バンクーバーの電車・バス

今回はバンクーバーの交通、電車とバスの乗り方、そしてバンクーバー版のスイカの使い方をお伝えしていきます!
カナダに到着して語学学校へ、アルバイトを探しに、電車やバスを使う方も多いと思います。
ただ到着してすぐですと、電車やバスの乗り方ってわかりづらいですよね。
 
・どうやって電車に乗ったらいいの?
・どうやってバスにのったらいいの?
・どうやって切符を買ったらいいんでしょうか?

初めてのことだとやっぱり不安ですよね。
そこでこの記事を御覧いただいて、バンクーバーの電車、バスの乗り方をマスターしましょう!
そして電車やバスに乗るためのバンクーバー版のスイカのご説明も一緒にします。
スイカを使いこなしていれば、バンクーバーの版のスイカもとっても簡単に使えるのでサクサクっと読んでみてください!
 

バンクーバーの電車とバス、とついでにフェリー

バンクーバーの主な公共交通機関は電車とバスとフェリーです。
その中でも多用するのが電車とバスだと思います。

なんと無人のスカイトレイン


バンクーバーにはスカイトレインという電車が走っています。
ダウンタウンから空港やリッチモンド方面へ行くスカイトレインと、バーナビー方面やサーレー方面へ行くスカイトレインがあります。
このスカイトレインは5分~10分に1本ほど走っている、日本で言う「ゆりかもめ」みたいな電車です。
スカイトレインはなんと無人で動いているのです。

日本の電車のように満員電車になったりするの??

スカイトレインはダウンタウンまで行ける電車なので、郊外に住んでいる方はよく利用をします。
しかし、朝のラッシュ時は少し乗客も多いですが、日本の電車のようにギュウギュウってことはほとんどありません!
安心してくださいね。
ただリュックなどは後ろに背負っていると中の物を盗られちゃうかも。。
できれば前に抱えて乗っていたほうが安全です!

スカイトレインの乗り方講座


スカイトレインに乗るためには、日本と同じように駅に行き、ホームで電車を待って乗ります。
降りるときも目的地の駅で降ります。
ここは日本とまったく変わらないので大丈夫ですよね!
改札への入り方と出方は後ほどご説明します!

とっても便利なバンクーバーのバス


バスはとにかくたくさん走っています。
さらに大きな道はバスが通っているので家から最寄りのバス停まですぐ!ということが多いです。
バンクーバーに行ったら間違いなくバスは使用することになるので、ぜひ乗り方は覚えておいてくださいね!

日本のバスの運賃のおつりって気にならない?

日本でバスに乗る時に何が嫌って、おつりなくちょうど運賃を支払わなければいけないときですよね。
大きいお札しか持っていなくて後ろの人を待たせてしまったりなんて経験ありませんか?
またスイカにお金が入っていなくてチャージしないといけないなんてこともありますよね。
しかし!バンクーバーのバスはなんと、スカイトレインの定期もバスの定期も同じなので、一緒の定期でオッケー!
詳しいお話は後ほどしますが、スカイトレインに乗る定期券でバスも乗れてしまうため、お金を払う必要がありません。
なので、おつりやチャージの心配もなく、安心して乗車できますよ!

ボタンじゃなくて紐?


日本のバスは降りるときに知らせるのはボタンを押してブザーを鳴らしますよね。
ピンポーン、次、停まります。みたいなアナウンスも流れたりします。
しかし、バンクーバーのバスはとっても簡素。
黄色い紐があるので、それを引っ張ります。
それだけです。
引っ張ると、ブーという音だけ鳴って運転手さんが停まってくれます。
最初は戸惑うかもしれませんが、すぐに慣れますよ!

バスの乗り方講座

バスも日本と基本的には同じです。
バス停に並んでいれば、バスが来たら停まってくれます。
ただし、同じバス停から複数の路線が走っていることも多々あります。
ですので自分が行きたい場所へ行けないなんてこともあったりしますので、気をつけてくださいね。
自分が乗るバスの番号をあらかじめチェックしておき、バスの正面の上にある電光掲示板で確認しましょう!

 
バスに乗ったら運転手さんに挨拶するのが良いですね!
席があいていれば座ってもいいですし、立ったまま乗っても大丈夫です。
 
降りるときには紐を引いて、降りることを運転手さんに伝えましょう。
バス停に停まってドアが開くのでそのまま降ります。
降り際にサンキューと声をかけられれば、立派なバンクーバーの住人です!

バンクーバーにはフェリーも乗れちゃう!


電車とバスが主な公共交通機関ですが、その他にフェリーもあります。
フェリーはダウンタウンからノースバンクーバーに行くときに使うので、グラウスマウンテンやキャピラノブリッジに行くときに使うかもしれません。
乗車時間は15分ほどですが、眺めもいいので、ぜひ使ってみてくださいね。
フェリーにもスカイトレインやバスと同じ定期券で乗れるので、定期を持っていればお金はかかりません!
だからって何度も往復はしないでくださいね!
酔っちゃうかもしれません。
 

バンクーバー版スイカ、使い方と料金、そして購入方法を伝授!


スカイトレインやバスの乗り方がわかったとろこで、乗るためのチケットのことについて理解しましょう。
今回は日本で言うスイカ、バンクーバーの「コンパス」についてお話をしていきますね!

ゾーンの仕組みを理解しよう!!


コンパスを買うにあたり、最低限の知識として、バンクーバーの交通機関のゾーンについて知っておきましょう。
ゾーンというのは、交通料金を決めるエリアだと思ってください。
ゾーンは全部で3つ、1ゾーン、2ゾーン、3ゾーンまであります。
 
それぞれのゾーンの中だけでの移動であれば、1ゾーンの料金だけで支払えば、90分間スカイトレインもバスも乗り放題です。
1ゾーンから2ゾーンへ、2ゾーンから1ゾーンへ、2ゾーンから3ゾーンへとゾーンをまたぐ場合には、2ゾーンの料金を支払う必要があります。
また1ゾーンから3ゾーンへと一気に移動する場合には、3ゾーンの料金となります。
まずはこの料金体系を覚えておきましょう!

あなたは何ゾーンの料金を支払う?

ゾーンのことは理解ができましたでしょうか?
バンクーバーはこのゾーンによって、運賃が異なります。
またコンパスの月々の定期代の料金も異なります。
日本のように、駅から駅まででいくら、というようにはなっておらず、バンクーバーの場合は、乗る駅があるゾーンと、降りる駅があるゾーンによって料金が決まります。
ですので同じゾーン内なら1駅乗ろうが5駅乗ろうが料金は一緒で、ゾーンをまたぐと料金が変わるという仕組みですね。
そうなると気になるのがあなたはいったい何ゾーンの料金を支払わなければならないか?ということですね。
ゾーンは下記の地図で確認することができます。

白色の部分は1ゾーン、薄いグレーの部分は2ゾーン、濃いグレーの部分は3ゾーンとなります。
ゾーンを隔てる駅名が書いてあるので、その駅を超えてゾーンをまたぐときには2ゾーンの運賃を支払いましょう。
 
ただし!!
バスはどの場所で乗っても、バスだけの移動であれば1ゾーンの料金です。
3ゾーンから1ゾーンにバスで行く場合は、スカイトレインですと3ゾーンの料金を支払わなければなりませんが、バスだけでの移動であれば1ゾーンの料金で問題ありません!
ただし、ものすごく時間がかかると思いますが。。。
その他にも、平日の18時30分以降にスカイトレインに乗車した場合、土日祝日の終日は、どこからどこに移動しても1ゾーンの料金だけの支払いとなります。
なんて優しいバンクーバーの交通機関!
少し話がずれてしまいましたが、あなたが今住んでいる場所、そして最寄りのスカイトレインの駅がわかれば、購入するコンパスの料金がわかります!
 

あなたの最寄りのスカイトレインの駅名

1ゾーン

  • ウォータフロント
  • バラード
  • グランビル
  • スタジアムチャイナタウン
  • メインストリート
  • コマーシャルブロードウェイ
  • ナナイモ
  • 29th
  • ジョイス
  • ブイシーシークラーク
  • レンフュー
  • ルパート
  • イェールタウンランドハウス
  • オリンピックビレッジ
  • ブロードウェイシティホール
  • キングエドワード
  • オークリッジ41stアベニュー
  • ランガラ
  • マリンドライブ

 
2ゾーン

  • パターソン
  • メトロタウン
  • ロイヤルオーク
  • エドモンズ
  • 22ndストリート
  • ニューウエスト
  • コロンビア
  • サパートン
  • ブレイド
  • ラフィードタウンセンター
  • プロダクションウェイユニバーシティー
  • ギルモア
  • ブレントウッドタウンセンター
  • ホルドム
  • スパーリングバーナビーレイク
  • レイクシティウェイ
  • ブリッジポート
  • テンプルトン
  • シーアイランドセンター
  • YVRエアポート
  • アバディーン
  • ランスダウン
  • リッチモンド

 
3ゾーン

  • スコットロード
  • ゲートウェイ
  • サーレーセントラル
  • キングジョージ
  • バーキトラム
  • インレットセンター
  • コキットラムセントラル
  • ラフェレージレイクダグラス

 
ご自身のゾーン内だけでの移動であれば1ゾーンのコンパスを購入しましょう。
2ゾーンから1ゾーンや3ゾーンへ、ゾーンをまたぐ場合には2ゾーンのコンパスを購入しましょう。
3ゾーンから1ゾーンへ移動するには3ゾーンのコンパスが必要です。
あなたは何ゾーンのコンパスを購入するかわかりましたか?

コンパスでできることって何?


さあいよいよコンパスの使い方を説明していきます。
機能は日本のスイカとほとんど同じで、主な機能は2つあります。
1.定期券として使用
2.チャージして追加料金の支払いとして使用
 
1.定期券として使用
これは日本のスイカとまったく同じです。
先程説明したゾーンのコンパスを購入していただくと、そのゾーンの料金はすべて定期が使えます。
購入するときにゾーン指定をするので、先程ご覧いただいたご自身のゾーンを選んでください。
 
2.チャージして追加料金の支払いとして使用
これも日本のスイカと同様、チャージをしておけば、追加料金分を精算しなくても乗ることができます。
機能としては日本のスイカと同じですね。
そんなに難しくなさそうですね!
 

どうやって使うの??


これも日本のスイカと同じです!
タッチアンドゴー!というフレーズが流行りましたが、バンクーバーでも同じです!
乗るときも降りるときも、専用の機械にコンパスをタッチするだけ!
 
定期の範囲内であれば、そのまま降りれますし、範囲外であれば、チャージしている金額から運賃が引かれます。

スカイトレインに乗るときは駅からホームに行く途中に、改札があるのでそこでタップイン!
降りるときもホームから出口の途中に改札があるので、タップアウト!
日本の電車と同じですね!!
 
バスの場合はちょっとだけ注意が必要!!
バスは乗るときに、バスの入り口に機械が取り付けてあるので、そこへタップイン!
これはスカイトレインと同じですね。
ただ、降りるときは、タップアウトしません!
バスはずっと1ゾーンなので、タップアウトの必要がないんですね。
 
使い方はわかりましたか?
スイカと同じなのですぐに使えそうですね!!

コンパスってどこで買うの??


コンパスの使い方もわかったかと思いますので、あとは購入するだけですね!!
日本のスイカは駅に行かないと買えませんよね。
ただ、バンクーバーのコンパスは駅はもちろん、駅じゃない場所でも購入ができちゃいます。
ロンドンドラッグというドラッグストアにある機械でも買えるので、近くにお店がある方はそちらで購入しましょう!
購入は自動販売機があるので、そこで購入してみてください。
もちろん駅にも自動販売機があるので駅でも買えます!

機械の扱いが不安。。どうやって買ったらいい??


いくら英語を話さないとはいえ、英語で購入となるとちょっと不安ですよね。。
しかし安心してください!
なんと日本語で購入することができるようになっています。

 
さすがカナダ、日本語でも購入できるので、スムーズに購入することができると思いますよ!
購入の流れは以下のとおりです。
Monthly Passの購入方法
トップ画面

下にある言語のチョイスで日本語を選択

初めて購入する方はトップ画面のNew Compass Cardを選択

Monthly Passを選択

続いて購入するゾーンを選択します(先程の説明を参照してくださいね)

支払い(デポジット$6が上乗せされて支払い額を請求されます)

現金かクレジットカードで支払います ※$50や$100のお札は使えません。$20札をたくさん持っていきましょう!

購入が終われば、下からコンパスカードを取り出して完了です!
 
いかがでしたでしょうか?
バンクーバーに到着したら必ず使う公共交通機関。
乗り方がわからないとやっぱり不安ですよね。
こうやって情報を見ておくだけでも、現地での安心感は全然違います!
知識をつけたらあとはやってみる!!
頑張ってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る