カナダのホームステイのメリット・デメリットとは?

留学して海外に滞在するときに「ホームステイをした」という話をよく耳にします。

ではこのホームステイについてどんなイメージをお持ちですか?

たとえばこんなイメージがあるのではないでしょうか。

ホームステイのイメージ

  • ホストファミリーの家に泊めてもらう
  • 現地の人と生活できるので英語がうまくなる
  • ホストファミリーと温かい家族のやり取りの中で生活できる
  • ホームステイの食事が合わない人がいる
  • ホームステイでトラブルになったりする

イメージとしてはモヤっとあると思うのですが、「ホームステイって本当のところはどうなのよ?」と思っている方も多いハズ。

今回はホームステイのメリット・デメリットについて、実際にやった人の体験をまとめました。

ホームステイをするべきか迷っている方の後押しになればうれしいです。

ホームステイのメリット

当たり前ですが、ホームステイにはオススメできる良い点、あんまりな点の2つが存在します。

まずはホームステイのメリットから紹介しますね。

 費用を安く抑えられる

なんといってもホームステイのメリットは費用を安く抑えられること。

1人暮らしではなく、たとえシェアハウスやルームシェアに1ヶ月間滞在するとしても、家賃だけでも600ドル以上はかかってしまいます。

それに追加で、3食の食費も足すとすぐに1,000ドルを超えてしまうことでしょう。

ホームステイなら、3食がついて面倒まで見てくれるのに1ヶ月1,000ドルもかからないところも多く、最初の滞在先としてはかなりオススメです。

 ホームステイには食事がついている

上でも触れましたがホームステイ中は朝食、昼食、夕食の3食をホームステイ先が用意してくれます。

たとえば、カナダに到着した日を想像してみてください。

到着した日にやるのは大変

  • 現地カナダのスーパーに買物に行く
  • 調味料や食材を買う
  • 使い方もよくわからない調理器具を使ってご飯を作る

どうでしょうか? 想像しただけでも大変そうですよね……。

「じゃあ外食すればいいよね?」と思いそうですが、たとえばバンクーバーでの外食は日本と比べると割高です。

その点、ホームステイであれば、食事を作ってもらえるだけでなく、食費を安く抑えることもできるというわけですね!

ちなみにホームステイでは洗濯をしてくれるところも多いのもうれしいですね。

 物件の安全さ・きれいさが保たれている

日本にいるとあまり想像がつきませんが、シェアハウスやルームシェアは、住んでいる人によって、清潔さに欠ける物件があります

私は、実際にブラジル人とシェアをした経験があるのですが、その同居人は、使った食器は基本的に「放置」でした。

そうなると、虫もわきますし、なにより見た目が汚いですよね(思い出したくもありません……)。

その点、ホームステイ先だと、台所やお風呂などの「共有スペース」はホームステイファミリーが掃除をしてくれますし、自分の部屋も綺麗さを保てます。

部屋がきれいなことって実はすごく大切です。

 生の英語で会話ができる

語学学校に通い始めると気づくことですが、実はきちんとした英語に触れる機会はあまり多くありません

同じ学校に通う外国人の生徒同士は英語で話をしますが、その人はネイティブではありませんよね?

たとえば、カナダに留学していて日常生活で会話をする「英語ネイティブの人」って、こんな人ぐらいなのです。

英語を使う相手

  • 語学学校の先生
  • 立ち寄った店の店員さん

せっかく留学するのなら、生活の中をできる限り英語に染めてしまいたいところ。

その点、ホームステイでは英語を使って思う存分会話ができます

私が滞在したホストファミリーは、高校生の息子さんがいましたが、その息子さんとたくさん会話をしていました。

相手も英語がわからない私に対して、わかりやすい言葉で話してくれたので、かなり英語の勉強になりました。

こんなふうにまとめてみると、いかにホームステイが得られるメリットと照らし合わせてもお得か……がおわかりだと思います。

ホームステイのデメリット

では、お次はホームステイのデメリットについてまとめます。

 食事が合わない

ホームステイでよく耳にするのが、ホストの作る食事が合わないという話です。

海外の方との共同生活なので仕方がないのですが、ご飯が合わないということは可能性として考えられますよね。

ただ、こういった状況になる原因は、そのホームステイ先が、ホームステイ受け入れを始めて間もないということも考えられます。

知っておいてほしいのですが、生徒のことを考えているホームステイ先は、できるだけ食事に気を使って用意をしてくれます

それでも、合わない場合は、率直にホストファミリーに伝えることで改善をしてくれます。ぜひ勇気を出して伝えてみてください。

これこそが生きた英語のコミュニケーションですので。

 ホームステイ先のルールに合わせなければならない

ホームステイは、ある「一般家庭」の中で生活するという状況です。

ホームステイ中はそのファミリーのルールに基づいて生活しなければなりません。

例えば、「夜9時までに帰らないと食事を残しておいてくれない」といったルールの家庭もあります。

でも留学生が好き勝手をしてしまうと、「世話をする責任」のあるホストファミリーも困ってしまいますので、仕方ない部分でもありますよね。

もし、どうしても自分のスタンスと合わないと思うことがあれば、まずはホストファミリーに相談してみましょう。

「何でもまずは相談」というのは、ホームステイをする上での鉄則ですので。

 ホストファミリーと合わない

「なんか、ホストファミリーと合わないなぁ……」というお話も耳にします。

ホストファミリーの対応が冷たいと感じたり、ホームステイをしていても「楽しくない」と思われるという方もいます。

正直なところ、すべての人間同士の「馬が合う」ということはありえないため、合わないというケースも当然ありえます。

ただ今一度、こちらを考えてみてほしいです。

考えてみてほしいこと

  • 1人で部屋に閉じこもっていませんか?
  • ホストファミリーに笑顔で接していますか?
  • コミュニケーションを取ろうとしていますか?

先ほど、「人間同士」という言葉で表現しましたが、まさにそういうことなのです。

人間同士なので、こちらの対応が良ければ相手の対応もよくなる……ということは当たり前に生じます。

「ホストファミリーの対応が悪い」のは本当に相手だけの問題なのか、考えてみてください

それでも対応が悪いと感じるときには、ぜひ思っていることを伝えてみてください。相手に悪気がないことは意外と多いですので。

ホームステイ以外の滞在方法との比較

では今度は、ホームステイ以外の滞在方法と比較してみましょう。

そのメリット・デメリットをまとめます。

 ホームステイと学生寮の比較

まずは、ホームステイと学生寮を比較してみましょう。

「学生寮」とは学校が提供する住居です。

「寮」と聞くと、3〜4階建ての建物に学生たちが1部屋ずつ与えられているものを想像する方も多いですが、実際にはホームステイと同じ一軒家の空き部屋を貸すだけということもあります。

学生寮の特徴をまとめるとこんな感じです。

学生寮の特徴

  • 学校が提供するので「探す手間」が省ける
  • 学校によっては学生寮がない
  • ホストファミリーのように世話をしてくれる人がいない
  • 食事を自分で用意する必要がある
  • 数が少ないので競争率が高い

学生寮は学校が提供しているので「住むところを自分で探す」という手間は省けます

とはいえ、学生寮を持っている学校自体が少なく、それぞれの都市にも数えるほどしかありません。

そのため、特に夏の時期などは人気が集中して、すでに満室ということもよくありますよ。

 ホームステイとホテルの比較

では今度は「ホテル」とホームステイを比べてみましょう。

簡単にホテルの特徴をまとめると、このような感じです。

ホテルの特徴

  • 料金が高いので長期滞在では厳しい
  • 学校が提供するものではないため自分で探さなければならない
  • ホストファミリーのように世話をしてくれる人がいない
  • 金額を出せば食事は用意してもらえる
  • 部屋数も多いので満室になりにくい(場所によるが)

ホテル住まいは寮と違い、お金を払えば食事もついてきますし、部屋もたくさんあるので満室にもなりにくいです。

ただ、ダウンタウンなどにあるホテルですと、どうしても高くなってしまうため、かなり出費が多くなってしまいます

郊外にあるホテルでも、食事もお願いするとなるとかなり高くなってしまい、金銭的に長期滞在は難しいです。

資金がある方はホテルでの滞在も良いかも知れませんが、できるだけ費用を抑えて留学したい方にとっては現実的ではないですね。

 ホームステイとシェアハウス / ルームシェアの比較

ネットのある今の時代ですので、渡航前から日本でシェアハウスルームシェアを探す方もいらっしゃいます。

シェアハウス(ルームシェア)というのは、1つの家を複数の人間が共有で使うというものです。

ですが、この方法は実はかなりリスキーだと言えます。特徴をまとめます。

シェアハウスの特徴

  • 複数で1つの家に住むため料金を抑えられる
  • 学校が提供するものではないため自分で探さなければならない
  • ホストファミリーのように世話をしてくれる人がいない
  • 食事は自分で用意する必要がある
  • 一緒に住む人がどんな人か分からないため危険もある

私の知り合いがこの方法をとった方がいます。その方のケースではネットで見たシェアハウスの写真はきれいだったそうですが、実際は小さい虫がたくさんいるような汚い家だったそうです。

シェアハウスは一緒に住む人と事前に直接対面をしないため、詐欺や勘違いなども多く発生します。

たとえばこのような話を聞いたことがあります。

聞いたことのあるトラブル

  • お金を払ったのに、そもそもその部屋がなかった
  • すでに別人が住んでいた
  • ルームメイトが女性だと思ったら男性だった
  • 同居人が普通の人ではなかった

数十時間もかけてようやくカナダに到着し、部屋で一息つきたいのにこんな状態だったらどうしますか?

到着してそのことに気づいても、他に行くところもなく数日間は我慢しないといけませんし、代わりの部屋を探すのも簡単ではないでしょう。

1万〜2万円を節約しようとして、もっとコストがかかってしまうことになるかもしれません。

シェアハウスやルームシェアは、現地に慣れてきて、ホームステイを出た後の滞在先として選択するのがベストです。

実際に自分で下見に行き、何部屋かを見て回り、吟味したうえで決めれば上記のようなことで発生するストレスはなくなるでしょう。

語学学校で仲良くなった友達と一緒にシェアハウスなどで住むなんかはオススメできます。相手のことがわかった上での共同生活は安心ですから。

実際にカナダでシェアハウスを見つける方法については下記記事をご参考に。

まとめ

当り前ですが、ホームステイはメリットもデメリットもあるものです。

しかし、留学生、特にカナダが初めての留学生にとっては、安心 & 安全に生活ができる場所なので、他の滞在先などとも比較、ご検討してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る