ページトップへ LINEで相談!

【カナダ留学体験談】カナダ留学前の日本国内での勉強:ハルヨン体験記

こんにちは。

今年、カナダへの語学留学を控えた私はコンパスさんから「ハルヨン」を紹介されました。
このハルヨンでの授業を体験してきましたので、ぜひ参考にしてください!

ハルヨンとは?

ハルヨンはフィリピン・セブ島にある語学学校サウスピークを創設した「はるじぇー」こと柴田さんが、新しく「大人の英語学び直し」「語学留学・ワーホリ準備」のために作られたサービスで、これまでに関わられた、語学学習のメソッドを編みなおして、それぞれの問題点を改善し、高効率での学習を可能にしたサービスです。

その根幹にあるのは「短期間で誰でも英語が話せるように!」という既存のサービスへの否定で、ダイエットなどもそうですが、英語学習においては現実的には楽な道などなく、中長期間の地道な学習を推奨されています。

内容としては柴田さんが長年のご経験で厳選した日本の質の高い英語参考書を使った、英文法中心の学習で、基礎力の強化を目指しています。
※対象LVによります

参考:ハルヨンHP

実際の体験について

最初は軽めに、と柴田さんにLV3クラス(TOEICLR試験で300-395点の方向け、高校英文法から学び直すクラス)の授業をお勧めされた私は二十年ぶりに中学、高校で習っていた学校英語を改めて勉強し直すことに。

指定されたのは中高の英語文法を分かりやすく説明された教材(高校英文法をひとつひとつわかりやすく)と、同じく中高レベルで必要な英単語を英文を使って学んでいく教材(速読速聴・英単語
Basic 2400 ver.3)。

これらを使って、予習をすることなく授業に出席し、文法教材と単語教材を使った授業を行い、授業日以外は生徒は授業で習ったところを復習していく、次回レッスン時にレッスンで学んだ内容が定着しているのかを確認する小テストを行うという進み方で授業は週単位で進んでいきました。

この授業が今までの語学学習と一線を画す内容で、
「みんなで楽しくおしゃべりをしながら英会話」なんてモノではなく、
「ハイ、では1分でこの英単語・日本語解説の意味を理解してください」
「この文章はX文法でこの単語を後ろからXとして意味を補っていて~」
「それではこの英文を2分で暗記してください」

というザ・授業

具体的な授業の内容としては
1:まずは日本語の訳文を中心に文章の意味を理解する
2:英文を先生が品詞の分解をしながら、文法を解説し、なぜその訳になるのかを説明
3:指定された、英会話・英作文でよく使う重要な英文章を暗記

と言う流れで進んでいき、これを教材のいくつかの英語文章について行っていきました。

内容の難解さ(私にとっては。)もさることながら、ボリュームをこなすために、結構なハイスピードで進むため、授業中は全く気が抜けず、約2時間の授業中はみんな真剣そのもの。

また、この「ハルヨン」は予習をしなくてもよいが、自学で復習を必須としています。
そして、授業で学んだ少なくない数の例文を、次週の授業までに完全に自分のモノにしてくることを要求(小テストで確認)されているのですが、
コレがまた大変。

私は朝or夜、自宅で例文を改めて自分なりに理解して、会社との通勤時にひたすら聞いて暗記を繰り返しましたが、短文ではなく、多少の長さがあるのと、結構な数があるため、一週間が短い短い。
土曜日の昼からが授業なので、午前中に追い込み勉強をしていつも駆け込みで望んでいる始末で、授業の冒頭の小テストではなかなか満点をとれずじまいでした。

とはいえ、確かにこれは英語の理解が深まるな、という印象で、単語と慣れでなんとなく意味を理解していた英語が、英文法のロジックに基づき「XXXだからYYYとなり、ZZZという意味になる」と自分の中できちんと理解が醸成されていった感覚がありました。

なかなかに大変な「ハルヨン」ですが、語学留学などを考えている方は、日本にいるうちに体験しておくと、留学時の学習効率が上がるためお勧めです!
是非一度体験してみてください。

こんな人にオススメです。

  • 高校、大学で英語の勉強を中途半端にしてしまった人。英文法の理解があやふやな人
  • 語学学習の費用を抑えたいが、しっかりと基礎から英語を勉強しなおしたい人
  • 自己学習(独学)で続かない、迷走してしまう人

柴田 @HAL_J から

     カナダへ語学留学・ワーキングホリデーに行かれる前に、英語学習の方法自体を学ぶのにお勧めです。
    ハルヨンでは「英語学習の方法を学ぶ」ことも重視しております。

     そして、カナダへ行かれる前に初級者・初中級者の「英単語・英文法の習得」をサポートします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る