カナダ留学体験レッスン 【GBC (ジービーシー)】

語学学校といってもカナダにはたくさんの学校があります。

  • どれが自分に合っているのか
  • 実際の授業はどんな様子なのか

イメージしづらいこともありますよね。

入学して「思っていたのと違った」「なんか私には合わない」と思うようなことが無いようにしたいですよね。

私自身は、SELCという語学学校に通いながら、他の様々な学校の体験授業を受けてきました。

ここでは、実際に授業を体験した内容をお伝えします。

皆さんの学校選びにぜひ参考にしてください。

それでは見ていきましょう!

参加した学校について

今回、体験授業に参加した学校は「GBC (Gastown Business College)」です。

校内の様子

校内の様子もお見せしますね!

まずは受付です。レンガの壁がアンティーク調で素敵です!

こちらは共有スペースです!

他にも電子レンジなどもありますよ!

注意事項

写真は新型コロナウイルス流行禍のものになります。一部使用できない設備もありますのでご注意ください。

参加したコース・クラスについて

私が体験した授業はこちらのコース・クラスになります。

参加したコース・クラスについて
参加コース 体験デモ授業
クラスレベル 体験デモ授業
授業形式 オンライン授業

今回は、特別に「体験デモ授業」を実施してもらいました。

なのでクラスメイトはいないため、私1人のマンツーマン授業でした。

普段の教室はこのようになっています。

体験授業の様子について

次に体験授業の様子を詳しくお話しします。

  • 授業の内容や進行
  • わかりやすさ
  • インプットとアウトプットの比重

に分けて話ししますね。

授業の内容や進行

この日の授業は「ビジネスE-mailエチケットについて」がテーマでした。

先生が用意したドキュメントとパワポを使用した授業でした。

授業の流れとしてはこのような感じです。

  1. E-mailの仕組みをまず理解するところから始まりました。
  2. E-mailでの正しい表現を学習し、ビジネスにふさわしくない表現を学びました。
  3. 最後は、見本のE-mailを実際に見て、どこがふさわしい表現なのかを学んでいきました。

わかりやすさ

ビジネスカレッジですが、先生はとてもわかりやすい英語で、簡単な英語に言い換え、例えを提示しながら解説してくれてたのでとてもわかりやすかったです。

先生が適宜、「わからないことはないか」と確認してくれたのが良かったです。

友達とのやりとりとは違う、ビジネス場面での丁寧な言い回しを知ることが出来るのでとても実践的と感じました。

また、例を提示するだけでなく、「悪い例」を用いてどこが修正すべきなのかを一緒に考えてくれたので、より理解が深まりました。

ビジネスにおける基本的な知識がしっかりと身に付けられるコースですね!

インプットとアウトプットの比重

今回は上記に記載したように、インプットメインであったが、他のテーマではアウトプットのコンテンツが多くあるようで、実践的であると感じました。

テストや宿題について

テストや宿題のことって、あまりパンフレットにも載っていないですよね。

意外と「宿題はしっかり出る学校が良い」とか「小テストをこまめにやってほしい」などそれぞれ思うことがあるでしょう。

ここでは、宿題やテストについて簡単にお話しします。

テストについて

タームごとにテストがあります。

だいたい1か月単位ごとのスパンだそうです。

宿題について

宿題はかなり多いようです。

授業で学んだことを活かし他の企業の紹介や自分で企業を作ってみるなど、パワポをつかってまとめたりする宿題も多く、かなり時間も要するものが多いようです。

まとめ

今回は、「GBC (Gastown Business College)」という学校の授業を体験しました。

語学学校といっても十人十色。

同じ名前のコースでも、それぞれの学校によってテキストから、授業の進め方など異なります。

それこそテストの頻度や宿題の量だって違いますよね。

ぜひ、みなさんの語学学校選びに参考にしてみてください。

 

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!