Kita no Donburi(北のどんぶり) | バンクーバーで1番丼ぶりの種類が豊富な人気店

今回は、バンクーバー・ダウンタウンにある、「Kita no Donburi(北のどんぶり)」に行ってきました。

「Kita no Donburi」は、バンクーバー・ダウンタウン内にあり「バンクーバーで1番丼ぶりの種類が豊富」な日本食レストランです。

「ちらし寿司」や「すき焼き丼」など、バンクーバーでも貴重な日本食を食べられるということもあり、大変人気なお店です。

それでは実際のお店の様子や食事など、「Kita no Donburi」を詳しくみていきましょう。

「Kita no Donburi」の詳細情報

「Kita no Donburi」の詳細を紹介していきます。

Kita no Donburiの詳細情報
店名 Kita no Donburi
住所 423 Seymour St, Vancouver, BC, Canada V6B1M1
電話 604-669-3388
予約 予約不可
営業時間 【月曜~金曜】 11:00~22:20
【土曜】 11:00~20:45
【日曜】 11:00~15:00/17:00~20:45
定休日 なし
駐車場 専用駐車場なし
クレジットカード 使用可能
喫煙状況 完全禁煙 (※ カナダの飲食店はすべて完全禁煙です
公式サイト https://kita-no-donburi.com/

「Kita no Donburi」への行き方(アクセス)・地図

「Kita no Donburi」はバンクーバー・ダウンタウン内のWaterfront Station(ウォーターフロント駅)から徒歩3分圏内にあります。

バンクーバーは合計3本の電車(エキスポライン、カナダライン、ミレニアムライン)が走っていて、全てのスタートがこのウォーターフロント駅からとなっています。

日本でいう東京駅とイメージしていただくと分かりやすいのではないでしょうか?

ですので、ダウンタウン外からも、アクセスしやすい好立地にあります。

(カナダ留学コンパスのオフィスもすごく近いですよ!)

【おすすめ】徒歩でのアクセス

「Kita no Donburi」の最寄り駅は、スカイトレインのスタート駅、ウォーターフロント駅です。

各線の改札を出たらエキスポライン・W Cordova Stの出口を目指します。

ウォーターフロント駅は、出口も多く迷いやすいので、出口に迷ったら、「W Cordova St(ウェスト・コルドヴァ・ストリート」と尋ねてみてくださいね!

出口から出て横断歩道を渡り、「Seymour St(シーモア・ストリート)」をまっすぐ登ります。(その際左手にSimon Fraser Universityという学校があります)

W Hastings St(ウェスト・ヘイスティングス・ストリート)」という大きな道路を渡るとすぐに、お店は右手にあります。

Kita no Donburi」と書かれた大きな看板たちです。

立て看板に寄ってみました。

駅から、お店までは一本道なのでとても分かりやすいですが、迷われた際には、「Seymour St(シーモアストリート)」と「Hastings St(ヘイスティングスストリート)と尋ねてみて下さいね!

「Kita no Donburi」の混雑状況

「Kita no Donburi」は、ダウンタウンの中心の好立地にあるお店ですが、席数が多いため入店待ちになることはほとんどありません

曜日に関係なく、好きな時間に行っても待ち時間なく座れるので、「今すぐ食べたい!」という方にもおすすめです!

もちろん、入店待ちの場合があっても責任は持てませんが……笑

「Kita no Donburi」の外観

こちらが「Kita no Donburi」の外観の様子です。

オフィスやお店のテナントが多い通りにあるので一見分かりにくいかもしれませんが、目印は、「Kita no Donburi」と書かれた看板です。

「Kita no Donburi」の駐車場

「Kita no Donburi」には駐車場がありません

近くに、一般向けのパーキングエリアや、道路に停車できる駐車場もあるので、そちらを利用してください。

とはいえ、お酒を飲む方は、交通機関をご利用ください
(日本と同じく、飲酒運転の罰則があります。)

「Kita no Donburi」の入り口付近の様子

こちらが「Kita no Donburi」の入り口付近の様子です。

お店の入り口横には、料理サンプルがずらりと並んでいます。

日本の昔ながらの食堂やレストランを思い出させる雰囲気がありますよね!?

「Kita no Donburi」の店内の様子

上でも書きましたは、「Kita no Donburi」は、昔ながらの日本の食堂の雰囲気があります。

入り口に置かれた料理サンプルとともに、店内の壁に貼られたメニューが特に雰囲気がありますよね?

席数も多く、店内は活気がありとてもにぎやかです。

テーブルも団体向けの大きいテーブルから、カウンター席、2名~4名向けのテーブルなど、種類が豊富です。

仕事終わりにサクッと一人でご飯を食べに行くのも良し、友達や家族、同僚とご飯を楽しむなど、色々な場面に適していますよ!

「Kita No Donburi」の店内インテリア

「Kita no Donburi」はカナダ人経営なので、店内のデザインは「カナダ人がイメージする日本文化や日本らしさ」を意識して造られたとのことでした。

特に竹を加工し、デザインされた壁がとてもインパクトがありステキな空間でした。「丼」の文字のインパクト……。

「Kita no Donburi」のお客様の層

「Kita no Donburi」の客層は、圧倒的にアジアの方が多いそうです。

また、日本食が恋しくなると、毎回来店する日本人の常連の方も多いそうです。

今回訪れた際には、団体からカップルまでお客様の人数もバラバラでした。

とてもにぎやかな店内なので、ゆっくりと食事を楽しみたいという方よりも皆でワイワイと食事を楽しむ方向けですよ!

「Kita no Donburi」のサービス

「Kita no Donburi」サービスについてお伝えします。

サーバーは多国籍なので、常に英語で接客となります。

中には日本人のサーバーもいるそうですが、8~9割は日本人以外とのことなので、来店の際に日本人スタッフに当たるとは限らないとのことです。

もし、注文の際に心配であれば、「Japanese,please?」と聞いてみてくださいね。

(ただし、日本人スタッフが不在の場合は、英語でご注文下さいね。これも勉強です!)

ちなみに、テイクアウトのオーダーも受け付けているので、「電話でのオーダー」も是非チャレンジしてみてください!

「Kita no Donburi」はテーブル数が多いためか、サーバーの方は常に忙しそうで最初は水を持ってきてくれますが、お冷を注ぎに来てくれることありませんでした。

また、取り皿の交換もなく、水も無くなったら自分から取りに行く、セルフサービスというイメージで来店頂くのがよいです!

「Kita no Donburi」のメニュー

「Kita no Donburi」のメニューをみていきましょう!

ドリンクメニュー

まずはドリンクメニューです。

日本酒に加えてラムネなどのソフトドリンクもあります。

フードメニューに比べると種類は少ないのですが、価格は良心的ではないでしょうか?

フードメニュー

こちらがフードメニューです。

サラダや寿司メニューから丼もの、カレーライスなど種類がとても豊富です!

料理名含めて説明書きも全て英語表記なので少し分かりにくかったです。

今回は、日本人のサーバーの方がいたので、メニューの説明をしてもらいましたが、日本人のスタッフがいない場合は、メニューの写真を見て判断するしかないと思います。

ちなみに、オーナー曰く、「Kita no Donburi」は「バンクーバーで一番丼ぶりの種類が豊富な日本食レストラン」だそうです。

寿司メニューは、独自に作った「こだわりのメニュー」で、日本食とカナダの文化を融合させたミックスカルチャーをテーマにされているそうですよ!

実際の料理

それでは、実際に注文をしたお料理をみていきましょう!

ラムネ($3.50)

ソフトドリンクのラムネです。

甘さが控えめで、炭酸も強すぎずとても飲みやすかったですし、食後の口直しにもピッタリでした!

冷酒($9.25)

冷酒の「白鶴」を注文しました。

後味がさっぱりしていて特にお刺身によく合いますよね!?

Cozy Salad($7.95)

アボカドやカブ、トマトなど具材がたっぷりと入っている、Cozy Saladを注文しました。

ゴロゴロとした食感を楽しむことができ、ドレッシングはクリーミーで濃厚で甘みがあります。

2~3名で分けて食べると丁度良い量です。

すき焼き丼($11.55)

すき焼き丼を注文!

豆腐や、椎茸、たっぷりの牛肉、卵や具沢山の野菜が存分に入っています。

味付けも、甘すぎず辛すぎず醤油と砂糖の比率がピッタリで、日本のすき焼きそのもので感動しました!

スパイシーちらし寿司($14.95)

お刺身がぎっしりと入っており、どれも厚切りで食べ応えがあります。

酢飯の酸味とスパイシーソースが意外とマッチして斬新。

2名程で分けて食べるのをおすすめします!

エビフライ($7.50)

サイドメニューよりエビフライを注文しました。

サイズとしては少し小さめのエビですが、尻尾までサクサクに揚がっていて、お酒にもよく合います。

驚いたのはタルタルソースではなく、一緒についてくるソースがクリーミーでとても甘いことです。

サラダのドレッシングとベースは同じですが、さらに砂糖を足しているのか、練乳なのか?甘さがありました。

揚げ物と、甘いソースを一緒に食べる機会は今までなかったので「日本食とカナダ文化の融合」を感じる貴重な機会でした。

オーダー料理のまとめ

全体的な料理の印象としては、1品ずつにボリュームがあるので、何名かで分けて食べるのをおすすめします!

まとめ

今回は「Kita no Donburi」の様子をお伝えしました。

バンクーバーで1番丼ぶりの種類が豊富な人気店と言われるだけあって、色々な料理を楽しむことができます。

是非、皆さんも「Kita no Donburi」に足を運んでみて、「日本の丼ぶり」を楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る