カナダで働くために必要なビザとは?

日本で残業ばかりの日々を過ごし、「ブラック企業」と揶揄される会社に務めている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方の中には「海外で働いてみたい」という夢を持っている方も多いのではないでしょうか?

そのオススメの国として、人気の国としてまずあがってくるのがカナダです。

では、どのようにすれば、カナダで働くことができるのでしょうか?

カナダで働くためにはビザが必要

海外で仕事をするとなると英語が一番のハードルになると思われがちですが、実は一番の壁は「カナダで働けるビザ」の取得です(参考: カナダのビザについて)。

どんなに優秀な人でも、就労を許可する有効なビザがないと、外国人が、カナダで働くことはできません

外国人がカナダで働くためのビザにはいくつかの種類があるのですが、その中でも大きくわけると2つの種類のビザがあります。

  1. オープン就労ビザ(どの雇用主の元でも就労が可能)
  2. クローズド就労ビザ(許可された雇用主の元でのみ、就労が可能)

オープン就労ビザ(雇用主指定なし就労ビザ)

まずは、そのうちの「オープン就労ビザ」について紹介します。

こちらの4つが該当します。

  1. ワーキングホリデービザ
  2. ポスグラビザ
  3. 配偶者ビザ
  4. 学生ビザ

 ワーキングホリデービザ

ワーキングホリデーは、日本とカナダが、お互いの国の若者に相手の国を体験してもらうことを目的としたプログラムです。

申請の条件を満たしていて、定員がいっぱいになっていなければ、基本的に誰でも簡単に取得できます。

申請条件

  • 申請時の年齢が18歳以上、満31歳未満
  • 日本国籍を有すること
  • 初めての申請であること
  • 最低2,500ドルの資金
  • 滞在中の医療保険
  • 参加費226ドル
  • カナダ国内の仕事が内定していないこと
  • その他、移民局の入国最低条件が満たされている(健康で犯罪歴がないこと)

有効期間

1年間

ワーキングホリデービザについての詳細

ワーキングホリデービザについての詳細はこちらです。

 ポスグラビザ

Post-Graduation Work Permit(ポスグラビザ)は、カナダの大学・短大を卒業後に申請して取得するビザです。

カナダの学校卒業後、就学期間と同期間のオープン就労ビザが取得できます。

申請条件

  • フルタイムで8ヶ月以上の就学をし、卒業すること
  • カナダの公立大学または短大、もしくは50%以上の公的資金が入っている私立学校での就学
  • 卒業から90日以内に申請
  • 申請費用は$255

有効期間

8ヶ月から3年(就学期間と同期間で、上限3年間)

ポスグラビザについての詳細

ポスグラビザについての詳細はこちらです。

 学生ビザ

就労ビザだけではなく、学生ビザ(Study Permit)所有者も条件付きで働くことができます。

カナダの大学や専門学校、短大に通っている人はパートタイム(週20時間まで)で働くことができます

雇用主は限定されませんが、学校にフルタイムで通っていること(学生ビザの条件を維持すること)が、カナダで働く前提となります。

つまり、その学校を辞めたり、行かなくなると、学生ビザの条件を満たさなくなるので、働くこともできません。

申請条件

  • カナダの大学、短大、専門学校に6か月以上通うための入学許可証の発行を受けていること
  • 就学中の生活費をカバーする資産を持っていること(銀行の残高証明を使って証明します)
  • 費用 $150

有効期間

卒業した学校の通学期間と同じ期間

学生ビザについての詳細

学生ビザについての詳細はこちらです。

 配偶者ビザ

学生ビザ(Study Permit)を取得してフルタイムで大学や短大で就学している学生の配偶者、または就労ビザを取得(ワーホリビザを除く)している人の配偶屋はオープン就労ビザの申請が出来ます。
オープン就労ビザなので、LMIA(Labor Market Impact Assessment)の申請は必要ありませんし、雇用主が決まっている必要もありません。

申請条件

  • 配偶者がフルタイムで就学している
  • 配偶者の就学先が、カナダの公立大学または短大、もしくは50%以上の公的資金が入っている私立学校
  • 費用:$255

有効期間

配偶者の学生ビザの有効期間と同じ

クローズド就労ビザ(雇用主指定 就労ビザ)

そして、オープン就労ビザと対をなす、「クローズド就労ビザ」についてです。とはいっても、「就労ビザ」のみとなっています。

こちらは決まった職場、決まった雇い主のところでしか就労できません。

 就労ビザ

一時滞在から雇用主を見つけて取得する就労ビザです。

多くの人が「ワークビザ」と呼んでいるものは、これに当たるものです。

特別なプログラムを通さずに申請する方法で、雇用主の協力のもとに申請します。

「就労ビザ」として取得できるのは、クローズド就労ビザに限定されるので、他の雇用主のもとで働くことはできません。

また、雇用主はLMIA(Labour Market Impact Assessment)を申請し、外国人雇用の許可を得ている必要があります。

申請条件

  • 雇用主が決まっていて、フルタイムのオファーを受け取っている
  • 雇用主がLMIAを申請済みで、外国人雇用の許可を得ている
  • 雇用主 LMIA費用$1,000+就労ビザ申請費用$155

有効期間

最長3年。延長も可能ですが、延長の際には再度LMIAを申請する必要があります。

就労ビザについての詳細

カナダの就労ビザについての詳細はこちらをご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?就労ビザにたくさん種類があるだけでなく、学生ビザのように就労ビザなしでも働く方法があります。

ご自分の状況にあわせて最適な方法を模索してみてください。

注意:取得条件、申請条件は、申請ごとに異なります。最新の情報、詳細はカナダ留学コンパスにご相談ください。有資格の移民コンサルタントがお手伝いします。

無料相談をお願いする

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る