お買い物(衣類・ファッション)

バンクーバーでは様々なブランドの衣類が販売されていて、日本でもなじみのあるものもけっこう多いです。

ここでは、衣類、ファッションを低価格帯で買えるカナダのお店と、カナダオリジナルブランドについて紹介します。

お買い求め安いカナダの衣類ブランド

カナダで生活していくに当たって、たとえそれが一年未満の生活だとしても衣類を買うことは必須ですよね。

そしてもちろん、安く買えるに越したことはありません(笑)。

でもどんなファッションブランドなら安く買えるの?」と思ったときに覚えてほしいブランドがこちらです。

 H&M (エッチ・アンド・エム)

まずは、いろんなショッピングモールで必ず見かけるお店の1つである「H&M (エッチ・アンド・エム)」です。

H & M

「H&M」は、スウェーデンのアパレルブランドで、ファストファッション系でシンプルでありながら、機能的な北欧美あふれるデザインをそろえています。

価格も非常にお手頃価格です。

バンクーバーのダウンタウンにあるパシフィックセンター内とメトロタウン内に「旗艦(きかん)店」というべく2フロアからなる広めな店舗があります。

郊外のショッピングモールにも展開されており、メトロバンクーバー内では、合計9店舗もありますよ。

H&Mさん(@hm)がシェアした投稿

 Forever 21 (フォーエバー・トゥエンティワン)

米国ロサンゼルス発のファッションブランド「Forever21(フォーエバー・トェンティワン)」。

Forever 21

「Forever21」は、若者系をメインとしたデザインの種類を様々そろえています。

価格も抑え気味でかなり購入しやすく、人気です。

ダウタウンのロブソンストリートに旗艦店があり、他にもメトロタウン、郊外のショッピングモールにもあります。

forever21さん(@forever21)がシェアした投稿

 Joe Fresh (ジョー・フレッシュ)

Joe Fresh (ジョー・フレッシュ)」はカナディアンブランドです。

スーパーマーケットの大手、「Real Canadian Superstore(リアル・カナディアン・スーパーストアー)」が展開するファッションブランドです。

ほとんどのJoe Freshの店舗は、そのスーパーストアの一部に設置されており、非常に低価格で提供されております。

商品類もシンプルで生活着系のものが多いですが、意外と外出着に使えるような明るい色彩のスタイリッシュなのもそろえております。

近年、繁華街の中に、独立した店舗を展開しており、ペンダーストリート近くにグランビルストリート上に専門店があります。他のブランドと比べると、最もお求めやすいかも。

Joe Freshさん(@joefresh)がシェアした投稿

 Old Navy (オールド・ネービー)

カリフォルニア発の、「GAP(ギャップ)」傘下のファッションブランドです。

Old Navy

日本でも50店舗以上展開されたこともあり、キッズ、10代の若者が好みそうなデザインと商品群がそろっています。

価格も、非常に若い世代をターゲットにしているため、GAPグループの中でも低価格で押さえられています。

GAP自体の経営悪化のため、店舗数が少なくなりましたが、まだグランビルストリートとロブソンストリートの角のビルに2フロアからなる広めのストアがあり、いっぱい商品が並べられています。

他の店舗は、キッズ系商品が多いですよ。

また、親ブランドの「GAP」もそうですが、同じ傘下の「Banana Republic」ともども、各種割引クーポンをウェブサイトで発行していることが再々あります。

もし、ショッピングに向かわれるのであれば、一度ウェブサイトを確認して、割引クーポンをゲットしてからいきましょう。

oldnavyさん(@oldnavy)がシェアした投稿

 ZARA(ザラ)

日本でも展開している人気ブランドの一つ「ZARA(ザラ)」。

ZARA

スペインのアパレルメーカー「インディテックス」がヨーロッパ、北米を中心に展開しております。

ブランドの字体から現れているとおり、クールな感じですこし大人向けなデザインの衣類を取りそろえています。

他のブランドより少し高めの値段設定ですが、まだお求めやすい方ですね。

さらに、同じ商品でも、日本の値段と比べて、全体的に20%くらい安めの価格帯です。

日本でのZARAファンの方は、こちらカナダで取りそろえるのもおすすめです。

サーローストリート近くのロブソンストリート沿いに高級ブランドショップが並ぶ中に旗艦店があります。あと、メトロタウン(バーナビー)、パークロイヤル(ウェストバンクーバー)に展開中です。

ZARA Officialさん(@zara)がシェアした投稿

 MUJI (無印)

日本でもおなじみの「無印良品(MUJI)」です。

MUJI

2017年夏にメトロタウンにオープンして、アジア系の人たちに非常に人気です。

ロブソンストリート沿いにも北米最大のストアがオープンしました。

衣類もそうですが、雑貨類が日本の商品がほぼそのまま入っています(家具、家電、食品の一部は未販売です)。

日本と比べると値段は一回りほど高くなっておりますが、衣類関連に関しては、カナダのファッションブランド中では、ギリギリ低価格層ですね。

文房具、雑貨、家具、食品はカナダの市場からしても少し高め設定です。

MUJI Canadaさん(@mujicanada)がシェアした投稿

 UNIQLO (ユニクロ)

日本人ならほとんどの人が購入したことがあるのでは?と思われる有名なブランド「UNIQLO(ユニクロ)」。

UNIQLO

カナダでは、トロントに展開されていますが、ついにバンクーバーにもオープンされました。

バーナビーにあるバンクーバー最大のショッピングモールの一角の2フロアをふんだんに使っています。

値段は日本より一回り高めですが、質感、デザイン等で比べると、カナダの中堅ファッションブランドに勝るとも劣りません。

もちろん、待望のヒーテック商品もそろえていますよ。バンクーバーでオープンしたときには、日本人界隈で一番の注目話題の一つとなりました(笑)。

UNIQLO Canadaさん(@uniqlocanada)がシェアした投稿

カナダ初のファッションブランド

街で見かけるヨーロッパ、アメリカ発のファッションブランドがほとんどですが、もちろん、カナダ発のファッションブランドもいくつもあります。

大自然と北国のイメージ通り、アウトドア系、防寒具系が多いですが、中にはヨガブームに乗って大きくなった「Lululemon(ルルレモン)」をはじめ、夏でも、お出かけ着としても、十分素敵なブランド商品がいっぱいあります。

ここでは、特に有名なブランドを中心にご紹介しますね。

 Roots(ルーツ)

カナダと言えば、このブランド「Roots(ルーツ)」を思いつく人が多いのではないでしょうか?

ビーバーのマークがトレードマークで、赤と白地系のデザインがブランドイメージカラーをもつ「Roots」。

一時期は、カナダオリンピックチームの公式ウェアにも採用されたほどです。

もともとは革製品メインのお店だったので、革靴、ベルト、鞄などの革製品も充実しています。

カナダ国内あちらこちらの観光地、空港に商品が置かれていますが、やっぱりRoots直営店でご購入されることをお勧めします。

直営店の衣類の種類も、アクセアリー類も、バッグ等も取りそろえが豊富で、デザインもお土産に置かれているのと比べると、若干感じが違い直営店での商品の方が洗練されている感があります。

ロブソンとバラードストリートの角に旗艦店があり、国内の有数のショッピングモールにはほぼ確実に直営店があります。

Roots Canadaさん(@rootscanada)がシェアした投稿

 Arc’teryx(アークテリックス)

バンクーバー発祥のブランドの一つの「Arc’teryx (アークテリックス)」は、世界中のアウトドア愛好家に好まれています。

防寒ジャケットのみならず、登山服、インナー、帽子、手袋、バッグ、シューズなどと幅広いのが特徴ですね。

デザインもスタイリッシュで、ゴアテックなど非常に耐久性のある素材をふんだんに使い、業界随一の高品質商品を提供しています。

もちろん、お値段も非常に高めですが、一生涯保証とアフターサービスがしっかりしています。

最近は、日本でも公式ショップが展開されていますが、カナダ値段に比べて、一回り高い設定ですので、カナダ滞在中にそろえるブランドとしてオススメです。

もちろん、カナダで購入した商品でも日本の公式ストアでもケアをしてくれます

また、「Villance」というアーバンスタイルデザインで洗練された商品が展開されており、並行輸入系のルートからみても、いまだ日本へ未上陸のブランドです。

ぜひ、Arcteryxファンはチェックしてみてください。

それらの高品質のArcteryx商品のほとんどを購入できる店が、キツラノとロブソン近くのバラードストリートにあります。

ノースバンクーバーの本社工場にはアウトレットが

ちなみに、ノースバンクーバーにあるアークテリックスの本社工場には、訳あり商品をばかりをそろえたファクトリーアウトレット店「Arc’teryx Factory Store」があります。

市場価格と比べて、3割か4割引きくらいの値段で販売されているんです!

ただ、サイズがぴったりの商品が見つかりにくいのが現状ですが、そのアウトレット店で、年に数回の週末に、ビッグセールスが行われます。

その時は大量の訳あり商品が放出されるので、ほしいサイズに巡りあえる確率が高くなりますよ。

ただ、初日は真夜中から並ぶほど大混雑しておりますのでご注意を……。

Arc’teryxさん(@arcteryx)がシェアした投稿

隠れブランド「Arc’teryx LEAF」

それくらい人気で高品質の商品を展開する「Arcteryx」ですが、「Arc’teryx LEAF」という隠れブランドがあります。

直営店でも本社ファクトリーアウトレットでも、販売されていない商品があるんです。

これは、警察や軍隊用に設計された超高品質で耐久性のある商品シリーズです。

他のシリーズと比べて、非常に地味な色彩もしくは迷彩使用で、デザインもシンプルですが、耐久性と品質は、他のシリーズとは格段にこだわって製造されている商品ばかり。

これらは、軍や警察へ直売もしくは、一部のミリタリーショップでしか一般販売されていません

バンクーバーでは、ニューウェストミンスターにある「DS Tactical」で取り扱われています。

プロ登山家などに向けた「Arc’teryx Professional」も

これら以外にも、「Arc’teryx Professional」というブランドもあります。

このブランドでは、パステルカラーベース素材のまま、通常の商品よりさらに耐久性を高めて生産されています。

対象は本当にプロの登山家、山岳救助隊、調査隊などで、正規に認められている機関の人にしか販売されておらず一般販売はされていません。

 Canada Goose(カナダグース)

カナダ・トロント発の防寒着をメインとした品揃えの「CANADA GOOSE(カナダグース)」。

極寒地で生活する人々や、南極探検隊や登山隊に提供しているだけの有名ブランドだけあって、防寒性はしっかりしています

ここ数年、ハリウッドセレブが着こなしているところから、日本を含むアジア系の人々に大流行しました。

カナダでは、60年の老舗ファッションブランドの一つで、創業以来、「Made In Canada」にこだわって、高品質で耐久性のある商品を作り続けています。

日本では、有名アパレルショップが販売し始め、一部の芸能人に愛用され始めた頃から、人気が急上昇しました。

ここ最近は、日本での公式オンラインショップがオープンし、入手しやすくなってきました。

……ですが、それでも、カナダでの販売価格と比べて1.3倍近く高額商品で、また、カナダでは日本にはないデザインモデルが存在します。

生涯保証とアフターケアも充実した商品ですが、直営実店舗は、バンクーバーにも存在しません。

「Holt Renfew」という高級デパートもしくは有名スポーツショップで、一部の商品が販売されているので、購入となるとオンラインショップがチェックされるのがおすすめです。

Canada Gooseさん(@canadagoose)がシェアした投稿

ちなみに、カナダグースダウンジャケット中の素材ですが、現在は「カナダグース(カナダ雁)」ではなく、家鴨(White Duck)の羽が使われています。

もし、本当のカナダ雁の羽が使用されていると、ワシントン条約に沿ってカナダから持ち出し禁止となる可能性が高いです(カナダ雁のとある一種がワシントン条約の保護動物リストに掲載されているので)。

ともあれ、すべてが5万円を軽く超える高額商品ですが、一生使える製品です。ぜひ、このカナダに滞在中にご購入を考慮してもよいでしょう。

 Hudson’s Bay Company (ハドソンズ・ベイ・カンパニー)

「Hudson’s Bay Company (ハドソンズ・ベイ・カンパニー)」は、北米で一番古い会社と言われており、老舗のデパートです。

オリジナルブランドでカラフルなストライプ基調のデザインの衣類を販売しております。

最近は、カナダオリンピックの正式ユニフォームに選ばれております。

Rootsと同じように、カナダ国内のどこのお土産屋さんにも商品がありますが、おすすめはやはり直営店舗で購入です。

ウール製品のほとんどがスコットランド製で、上質な仕上がりのものがオススメです。

日本の家族にお土産で持って帰ったところ、大変好評でしたよ♪

公式オンラインショップにも、様々な商品を販売しており、また再々セールスをしており、セレクトされた高品質の商品が3、4割引になっていることが多いです。

Hudson’s Bayさん(@hudsonsbay)がシェアした投稿

 Herschel Supply Co.(ハーシェル・サプライ)

そして、バンクーバー発バッグブランドの「Herschel Supply Co.(ハーシェル・サプライ)」です。

カジュアルかつクラシカルで飽きのこないデザイン、細かいところまで工夫された本格的な機能性、日常から登山まで幅広く使用されています。

バンクーバー市内では、ティーンから20代の若者が持ち歩いている姿をよく見かけますよ。

また、ここ数年、全世界にこのブランド名が広がり人気を集め、日本でもファンが増えています

Herschel Supply Coさん(@herschelsupply)がシェアした投稿

 SOREL(ソレル)

オンタリオ州発の、シロクマをトレードマークとした、スノーフットウェアブランド「SOREL (ソレル)」です。

あらゆる冬の場面で、温かく、ドライで、快適な履き心地をモットーに50年以上靴を提供しています。

ブーツでもゴツゴツしておらず、柔らかいデザインで女性の冬ブーツの定番として幅広く知られています。

日本でも、公式ウェブサイトもオープンしており、人気を集めています。

SORELさん(@sorelfootwear)がシェアした投稿

 Lululemon (ルルレモン)

バンクーバー発のヨガウェアブランド「Lululemon (ルルレモン)」です。

lululemon

Lululemonは、2,000年前後から起こった北米ヨガブームに乗って急成長したブランドなんです。

日本も一時期直営店が展開されていたほど(現在は日本には代理店が数店あるだけですが)。

ある時期は、ヨガをしていなくても、バンクーバーのティーンのほとんどがLululemonのパーカーを着ておりました。今も、ヨガをしていなくても愛用者は多いですよ。

商品価格帯は高めですが、パステルカラーベースのシンプルなデザイン、高い品質とアフターサービスが非常に定評があります。

バンクーバーにはロブソンストリートとバラードストリートの角に旗艦店があって、そのほかのモールの中にも直営店を設けて販売されています。

lululemonさん(@lululemon)がシェアした投稿

 Aritzia(アリッツア)

バンクーバー発のアパレル・アクセアリーブランド「Aritzia(アリッツア)」です。

地元の女性に大人気で、デザインとクオリティの高さ、手ごろな価格帯製品が魅力ですね。

カナダだけでなくアメリカでも人気が高く、日本でも口コミで徐々にファンを集めています。

主要ショッピングモールにはほぼ必ず店舗が見受けられ、バンクーバーではサーローストリートとロブソンストリートの角に大きなストアが設けられています。

店舗は一見、様々なブランドの揃えたセレクトショップかのように見えますが、実はすべてアリッツアオリジナル商品でそろえられています。

ここが、このアリッツアの面白いところでもありますね!

Aritziaさん(@aritzia)がシェアした投稿

また、年に一度だけ「Warehouse Sale」として特設会場が設けられ、50%~90%と大幅割引で販売されています。開催前の夜中から行列が出たりするほどの人気です。

 Kit & Ace(キット・アンド・エース)

Lululemonの創業者が立ち上げたバンクーバー発のカシミアウェアブランド「Kit & Ace (キット・アンド・エース)」。

Lululemonの経験が活かされているのか、動きを美しく見せる機能美が非常に洗練されたデザインの商品が多いです。

また、糸から自社開発された「テクニカルカシミア (TM)」は、カシミアの独特の究極の肌触りとドレープ感、さらに軽さを実現させています。さらに洗濯機で洗えるのもすごいところ!

そんな高機能、スタイリッシュなウェアは世界中に好評で、日本をはじめ、公式オンラインショップを設けて、世界中に向けても販売されています。

ですが、実店舗はカナダ国内9店舗のみ。バンクーバーには2店舗あります。

世界中のコアなファンをもつ、ユニークな商品「Kit & Ace」に、ぜひバンクーバー滞在時に行ってみてください。

 MEC(メック)

MEC(メック)」の正式名称は、「Mountain Equipment Coop (マウンテン・エクイプメント・コープ)」です。

ノースバンクーバー発祥のアウトドア・スポーツ用品総合「会員制」販売店です。

スポーツウェア、防寒着、シューズ、バッグのみならず、キャンピング用品、自転車、登山具、カヤックまで、アウトドアに関することなら何でもそろいます

MECは、オリジナルブランド製品を増やしており、ゴアテックが使用された高品質ジャケットが、ほかのブランド品と比べて一回りも安く売られていることにも注目です。

デザインも、年々洗練されてきており、MEC商品自体が、高品質ブランド化してきております。でも、他の高品質有名ブランドと比べたら安いですが、低価格ブランドと比べると高いです。

日本でも、口コミで評判を得て、並行輸入で売られています。

Coop(組合)と名乗っていますので、購入の際には一度会員になる必要があります

とは言っても、登録時に$5を払うだけで永久会員になりますのでご心配なく! 総合的に見てもお得ですよ。

店舗は様々なアウトドア用品も売っているので、大型スーパーマーケット並みの広さを持っております。

ウィンドウショッピングするだけで、数時間はかかります(笑)。大自然の国カナダならではのショップですので、ぜひ一度見に行ってみてください。

バンクーバーでは、すこしダウンタウンから離れますが、キャンビー近くのブロードウェイ上にあります(正確には、コロンビアストリートとマニトバストリートの間のブロードウェイ上です)。

あと、UBC内とノースバンクーバーにも店舗があります!

Mountain Equipment Co-opさん(@mec)がシェアした投稿

まとめ

カナダで有名ないろんなファッションブランドを紹介いたしましたが、いかがでしたか?

せっかくカナダに来られるのなら、ぜひファッションも楽しんでください。

あと、クレジットカードは必ず持っておきたいアイテムの1つです! 楽天カードは使っている人も多く、ネットショップ「楽天市場」で使えるポイントもたまりやすいのでおすすめですよ。

ちなみに、カードを申請する際には「VISA」カードブランドをオススメです。クレジットカードの使えるカナダのお店ではほぼ100%使えるので。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る