CCEL (シーシーイーエル)ってどんな学校? 校内の様子やプログラムを紹介します

こんにちは!カナダ留学コンパスの大西なつみです。

現地バンクーバーの最新情報をオンタイムでお伝えします。

カナダ・バンクーバーにCCEL (シーシーイーエル)という英語を学べる語学学校があります。

CCEL は総称をCanadian College of English Languageといいます。

また専門学校Canadian College(カナディアンカレッジ)付属の語学学校になりますので、まずは英語の基礎をここで勉強し、その後にスムーズにカレッジに進学することができます。

CCELは、専門学校も併設していることから、多種多様のコースを選択できるメリットがあります。

学校の特徴は下記3つです。

  • 幅広いコースから選択可能
  • 独自のオンラインシステム「Smrt」
  • CCEL自慢のレストラン

CCELでは最先端を取り入れていて、なんと学校の授業は全てオンライン教材になります。

1人1台パソコンを準備し、授業中もパソコン上のテキストを見ながら進めていきます。

また学校にはダウンタウンの語学学校唯一の、校舎内にレストランがあり、生徒様に朝食やランチを提供する他、ホスピタリティを専攻する専門学生がそのレストランで実際の仕事経験を積むことができます。

今回は、CCELの実際の外観から校内の様子、教室の様子や実際のカリキュラムについて写真いっぱいでご紹介します。

CCELの外観

CCELの校舎はバンクーバーのダウンタウンの中心地に位置していて、近くにはレストランかカフェ、ショッピングエリアがたくさんあります。

直ぐ側にはダウンタウンで一番栄えているロブソン通りもあり、立地もすごく良いです。

また学校から徒歩5分圏内にスカイトレインの駅「Burrard駅(エキスポライン)」もありますので、ダウンタウン外にホームステイやシェアハウスで滞在される生徒の方へも行きやすい場所となります。

こちらがCCELの外観写真です。

1階には有名なレストラン「COAST」が入っていて、学校はその上の2階~4階部分になります。

では入り口に近づいてみましょう。

こちらの看板に専門学校「Canadian College」語学学校「Canadian College of English Language」の名前が見えますね。

同じ建物の中で勉強されるので、専門学校の情報もすぐに入手することができます。

この入り口にあるエレベーターから2階にあがることができます。

CCELの校内の様子

実際に私が学校に行き、感じた第一印象をお伝えします。

まずCCELのフロアの説明をします。

1階:ストリート(レストラン)
2階:専門学校「Canadian College」+レストラン
3階:語学学校「CCEL」
4階:受付+スタッフオフィス

今回は上から順番にご紹介させていただきます。

4階のフロア(オフィス)

こちらが日本人スタッフもいらっしゃる、スタッフオフィスです。

国ごとにスタッフが在籍され、またデスクも別々に用意されています。

生徒さんが気軽に相談できるよう、ブース分けとなっており、話しやすいように椅子が用意されています。

特に他の人の目を気にすることなく、ゆっくりと落ち着いた雰囲気で相談しに行けるのが良いですね。

またこちらが廊下の様子です。

学校自体がモダンな雰囲気で、すごく落ち着いています。

学校の生徒の年齢層が平均で23歳~24歳で、そこまで若い人がいないことも特徴です。

専門学校も併設していることから、落ち着いた環境の中で勉強されたい方にはピッタリです。

3階のフロア(語学学校「CCEL」)

ここがCCELの教室になります。

教室はすごく広々していて、生徒さん同士で会話をする様子が伺えました。

教室の特徴はこちらです。

  • 全27部屋、平均12名、最大15名
  • 会話重視型の机配置
  • モニターで教材を映し出し

CCELは3フロアに渡り教室が配置されていますので、合計27部屋広々とした教室が広がっていました。

また写真でわかるように、机の周りに椅子が配置されていて、講師を見て授業を進めるよりかは、グループワークが中心です。

パソコンを使用しながらグループワークという、より現地の学校に近い環境です。

また各教室にはモニターがあります。

テキストがオンラインですので、ホワイトボード前にもテキストを映し出すようになっています。

またテキスト外の画像や動画を授業中に紹介する場合も、簡単にモニターに映し出すことができます。

講師は常にテキストの内容だけでなく、最新の情報を授業中にアップデート、また楽しい授業を心がけるようにしているそうです。

2階のフロア(レストラン)

CCELで一番オススメのレストランフロアをご紹介いたします。

まずこちらがレストランです。

普通のレストランクオリティにびっくりしました!

昼休みにはたくさんの生徒さんがここでランチをとられるそうです。

またCCELには学生寮がありますが、そこに滞在する生徒さんは朝食をこのレストランで食べることができます。

自分で作ったり、外で購入する必要がないので、忙しい朝にはオススメですね。

またこちらがドリンクのメニュー表です。

外のカフェと同じくらいドリンクメニューが充実していますね!

語学学校でこの豊富なメニューはCCELしかないです!

ちなみに私…ちゃっかりカフェラテをオーダーしました。

味、クオリティーともに外のカフェと変わらないです!

ちゃんとエスプレッソマシーンがあり、本格的なコーヒーを飲むことができます。

学校でこのクオリティーのドリンクが飲めるのは本当に良いですね。

続いて、レストランの軽食をご紹介します。

どれもすごく美味しそうです。値段もリーズナブルなので、生徒さんでも購入しやすいです。

どれも本当においしそうでした。

学校内にこういったカフェスペースがあると、少し小腹が空いても外に出ずに低価格で購入することができ、節約する学生の方に特に人気だそうです。

番外編(屋上、休憩スペース)

CCELには隠された屋上があるんです。

先ほどのフロア説明にはありませんでしたが、5階に屋上ガーデンがあります。

それがこちらです。

ちょうど見学した日に雪が降っていて、このように積もっていました。

屋上からはダウンタウンの景色も見ることができるので、すごく素敵です。

ここはCCELの生徒さんのみが使用されますので、夏になるとみんなここでランチをとる方が多いそうです。

またCCELの建物には各フロアの廊下にはオシャレな休憩スペースがあります。

授業の待ち時間や、お昼休み時間にこういった休憩スペースでお友達とお話しされるようです。

CCELのオススメポイント

CCELでは専門学校も付属していることから、そこを活かした特徴的なプログラムが多く用意されています。

その中でも特に魅力的でオススメしたいクラス、プログラムをご紹介します。

  • 豊富な選択クラス
  • ワーキングホリデープログラム
  • カレッジへスムーズに移行

豊富な選択クラス

CCELには「コアクラス」と呼ばれる必修科目と、「エレクティブクラス」と呼ばれる選択科目があります。

選択科目では好きに勉強したいクラスを受講するとができ、その内容も多岐に渡ります。(科目によっては規定の英語レベルあり)

英語集中クラスからビジネス英語も含まれます。

下記が選択できるクラス一覧です。(2019年2月現在)
【英語集中】
・リーディング
・リスニング&スピーキング
・文法
・ムービーイングリッシュ
・アカデミックラインティング
【ビジネス英語】
・時事問題
・ホスピタリティサービス
・ジャーナリズム&ライティング

多様なクラスの中から選ぶことができるので、自分の好きなようにカスタマイズできるところが良いですね。

ワーキングホリデープログラム

カナダといえば、ワーキングホリデービザで滞在される方が多いと思います。

ワーキングホリデービザの場合は1年間自由に働くことができます。

よく耳にするのが英語で面接ができるかどうか、英語の履歴書の書き方がわからないという不安です。

CCELではそんな方のために「ワーキングホリデープログラム」があり、就職活動に役立つ知識を勉強する授業がプログラムの中に組み込まれています。

具体的には下記2つがあります。

①接客サービス英語コース

こちらのプログラムは「English for Hospitality Service(EHS)」と呼ばれ、レストランやカフェで働く歳に役立つ英語、及び実用的スキルを学びたい方に大人気のコースです。

実習を含む、選択クラス4週間コースです。

参加するには中級レベル以上が必要ですので、初級者の方は一般英語クラスからスタートし、学校基準の英語レベルに達して、受講できるという流れです。

CCELに併設されるレストランで実際にテーブルサービスをしたり、エスプレッソマシーンを扱ってみるなど、実践的な内容が特徴的で、バンクーバーではこのCCELでしか行っていません。

コース内容は下記です。

  • カスタマーサービス英語
  • カフェ&レストランでの実習
  • コーヒーメイキング体験(バリスタ)
  • バーサービス
  • BC州認定The Serving It Right(SIR)資格取得

これだけの内容を4週間みっちり、実践も含めてできるので、特にワーキングホリデービザでサービス業で働きたい方にはピッタリです。

②ビジネス英語コース

こちらは8~12週間の必修クラスになります。

英語を使った仕事をする上で役立つ様々な英語スキルを習得するクラスです。

上記のホスピタリティクラスと続けて受講することもできます。

主にカナダでアルバイトやインターンシップをする際に必要な、履歴書面接求人情報など様々なトピックがカバーされています。

コース内容は下記です。

  • 履歴書作成
  • 面接方法、練習
  • ジョブサーチ
  • オフィスでの電話、メール対応
  • プレゼンテーション
  • マネジメント、マーケティング

ワーキングホリデーの方はまずこのコースを受講してから、就職活動をされると、他の方よりも一歩進んだところからスタートラインに立てますね。

カレッジへスムーズに移行

CCELには長期留学の生徒さん向けに、【Smart Yearプログラム】を用意しています。

1年以内の留学で、一般コースだけでなく、複数のコースの受講を考えている方に最適です。

全コースへ追加料金なしに変更できることがメリットです。

長期留学の方がよくご相談されるのが下記ポイントです。

・1年留学でできるだけ費用を抑えたい
・出発前に全てのプランは決められない
・現地での英語レベル次第で他のコースにも挑戦したい
・ビジネススキルや国際資格も身につけたい

一番は専門学校に先に申し込んでも、そのタイミングでレベルに到達しているかわからない…そこがみなさん不安に思っていらっしゃることです。

このSmart Yearプログラムでは、申込み期間内であればいつでもコース変更を無料ですることができるので、自分のペースに合わせて受講できます。

こちらがサンプルスケジュールです。

3ヶ月後にビジネスコースへ移行する予定で申し込んでも、レベルが間に合わなかったり、また思ったより早くレベルアップされる方もたくさんいらっしゃいます。

自分の英語レベルの成長具合に応じて、適切なタイミングで無料でプログラム変更できるところがメリットです。

まとめ

今回実際に学校を訪問し、特に雰囲気の部分でお伝えしたく、実際の様子をまとめました!少しでも思っていた学校と違う!ということがないように、現地の様子をそのままお届けしていきます。

カナダ留学コンパスでは留学・ワーキングホリデーに関して無料相談を随時おこなっております。
こちらのお問い合わせページからお気軽にご連絡下さい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る