カナダの年末調整・源泉徴収・確定申告こと「インカムタックスリターン」について

インカムタックスタックスリターンとは

日本で働いた事がある方は「年末調整」や「源泉徴収」また、個人事業主の方は「確定申告」というワードを耳にしたことはないでしょうか?

そうです!インカムタックスリターンとは、日本でいうところの「年末調整」「源泉徴収」「確定申告」のことです。

日本と同じですが、カナダでも会社から給料をもらう場合に、様々な「税金」が前もっと給料から引かれています。その「前もって引かれる税金」は正確な税額ではありません。
なぜかと言いますと、正確な税額は一年間の総収入をもとに計算されるためで、毎月のお給料から引かれている税金は、会社が想定した税額を引いている訳です。(少し多めの税額をで計算している場合が多いです。)

一年間の総収入が定まった(年度が変わる)ところで、正確な税額がわかりますのですが、そこで実際に支払っていた税金との差額調整のことをタックスリターンといいます。
税金を多く払っていた場合には、差額が政府から返金されますし、少なかった場合は、追加で支払わないといけません。

ワーホリのようにアルバイトが中心で収入が多くない人は、通常は返金を受けるケースが殆どです。多い人は数百ドルから千ドル近くになる人もいます。
※返金を受けられる場合、申請してから約2〜3ヶ月ほどで返金小切手が指定の住所に郵送されます(申請をした時の住所宛)

その他、低所得者、未収入者には、GST(連邦消費税)とPST(州消費税)の一部還付がありますので、学校に通っていただけで全く働いていない学生ビザ保有者にもお金が戻ってきます。
※上記のようにまとまった金額が戻ってくるので、帰国前に申請の手続きをすることをオススメします。

申告事項・条件

  • 申告年度: 1月1日から12月31日を1年とみなします。
    例えば、2016年4月から2017年3月まで1年間滞在する場合は、2016年4月から2016年12月と2017年1月から2017年3月までの2年分の申請が必要になります。
  • 申告期限: 毎年4月末日まで(期限を過ぎても申告は可能)
  • 対象者: 学生、ワーホリビザ、その他ビザ、移民、市民権を持っている方 ※観光ビザは対象外
  • 申請対象: 家賃(領収書が必要)、雇用主からのT4、メトロパス (領収証が必要:年収が数年間$10,000以上ある方が対象)、学費(政府指定の公立(大学・私立)が対象
  • 返金時期:申告してから数週間〜2ヶ月程度
  • 手続き先:カナダ税務局 (Canada Revenue Agency: CRA)

※一般的に、4月末ギリギリで申し込みする人が非常に多いため、手続きが遅くなるほど、返金小切手が届くのが遅くなります。早めの手続きをオススメします。

書類入手・記載・送付するだけ

全体的な流れを説明すると、T4を入手次第、申請フォームに必要事項を記入し、追加書類などがあれば添付して、カナダ税務局(CRA)に郵送します。これで手続きは終了です。

オンラインでも可能

オンラインでも申請は簡単にでき、推奨するソフトウェアを使えばどれで手続きをしても同じです。

参照リンク:オンライン申請時のソフト一覧

※基本的には翌年の4月末までに申請をする事になっています。計算した結果、政府に追加で税金を払わないとい けなくなった場合、4月末までに追加分を払わないと滞納状態となり、利子が加算されていくのでご注意。滞納が無ければ、4月以降に申請をしても問題はありません。

2年前、3年前の申告し忘れた分もまとめて申告する事が可能です。(滞納があると利子がつきます)

提出書類

T1 General

タックスリターンの申告フォームです。 これに 必要項目を入力して、郵送します。1月末頃から郵便局や税務署、ドラッグストア(郵便局の出張所がある店)などで配布されます。

T4

前年度に働いた会社から受け取る、源泉徴収票
(ワーホリや就労ビザをお持ちの方、学生ビザ、観光ビザの方は不要)

※年が明けると、会社は前年度に働いていた人(たとえ短期であっても)の、収入総額や天引き(源泉徴収)した内容をまとめた書類を用意する義務があります。日本でいう源泉徴収票の事で、これをカナダではT4と呼びます。
毎年1月〜2月末日までに、企業は昨年度に働いた全従業員のT4を計算して、必ず政府に提出しますので、2月が過ぎてもT4が手元に届かない場合は、単に会社があなたに渡してないだけと思われるので、忘れずに確認しましょう。(期限内に提出しないと会社はペナルティが課せられるので必ず入手できるはずです)

その他追加書類

州によって申告できるものが異なりますが、SINナンバー(お持ちの方)、交通費、医療費、引越し費用、学費(政府指定の公立校のみ、大学やカレッジ※)、家賃(オンタリオ州の場合)などの証明書類(レシートなど)も添付すると、返金額が増える事があります。現住所以外(日本も含む)へ郵送をしてもらう場合は、その申告用紙(T1132)も必要です。返金を振込にて受け取る場合は、銀行口座が必要です。
なお、通常のESLの学費は対象外ですが、大学・専門学校等のPost-Secondary Programの学費は対象となりますので、T2202Aという書類を学校から受け取り送付してください。

申請の流れ

① 申請書類の収集

前年度(1月1日~12月31日)にカナダで働いた場合、2月末日までに、 会社から「T4」という日本でいう源泉徴収票が送られてきます。(渡してくれます)また、1月終わりあたりから、郵便局か税務局に「T1 General」と書かれた申請書キットと ガイドが置かれるため、入手しておきましょう。

② 申請書の作成→申請(2~4月)

申請書キットには、多くの種類の用紙が入っており、その中の該当する用紙に記入し、 T4などの提出書類と供に4月末日までに申請します。 T4などの提出書類は、一般に2段になっており、一段を提出、もう一段を自分の控えに取っておきましょう。
申請者の状況によりますが、多くのワーホリは、T4しか提出書類が送られてきません。 その場合、一般に、T1 General、Schedule 1、Form 428、Form 479 (*)が申請用紙、 T4が提出書類となります。申請用紙、提出書類を申請書キットにある封筒に入れ、カナダ税務局(CRA)に郵送すれば手続きは完了です。

③ 申請後について

通常申請書を送ってから、4週間~6週間後に、査定通知 (Notice of Assessment)が 郵送され納税額が確定します(締切間際に申請した場合更に時間がかかる場合がある)。 また、査定通知には払い戻し金の小切手が同封されています。 申請の際、銀行への振込み(Direct Deposit)を希望した場合は、小切手ではなく指定口座に直接振り込まれます。

※詳しい内容に関しましては、Canada Revenue Agencyの情報を参考にして下さい。

インカムタックス代行サービス

申請の手順など分かりやすく記載されているページなどあるのですが、申告書には入力項目が多く、計算をする必要もあるので、初めての方には難しいと思われます。
実際に自分で申請している人は少なく、殆どが専門家やタックスの会社に依頼して申請をしています。(私も滞在中に2回申請をしましたが、どちらも代行の方にお願いしました)

書類手順がわかっても、個人個人のケースは千差万別で、あってるのか間違ってるのかわからない状態で申請するのも不安ですし、 例えば、日本に配偶者がいるか?交通費を支払ったか?医療費は?引越しをしたか?州をまたがって引越ししたか?家賃は申請できるのか?・・・など確認事項が多い為、返金額の一部を使って業者に頼む人が殆どですし、正しい手続きをしてもらえたりアドバイスをもらう事で、自分でやる時よりも多くの返金があるかもしれません。
そういった場合も含めて、代行サービスの利用を検討して見るのもいいかもしれません。

バンクーバー近郊の日本語でのインカムタックスリターンサービス業者

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る