Cloud Nine College(クラウドナインカレッジ)ってどんな学校? 日本人の特別クラスを紹介します

こんにちは!カナダ留学コンパスの石川ちひろです。

現地バンクーバーの最新情報をオンタイムでお伝えします。

カナダ・バンクーバーに「Cloud Nine College(クラウドナインカレッジ)」というESL(語学学校)があります。

Cloud Nineの校内の様子については、こちらの記事をご覧ください。

今回は、Cloud Nineで新しく開講された、EFJクラス(English For Japanese)を取材してきました!

Cloud NineのEFJクラスの概要

Cloud NineのGeneral Englishコースでは、基本4技能(Reading, Writing, Listening, Speaking)に加えて、ディベートやプレゼンテーションを行います。

毎週金曜日のWeekly Testで4技能の伸びや苦手を知り、英語脳を鍛えます。

EFJクラスは、English For Japaneseの略で、名前の通り、日本人だけの特別クラスです。(下記スケジュールにはJapanese Academic Classと記載されています。)

このクラスは、日本人生徒のニーズに応えるため、2019年7月に開講されたばかりの新しいクラスです。

午前の授業

午前は、ケンブリッジのテキストに沿って、英語を英語で学ぶ訓練をします。

午後の授業

午後は、選択制の授業になっており、学生の伸ばしたい分野を選択することができます。

General Englishコースの午後の授業で、EFJクラスが選択できます!

授業内容

  • 午前の授業の復習・質問
  • 基礎的な単語・熟語・文法

実際のクラスの様子

先生は、英語教育25年以上のベテラン、Momose Naoko先生です!

生徒一人ひとりに寄り添った分かりやすい授業は、生徒さんからの評価が高いです。

午前の授業の復習・質問

授業の始めは、午前の授業で分からなかったこと、普段の日常で疑問をもったこと、など生徒さんの質問に沿って進んでいきます。

取材をした日の授業でも様々な質問がでていました。

チョコレートは数えるの?数えられないの?

英語には、数えられる名詞数えられない名詞があります。

  • Countable Noun:可算名詞(数えられる名詞)
  • Uncountable Noun:不可算名詞(数えられない名詞)

例えば、apple, bookなどは可算名詞、water, gasなどは不可算名詞です。

つまり、決まった形があるもの」 は可算名詞なので、数えることができます!

さて、チョコレートは不可算名詞なのですが、チョコバーであったり、液体のチョコレートであったり、イメージするものによって形は変わりますよね。。

その場合は、下記のようにチョコレートの形によって言い方が変わるんです。

  • a piece of chocolate
  • two bars of chocolate
  • some chocolate
Naoko先生

基本的な英語ですが、いざ考えてみると戸惑いますよね。日本語と英語では、感覚が違うので、その感覚に慣れる必要があります。

~してもらったって英語で?

  • 「…を~してもらう」は、「have +物+動詞の過去分詞」となります。

例:パソコンを修理してもらった→「I had my computer fixed.」

「誰にしてもらうか」を伝える必要がない場合は、この表現になります。

  • 「人に~してもらう」は、「have +人+動詞の原形」となります。

例:パソコンを弟に修理してもらった→「I had my brother fix my computer.」

「誰にしてもらうか」を話の相手に伝えたい場合は、この表現になります。

※「~をさせる」というように「強制」の意味に解釈することもできますので、注意が必要です。

  • 「人に~してもらう」は、「get + 目的語 + to 不定詞」という形もありますが、口語的です。

例:パソコンを弟に修理してもらった→「I got my brother to fix my computer.」

Naoko先生

基礎の文法が理解ができていないと、英語で授業を受けたときに、曖昧になってしまいます。インプットができていなと、アウトプットはできないので、基礎をクリアにしておくことが大切です!

基礎的な単語・熟語・文法

このクラスは、先生が作成したプリントに沿って授業が進められます。

実際に使用しているプリントを見せていただきました!

他動詞や自動詞は日本の中学校で習う英文法ですが、みなさん覚えていますか?

中学レベルの文法くらいは…と思われる方もいると思いますが、実際に中学英文法を使って話そうとすると、想像していたよりも難しい事に気づきます。

英語を学ぶ中で、中学英文法は基本ですが、その基本を理解しているかどうかで、上達スピードは大きく変わるんです!

他動詞・自動詞と聞くと、なんとなく難しく聞こえますが、上記プリントの例文のように、普段使うような表現で学ぶと理解度が上がりますよね。

また、文法だけではなく、ネイティブが実際に使っているフレーズなども学ぶことができます。

「catch up」の基本的な意味は「追いつく」ですが、多くのネイティブが「会う」という意味でも使っています。

つまり、上記プリント③「catch up with a friend」は、「友達と近況を報告しあう、久しぶりに会う」というような意味になります。

例文

Let’s catch up soon! 「近いうちに会おうよ」

I will catch up with you later(or catch you later)「またね」

英語圏に住んでいると、よく聞く表現ですが、日本の学校ではあまり習いませんよね。

Naoko先生の授業では、こういった日常会話ですぐに使える英語も学べるんです♪

EFJクラスはこんな人にオススメ

今回取材を行った際に受けた印象をもとに、私の独断と偏見でおススメポイント、どんな人が合うかをお伝えします。

少人数制のクラスが良い人

Cloud Nineの授業は少人数制ですので、生徒数も1クラス最大15名です。

取材をした日は、8人の日本人生徒さんがいらっしゃいました。

先生と対話する時間が多く設けられますので、きめ細やかな授業を受けることができます。

英語クラスで理解ができなかった人

実際にESLに通い始めたけれど、授業についていけない…という方にEFJは特にオススメです!

ネイティブの先生に質問しづらい、理解が曖昧、ということもありますね。

日本語で基礎を学ぶことができるので、理解度を深めることができます。

また、理解ができるようになったり、英語のレベルが上がった場合は、もちろん他の英語授業を選択することが可能です!

英語を長い間勉強していなかった人

長い間英語を勉強していない方は、英語の基礎も覚えているような、覚えていないような、という感じではないでしょうか?

せっかくバンクーバーに来たんだから、「英語で学びたい」という気持ち、分かります!

でも、何も分からない状態で、英語の授業を受けてもなかなか上達しないこともあります。

午前は英語で英語を学び、午後は日本語で英語を学ぶ、バランスをとることで、英語理解力の伸びが実感できるんです。

まとめ

今回実際に学校を訪問し、特に雰囲気の部分でお伝えしたく、実際の様子をまとめました!

少しでも思っていた学校と違う!ということがないように、現地の様子をそのままお届けしていきます。

カナダ留学コンパスでは留学・ワーキングホリデーに関して無料相談を随時おこなっております。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る