【カナダIT留学を詳しく解説】デジタルマーケティングが学べるカレッジ

昨今、「IT留学」に興味がある方は増えてきているようです。

カナダでは「IT留学」の中で、よく見かけるのはこちらのコース。

  • デジタルマーケティングコース
  • Webデザインコース(UIデザインコース・UXデザインコース)
  • Web開発コース

これだけ聞いても、何が違うのかいまいちピンときませんよね。

今回は、この中の「デジタルマーケティング」を学べるカレッジを2つ紹介します。

参考

デジタルマーケティングについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

【カナダIT留学を詳しく解説】デジタルマーケティング , Webデザイン,Web開発コースについて

デジタルマーケティングを学べるカレッジ

デジタルマーケティングが学べるカレッジとコースはこちらです。

ちなみにそれぞれの学校紹介のページはこちらになりますので合わせてご覧ください。

それでは、それぞれのコースについて見ていきましょう!

CORNERSTONEの「Digital Marketing Specialist Co-op Diploma」コース

CORNERSTONEのプログラムは、Diplomaが取れるCo-opプログラムです。

「6か月間の学習+6か月間のCo-opプログラム」が付いた12か月間のコースです。

カリキュラムについて

デジタルマーケティングをしっかり網羅することができるカリキュラムになっており、内容は以下のようになっています。

  1. Web Graphics- Adobe Photoshop/ WordPress 【60時間】
  2. Digital Marketing 【120時間】
  3. Search Engine Optimization (SEO) 【60時間】
  4. Social Media Marketing 【60時間】
  5. Web Analytics, Measurement, and Approach 【60時間】
  6. Campaign Management 【120時間】

ちなみに学生は、1日あたり最低でも1~3時間くらいの課題をこなさなければならないらしいので、しっかり勉強できるようなシステムになっていますね。

カリキュラムの一部を簡単にご紹介しますね!

①Web Graphics- Adobe Photoshop/ WordPress 【60時間】

特に最初の「Web Graphics- Adobe Photoshop/ WordPress」のトピックスでは

  • WordPressの使い方
  • Webデザインなどでよく使われるPhotoshopというツールの使い方

といった分野も学習できるようです。

プログラミング言語には多少触れるようですが、がっつりプログラミングを学ぶほど重点をおいた学習はしないです。

【セリフ】かえで(ノーマル)
かえで

マーケティングなのにデザインのツールも学ぶの?

こちらは、コンテンツ制作などの際に、デザインツールなどの画像処理ソフトの基本スキルがあると便利だからとのことです!

③Search Engine Optimization (SEO) 【60時間】

例えば、私たちがネットで「カナダ おすすめレストラン」などと検索すると、「カナダのレストランランキング」「カナダのレストランの口コミ」といいった欲しい情報が出てきますよね?

それはSEC(検索エンジンクローラー)が、欲しい情報を探し出して、私たちに提供してくれています。

「より良いサイト」と評価されているサイトは、検索すると上の方に上がってきて多くの方に見られるようになっています。

  • SECによってサイトがどのように評価されているのか
  • 「より最適なサイト」とはどういうものか
  • この知識をWebサイトなどにどう生かしていくか

ということを学ぶのがこのトピックスです。

④Social Media Marketing 【60時間】

皆さんがよく使っているSNSをどうマーケティングに生かしていくかを学んでいきます。

今の時代、SNSは多くのお客さんを集める手段の一つになります。

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

こういったSNSだけでなくYouTubeやPodCastなども含めて、これらがどのようなツールで、どのように活用するできるかを学んでいきます。

⑤Web Analytics, Measurement, and Approach 【60時間】

ここでは、分析を行っていきます。

お客さんの傾向や行動が、マーケティングにおいてどのように影響するのかを徹底的に分析していきます。

そのために必要な分析方法や、視点を学んでいきますよ。

⑥Campaign Management 【120時間】

ここまでのカリキュラムを終えると、学生は「今のお客さんの傾向」を知ることができ、必要なキャンペーンや広告がどういうものか理解できるようになります。

ここでは、最適なキャンペーン方法や広告の選択を学んでいきます。

入学について

入学条件は以下のようになります。

  • 18歳以上の高校卒業レベル

かつ

  • TOEFL :PBT 550、CBT 213、IBT 79
  • IELTS:6.5
  • Cornerstone Placement Test でAdvanced以上

のいずれかを満たさなければなりません。

また、入学時期についてはこちらのCONERSTONEの公式ホームページに入学時期のカレンダーがあるので参考にしてください。

就職について

デジタルマーケティングに関連する職種への就職が望めます。

最初は「アシスタント」というポジションになることも多いようですが

  • デジタルマーケティング全般に関わるような仕事
  • SNSのアカウントを管理するような仕事
  • SNSを使ったマーケティングを担当する仕事

などの仕事が一般的なようです。

それに加えて

  • オンラインで発信するようなコンテンツの準備
  • デザインツールを使ってオンラインで使う素材の作成

など、通常の業務にプラス+αな業務を行うケースもあるようです。

TAMWOODの「Digital Marketing」コース

TAMWOOD(タムウッド)のデジタルマーケティングコースは

  • 「6か月間の学習+3週間の卒業制作」の27週間のcertificateコース
  • 「6か月間の学習+6か月間のCo-opプログラム」の1年間のDiplomaコース

の2つがあります。

カリキュラムについて

デジタルマーケティングをしっかり網羅することができるカリキュラムになっており、細かくトッピクスに分かれております。

  1. Introduction to Marketing【80時間】
  2. Digital Marketing Fundamentals【80時間】
  3. Marketing Channels—Paid Channels【80時間】
  4. Marketing Channels—Content is King【80時間】
  5. Strategic Web Design【80時間】
  6. Marketing Technology & Automation【80時間】

それでは、カリキュラムの一部を簡単にご紹介しますね!

③Marketing Channels—Paid Channels【80時間】

前にも少し触れましたが、チャネルとは「お客さんを集めるための媒体や経路」のことを指します。

そのチャネルについて勉強していくのがこのトピックスです。

④Marketing Channels—Content is King【80時間】

マーケティングには「Content is King」というスローガンがあります。

結局は、「提供するコンテンツそのものにこそ最も気を遣わなければならない」といったことを意味します。

その概念を学んでいくのがこのトピックスですね。

⑤Strategic Web Design【80時間】

こちらはWebデザインを実際にするわけではありません。

Webデザインの構想して、発注する側のイメージです。

例えば、商品を売る時にはたいていの場合「Webサイトが必要になる」と思います。

マーケティングの観点では、「多くの商品が効率よく売れるために」どの様なサイトを作ることが良いかも考えて発注する必要があります。

なので、発注する側に必要な知識としてデザインについて学んでいくイメージですね。

⑥Marketing Technology & Automation【80時間】

会社が行うマーケティング活動に、ITを取り入れることで、より効果的なビジネスを展開できるようになる仕組みについて学びます。

マーケティングにおいて、人だけの力では莫大な時間と人件費がかかってしまいますよね。

なので、一部を自動化することで、時間短縮やコスト削減、さらには効率良くお客さんを呼び込むことが出来る仕組みを学んでいきます。

入学について

入学条件は以下のようになります。

  • 18歳以上の高校卒業レベル

かつ

  • CEFR B2
  • IELTS 5.5
  • TOEFL iBT 46-59
  • Cambridge FCE (C)
  • TAMWOODのTestレベル5、またはEAP 193

のいずれかを満たさなければなりません。

就職について

生徒の英語力だけでなく経験によっても大きく幅がでます。

デジタルマーケティングなので、マーケティングでの初歩的な仕事から技術や知識のある方は込み入ったものまで幅が広くなるでしょう。

2つのカレッジの比較まとめ

カリキュラムなどのコース内容や、価格や就学期間など2つのカレッジを比較してみました。

2つのカレッジの比較
項目 CORNERSTONE

「Digital Marketing Specialist
Co-op Diploma」コース

TAMWOOD

「Digital Marketing」コース

デジタルマーケティングの知識+αなカリキュラム内容 デザインツールなどの画像処理ソフトやWordpressにも授業で触れる マーケターとしてデザインを発注する側に必要な知識として、「デザイン」学ぶカリキュラムがある
就学期間 「6か月間の学習+6か月間のCo-opプログラム」が付いた12か月間
  • 「6か月間の学習+3週間の卒業制作」の27週間のcertificateコース
  • 「6か月間の学習+6か月間のCo-opプログラム」の1年間のDiplomaコース
料金 9345$+教材費
  • Cretificateコース10540$
  • Diplomaコース11970$
入学条件(英語資格のみ記載)
  • IELTS:6.5
  • TOEFL :PBT 550、CBT 213、IBT 79
  • IELTS 5.5
  • TOEFL iBT 46-59
  • Cambridge FCE (C)

どちらのコースも、デジタルマーケティングの基礎はもちろんのこと

  • SEO
  • SNSマーケティング
  • メールマーケティング
  • キャンペーン
  • GoogleアナリティクスなどのWeb分析

などの学習は含まれています。

どちらのコースも、専門的で実践的な知識やスキルが身につくコースとなっています。

まとめ

今回はこちらのデジタルマーケティングが学べるカレッジとコースそれぞれまとめてみました。

それぞれの学校紹介のページはこちらになりますので合わせてご覧ください。

ぜひIT留学の学校選びの参考にしてみてください!

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!