Cloud Nine College(クラウドナインカレッジ)ってどんな学校? 校内やクラスの様子を紹介します

こんにちは!カナダ留学コンパスの大西なつみです。

現地バンクーバーの最新情報をオンタイムでお伝えします。

カナダ・バンクーバーにCloud Nine College(クラウドナインカレッジ)という英語を学べる語学学校があります。

Cloud Nineは、国際色が豊か小規模でアットホームな学校として人気があります。

学校の特徴は下記3つです。

  • 国際色豊かな学校
  • アットホームな環境
  • 1人1人のサポートが充実

もともと小規模の学校で、また日本人比率も10%ほどと他の学校に比べて高くありません。ですが日本人スタッフもいるため、しっかりとサポートする環境が整っています。

月1回のカウンセリングで常に学習状況を把握し、アドバイスをしていただけます。

また学校自体がすごくアットホームな雰囲気なので、違う国からの留学生とすぐに親しくなることができます。社会人の留学生も多く在籍しているため、落ち着いた雰囲気の学校でもあります。

今回は、Cloud Nineの実際の外観から校内の様子、教室の様子や学生の雰囲気について写真いっぱいでご紹介します。

Cloud Nineの外観

Cloud Nineは電車(スカイトレイン)の駅からもすぐ近くにあり、「Granville駅(エキスポライン)」「Vancouver City Center駅(カナダライン)」の双方の駅から徒歩3分ほどです。

またCloud Nineは校舎自体が地下のフロアに入っています。

学校の看板自体は道路にありますが、少し見つかりにくいので、ここではその目印も記載しておきます。

目印をご紹介

まずこちらがCloud NineがあるSeymour(シーモア)ストリートです。

こちら側だと看板が何も見えない状態です。目印は奥にある緑の「DOLLARAMA」の看板です。

もう少し近づいていきます。

ここまで来れば学校はすぐ下にあるので、わかりやすいです。

ちなみに反対側だとこんな風に見えます。

近づいてくるとちゃんと学校の看板があるので安心ですね。

ではこの中に入っていきます!

こちらの扉の中に進み、エレベーターで下に降りていきます。

降りたすぐ下に学校の入り口があります。

Cloud Nineの校内の様子

では実際に私が学校に行き、感じた印象を写真とともにお伝えします。

まずはこちらが入り口の正面にある受付になります。

Cloud Nineのイメージカラーは「青と白」ということで、学校のロゴにも使用されています。

また学校全体がこの青と白が基調になっていて、壁や椅子、机などもすごくオシャレでした。

受付周りにも共有スペースになっていて、すごく広々していました。

授業合間の休憩時間には、ここで生徒さんたちが座って、お話しをされているそうです。

共有スペース

生徒のみなさんが使用できる学校の共有スペースをご紹介します。

まずこちらがランチで使用される休憩スペースです。

バラバラのテーブルではなく、大きいテーブルが2つ並んでいます。ここも学校の心遣いがあり、初めてきた生徒でもすぐに他の留学生に馴染めるように、机をくっつけているそうです。

毎日違うクラスの人でも、ここで一緒にランチをとるため、すぐにみんな仲良くなるそうです。

こういったところも、小・中規模ならではのメリットですね。

またちゃんと設備も整っているんです!こちらには立派なコーヒーマシーンがあります。

実はこのコーヒーマシーン…たった1~1.5ドルで購入することができるんです。

しかもブラックコーヒーからラテ、カプチーノ、モカまで様々です。ここまで揃っているマシーンは他の学校にはなかなかないですね。

私が訪問している際も、たくさんの生徒のみなさんが購入していらっしゃいました。

通常外で買うと安くても1杯3.5ドル~5ドルほどはします。毎日飲む方が多いので、学校内で安く購入できるのは有り難いですね。

また電子レンジも設置されています。

私が確認したなかでも、7個はありました!
これだけたくさんあると、ランチ時間も電子レンジに並ぶ必要がなくていいですね…笑

またポップコーンマシーンも発見しました!

お伺いすると、毎週金曜日に卒業式を行っているそうなのですが、その際にポップコーンを無料で配るそうです。そういったイベントがあるのも楽しいですね。

Cloud Nineの教室の様子

Cloud Nineの教室をのぞいてみました。この学校の特徴的な部分をご紹介したいと思います。

  • 1クラス平均10-15名
  • お互いが向かい合う、会話重視型クラス
  • 各クラスの名前がユニーク

まずCloudnineでは各クラスに呼び名があるんです。こちらが学校全体のマップです。

クラスルームが全部で9部屋ありますが、その呼び名がこちらなんです。

・Vancouver
・Whistler
・Kamloops
・Chilliwack
・Kelowna
・Squamish
・Nanaimo
・Victoria

・White Rock

みなさんもうおわかりですね。このクラス名は全てブリティッシュコロンビア州の地名なんです。

カナダの地名はもともとの先住民時代の名残がまだ残っていて、読みにくく覚えにくい地名が多いんです。

学校では少しでもカナダに親しみを持ってほしいという願いから、各クラスに地名の名前でつけているんです。

また実際のクラスの様子を覗いてみました。

Cloud Nineは会話中心のクラス設計になっており、講師に向かって座る講義型でなく、生徒同士がお互い向き合っています。

こうすることによって、自然と話す雰囲気があり、グループワークなどもしやすく、常に生徒が英語使って議論をする環境があります。

アットホームな環境でスピーキングに特化したいという方には是非オススメの学校です。

Cloud Nineはこんな人にオススメ

今回学校訪問を行った際に受けた印象をもとに、私の独断と偏見でおススメポイント、どんな人が合うかをお伝えします。

それはこちらです!

  • とにかく日本人が少ない学校が良い人
  • 小規模でアットホームな雰囲気が良い人
  • スピーキングに特化したい人

とにかく日本人が少ない学校が良い人

ほとんどの方が、国籍を気にされますよね。

なかにはカナダまで来たんだから、どうせならたくさん外国人と話したいなど。もちろんそうだと思います。

そんな方にはこのCloud Nineを一番オススメします。それはバンクーバーの中心地に位置しているにもかかわらず、ここまで日本人が少なく国籍が豊かな学校は他にないからです。

こちらがCloud Nineの国籍比率です。

【40%(ラテン系)、40%(ヨーロッパ)、10%(日本人) 、10%(その他)】となっています。

学校の7~8割がラテン、もしくはヨーロッパ系なので、学校の中で日本語を耳にすることはほとんどありません。

また少ない比率の中でも日本人スタッフがちゃんと在中しているので、他の学校よりもより厚くケアをしていただけます。

私が実際に校舎内を回まわりましたが、日本人同士で集まるのではなく、どの日本人の生徒さんも他の国の留学生と一緒に話していらっしゃいました。

小規模でアットホームな雰囲気が良い人

Cloud Nineは全校生徒がだいたい100~120名ほどで、多くても160名小規模の学校になります。なのでクラスが違っても、全講師、生徒同士がお互いを知っている関係です。

実際に学校の様子を見てみると、生徒同士で挨拶したり、また講師と生徒の間でも仲良く話す姿がたくさん見受けられました。

学校によって本当に雰囲気が違いますが、Cloud Nineはどの学校よりも温かいアットホーム感が伝わってきました。

スピーキングに特化したい人

Cloud Nineはスピーキングに特化している学校としても有名です。

先程のクラスルームでもお伝えしたように、各生徒同士が向かい合って座るため、自然と話す環境にあります。

また授業内容自体、リスニング・リーディング・ライディングクラスでも読み上げ、意見をシェアするなど常にスピーキングを意識した授業になっています。

講師も在籍年数が長いベテランが多く、留学生の扱いにも長けているので、人気の講師も多いそうです。

まとめ

今回実際に学校を訪問し、特に雰囲気の部分でお伝えしたく、実際の様子をまとめました!少しでも思っていた学校と違う!ということがないように、現地の様子をそのままお届けしていきます。

カナダ留学コンパスでは留学・ワーキングホリデーに関して無料相談を随時おこなっております。
こちらのお問い合わせページからお気軽にご連絡下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る