「短期留学」で英語力をアップさせる方法

Short term English

学生の場合は夏休みなどを使って、社会人の場合は有給消化や転職の合間を使って「短期留学」を計画する方がいます。

今回は短期留学で最大限に英語力を上げるための方法を解説します。

1か月程度の短期留学では、英語力アップの目的を達成するために時間を最大限に有効に使わないともったいないです。

留学中だけでなく、留学前、留学後の時間も有効活用できるようにしましょう。

1ヶ月程度の留学では英語力はあまり伸びない?

いきなりスパルタな感じの見出しですみません(笑)。

ですが、覚えておいていただきたいのは、1か月程度の短期留学では、英語力のベース(基礎)はそんなに伸びないということです。

短期留学を「試合」だと思え!

基礎の勉強(スポーツで言う「練習」)を日本でいっぱいやって来て、カナダ留学はその成果を「実践」で確かめる試合の場だと位置づけましょう。

「えー?! そんな……」と思われたかもしれませんが、スポーツでも「練習」と「試合」は全く別ものです。

両方がないとスキルは向上しませんから。

【重要】カナダに留学するだけでは英語は上達しない

そして、もう1つ覚えておいてほしいことがあります。

それは、カナダに「留学するだけ」では英語は上達しないということ。カナダで英語を勉強するから上達するのです。

「せっかくカナダに行くんだから、英語の勉強はカナダに行ってから♪」と考える人もいると思いますが、ご注意ください。

日本で勉強しない人は、カナダでも勉強しないかも知れませんよ。

試合に出場する(英語社会の中で実践する)ために来たのに、試合に出ないのでは意味がありませんからね。

それでは、次の項目からは短期留学で具体的に英語力をUPさせる方法をまとめています。

短期留学で具体的に英語力をUPさせる方法

では、時間の限られた1ヶ月程度の短期留学英語力をUPさせる方法ですが、簡単にまとめるとこちらです。

毎日の生活で出来るだけ英語をつかう

この一言に尽きます。

その具体的な方法はこちらです。

短期留学で英語力UPする方法

  1. 学校のアクティビィティに参加する
  2. 趣味の活動を英語でやってみる
  3. 食事、買い物は対面式のお店で
  4. 普段しないことにも敢えてチャレンジ

では、1つ1つを見ていきましょう。

 学校のアクティビィティに参加する

英語をたくさん使うため、学校の放課後のアクティビティに積極的に参加しましょう。

語学学校(ESL)では、学生向けに様々なアクティビティが行われています。

無料で参加できるものや、有料であっても割引料金で参加できるものもあるので、積極的に参加しましょう。

 趣味の活動を英語でやってみる

あとおすすめなのが、日本で自分がやっている趣味の活動をカナダでやってみることです。

スポーツ、ダンス、音楽など、普段日本で自分がやっていることを、カナダで英語でやってみるのはとても新鮮な体験です。

カナダ留学コンパスにご相談くだされば、カナダ短期留学中に参加可能な教室などもご案内しますよ♪

 食事・買い物は対面式のお店で

学校のお昼休みにランチを食べる時にも、コンビニやスーパーのような、黙って商品を差し出せばよいお店ではなくて、対面式で自分の希望を細かくオーダーできるお店を選んでみましょう。

例えば、「サブウェイ」などのサンドイッチ店で買い物をする時は、下記のようなオーダーを細かく指定できます。

  • パンの種類
  • パンをトーストするか
  • 何の野菜を入れるか
  • ソースを何にするか

最初は緊張しますが、一回注文すると慣れます!

ぜひ、色々な種類のお店で、自分の思った通りの注文ができるようにしましょう。

 普段しないことにも敢えてチャレンジ

カナダ短期留学は勉強であると同時に旅行でもあります。

「旅先の恥はかき捨て」じゃないですが、失敗してもいいので、色々なことにチャレンジしてみましょう。

そこでおすすめなのが、美容院に行ってみることです。

滞在が1か月未満だと、美容院に行く必要はないですが、敢えて行ってみると貴重な体験ができますよ。

バンクーバーには日本語の通じる美容院がたくさんありますし、日本人以外が経営している「日本風」美容院もたくさんあります。

成功しても失敗しても、貴重な経験にも、話のタネにもなりますよ。

短期留学からの帰国後

最後に注意が必要なのは、「短期間で身につけた知識は、同じくらいの期間で忘れてしまう」ということです。

留学中に勉強を頑張ることはもちろん、日本に帰った後も肝心です。

どのように英語力をキープし、どのように英語力を高めていけるかをよく考えて、それを実践できるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

あまり肩に力を入れ過ぎると疲れてしまいますが、英語を出来るだけたくさん使うように意識するのは、英語力のアップには大切なことです。

例えば1時間の時間があったら、誰かとずっと英語を話していても、家で一人でスマホをいじっていても、同じ1時間が過ぎます。

とにかく、留学期間はできるだけたくさん英語が使えるように、どん欲に英語を使う機会を探してください。

Short term English

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る