「日本人のいない学校」に留学することが留学成功の秘訣なの?

以前の記事で「バンクーバーには日本人が多いのか?」という疑問にお答えしました。

今回は……

日本人がいない = 留学には最適

この考えは合っているの?!ということについてです。

日本人が周りにいると英語の勉強ができない?

留学を考えている方のほとんどが、こんなふうに考えているのではないでしょうか?

「日本人が少ない学校のほうがいい、だってカナダに来てまで日本語を使いたくないから!」

そして、「日本人の少ない学校」をご希望されます。

でも、これって本当に良い選択なのでしょうか?

日常で赤の他人と会話する機会はない

日本で現在お住まいの留学希望者の方にお伺いします。

仮に東京に在住として、毎日通学に電車を使っているとしましょう。

すれ違う人の数は数百人いると思いますし、そのほとんどは日本人ですよね?

ではその中で、まったく見ず知らずの人と話をする機会はどのくらいありますか?

ご両親、兄弟、恋人、友達、先生以外の日本人と毎日どの位会話をしていますか?

おそらくいつも決まった人たちと話をすることしかなく、初対面の赤の他人と会話をする機会はめったにないでしょう。

では、その状況はバンクーバーに留学したからといって突然変わるのでしょうか?

仮にバンクーバーの街中が日本人ばかりだとします。その見ず知らずの日本人と会話をする機会はどのくらいあるでしょうか?

おそらくよっぽどのことがない限り、歩いている人に話しかけるなんてことはしないのではないでしょうか。

「毎日誰と話をするか」が英語習得のカギ

留学をしても結局は、こちらの方たちとの会話がほとんどだと思われます。

  • クラスメイト
  • ルームメイト
  • ホームステイファミリー
  • 学校の先生

この「毎日会話を誰としているか」の部分が英語の習得のキーポイントになります。

「毎日会話をしている相手」が日本人ばかりの場合は確かに英語学習に影響が出るでしょう。

日本語をしゃべる友達とばかりいっしょにいて、日本語を使っていれば、もちろん英語の習得はできませんよね?

でも逆に、親しい人たちに日本人が少なければ、町中にどれだけ日本人がいようと影響は少ないと断言できます。

日本人がいないほうが英語学習には良い?

「まったく日本人がいない環境」を強く望み、それを実現する留学生がいます。

そして、留学を失敗する方がいらっしゃいます。しかも、これはよくあるケースです。

簡単にまとめるとこういうことです。

  1. 日本人がいない場所に留学
  2. 周りに頼れる人ができない
  3. 日本語で相談できずストレスがたまる
  4. 留学に失敗し帰国

こんなケースです。

想像してみてください。

初めての海外、見慣れない土地、食習慣も違う。そんな環境で英語だけで生活することを。

学校では授業はおろか、それ以外もすべてが英語という環境で、学習について、友達について、ホームステイ先についてなど、いろいろ悩みが出てきます。

片言の英語で同じ留学生に相談できるでしょうか?

他者との共感が必要

人はストレスを感じたときに、それを他者と共有することによって解消するそうです。

自分のことを日本語ならば思う存分説明できると思います。

では、それを英語で、どれだけ説明・理解してもらえるでしょうか?

このことに気づかずに「日本人の多い町では英語が上達できない!」と表面上だけで学校を選んでしまうと失敗します。

留学成功の秘訣は「メリハリ」

仮にクラスメイトのうち2名か3名が日本人だとします。

もちろん普段は英語でしゃべりますが、悩みや愚痴などをお互いに言い合うときには日本語が使えるとどれだけ助かるでしょうか?

日本語で相談できる人が身近にいれば、困ったときには頼れ、英語の学習に集中したいときには日本語を使わない環境に自分を置く。

こういった「メリハリ」をつけて生活できる人が、留学を成功させます。

まとめ

留学は基本的に孤独なものです。

そんなときに、身近に自分のことが分かってくれる日本人がいると非常に心強く、安心できます。

「カナダ留学コンパス」のカウンセラーは常時カナダに滞在して、留学生の到着から帰国まで一貫して日本語でサポートをしています。

困ったことがあれば、なんでもご相談くださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る