故まで幅広く補償される内容です。

また24時間・年中無休の日本語によるアシスタンス・サ-ビスも利用でき、緊急時の病院紹介キャッシュレス・メディカルサービス手配などにも対応しています。

留学中に困ったことがあったら対応してくれる?

留学ジャーナルでは、留学中も24時間電話受付の「スチューデントプロテクション」を利用できます。

一部の国を除いてフリーダイヤルで利用できるため、そちらに連絡するといいでしょう。

連絡した内容は担当カウンセラーに共有され、必要に応じて学校(※学生の場合)や日本にいる家族にも連絡をとってくれます。

また、緊急でなければ担当カウンセラーに連絡してもOKです。

留学ジャーナルの現地サポートオフィスがある都市の場合は、相談に行くと日本語のサービスを受けられます。

まとめ

今回は、留学エージェントの「留学ジャーナル」の口コミ・評判をご紹介しました。

留学ジャーナルの特徴・メリットを振り返っておきましょう。

大手留学エージェントで丸ごと留学サポートをしてもらいたい場合は、ぜひ無料カウンセリング資料請求をしてみてくださいね。

執筆者 執筆者
Megumi

カナダ在住ベテランWEBライター。
カナダでの長期滞在・オーストラリアでの語学留学などの豊富な海外経験をもとに、海外生活・英語学習に関する記事を500記事以上執筆。
カナダではカレッジ進学やCo-op留学もしているので、その実体験に基づいた記事が得意。

過去には英会話講師として生徒の英会話力アップ・英検/TOEICスコアアップをサポートした実績や、大学の留学アドバイザーとして700名以上を海外に送り出した実績もある。

関連記事

カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒105-6923 東京都港区虎ノ門4-1-1
神谷町トラストタワー23階
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

 ページの先頭へ