キャッシュパスポートについて

カナダ留学の際に、現金の管理方法に不安を持っているかたが多くいます。

それも長期間滞在の留学となれば、まとまった資金の持ち込みが必要になるので、なおさら心配ですよね。

たとえば、カナダに「学生ビザ」や「ワーキングホリデービザ」で滞在をする場合、現地で銀行口座を開設することができます。

ですが、短期留学、いわゆる「観光ビザ」で滞在する場合は、銀行口座の開設ができません

そこで今回は、「観光ビザ」で渡航する場合の現地でのお金の管理方法を紹介していきます!

観光ビザでのお金の管理方法

上でも書きましたが、観光ビザで滞在をすると銀行口座の開設ができません

それじゃあ、観光ビザで滞在中のお金の管理はどうするの?」というと下記です。

日本円で現金を持ち込みスーツケースで保管

「日本円を現金で持ち込ち込む」とはどういうことかというと、日本円をそのままカナダに持ち込み、カナダ到着後にカナダドルへ両替するという方法です。

この場合、日本の銀行や空港で両替をするよりも手数料が安いのがメリットですが、両替のたびに現金を両替しなくてはならず手間がかかるのがデメリットです。

また、現金はスーツケースに鍵をかけて保管をしなくてはならないので、セキュリティ面に不安があることもデメリットの一つになります。

国際キャッシュカード・クレジットカード

国際キャッシュカードやクレジットカードの場合、現金を持たずにすむのでセキュリティ面で安心なのがメリットです。

ただし、利用限度額があったり、盗難や紛失の場合はカードの再発行に手間がかかるのがデメリットになります。

「トラベルプリペイドカード」を使用

現金の持ち込みでも、国際キャッシュカードやクレジットカードの使用でも「どっちもどっちな気がする……」と思いますよね?

そこで最近は、日本からの現金の持ち込みは最低限に、クレジットカードは緊急用で所持して、海外専用の「トラベルプリペイドカード」を持つかたが増えてきています。

【補足】「トラベラーズチェック」の販売終了

これまで海外へ渡航する際、トラベラーズチェックを購入する方が多くいました。

なぜトラベラーズチェックが多く使われていたかというと下記です。

  • 多額の現金を持ち歩かなくてもよい
  • 紛失・盗難にあっても再発行ができる
  • 現金から両替するよりもレートがよい

そんな便利で安心なトラベラーズチェックだったのですが、日本国内では2014年3月31日に販売が終了しています。

詳しくはコチラをご覧ください。

そこで現在は、トラベラーズチェックに代わるものとして、「トラベルプリペイドカード」が発行されています。

それでは、その「トラベルプリペイドカード」について次の項目から詳しく紹介していきますね。

「トラベルプリペイドカード」とは

トラベルプリペイドカード」とは、カードの中にお金をチャージでき、海外で使える「プリペイド式電子マネー」の一種です。

プリペイド式電子マネーといえば、「Suica」「nanaco」「WAON」が有名ですよね。

これらは国内でしか使えませんが、「トラベルプリペイドカード」はカナダなどの海外で使えるんです。

その、「トラベルプリペイドカード」の中でオススメしているのが、「キャッシュパスポート」です。

キャッシュパスポートはこんなときに使える

海外で使える電子マネーはキャッシュパスポートですが、具体的にどういう場所で使えるのでしょうか?

じつは、海外のMastercard加盟店ならクレジットカードと同じように使えるんです。

つまり、スーパーやカフェをはじめほとんどのお店で使えるということですね。

キャッシュパスポートのメリット

上でも少し説明をしましたが、キャッシュパスポートは海外でクレジットカードのように使え、キャッシュカードのように海外で現金を引き出せます。

また、トラベラーズチェックのように紛失や盗難時にしっかりとサポートがあるので安心なんです。

特徴をまとめるとこんな感じです。

トラベラーズチェックの安全性クレジットカードの利便性
= キャッシュパスポート

その他にもキャッシュパスポートのメリットをお伝えします。

キャッシュパスポートのメリット

  1. 年齢制限なし
  2. 申し込みから一週間程度で手元に届く
  3. スペアカードが同時発行される
  4. 銀行口座の開設は不要
  5. 9つの通貨をチャージできる
  6. サポートセンターは24時間365日サポートで日本語対応
  7. 本人以外からでも振込可能
  8. 海外のMastercard対応ATMや加盟店で使える

それでは、それぞれを詳しくみていきましょう!

年齢制限なし

キャッシュパスポートは、事前に利用したい金額をチャージするプリペイド式電子マネーなので、作成に審査や年齢制限がありません

わかりやすく説明をすると、「Suika」や「nanako」などと同じで、作成するときに審査や年齢制限がないため、どなたでも作成できるということです。

申し込みから一週間程度でカードが手元に届く

「渡航ギリギリでクレジットカードを準備しようとして間に合わなかった!」と聞きますが、キャッシュパスポートは申し込みから1週間でカードが手元に届くのが、とても魅力的です。

1週間で手配ができるといっても、ギリギリではなく余裕を持った準備をしましょう!

スペアカードが同時発行される

キャッシュパスポートを持つとスペアカードが同時発行されます。

「スペアカードって何?」というと、キャッシュパスポートを申し込むと同時に2枚カードが発行されます。

「何がいいの?」というと、盗難・紛失の際に一つを止めてしまっても再発行の必要がないため、もう一つをそのまま使えるので便利です。

銀行口座の開設は不要

キャッシュパスポートを申し込む場合は、銀行口座の開設は不要です。

「どういうことか?」というと、こういう時に安心なんです。

国際キャッシュカードのように銀行口座にリンクしていないため、盗難にあったとしても、銀行口座にある残高をすべて盗まれてしまうような心配がありません。

9つの通貨をチャージできる

キャッシュパスポートは1枚のカードに9つの通貨をチャージできるので今回の留学以外に、今後の旅行などにも使えます!

チャージできる通貨

  • 日本円
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • カナダドル
  • シンガポールドル
  • 香港ドル

1枚のカードで管理ができるのが魅力的ですね!

サポートセンターは24時間365日サポートで日本語対応

キャッシュパスポートを申し込むと海外でも安心の24時間無料サポートがつくので、初めての海外でも心配がありません。

もちろん日本語対応なので、なおさら安心です!

トラブル時などにお電話一本でご相談できます。

サポート内容

  • キャッシュパスポート紛失・盗難時のご連絡
  • キャッシュパスポート取引履歴に関するお問い合わせ
  • 緊急時の現金手配サービス
  • 緊急時の電話での簡易翻訳サービス
  • 緊急メッセージサービス

本人以外の振込が可能

キャッシュパスポートは、海外滞在中に残高が足りなくなっても本人以外の振込が可能なので、日本にいるご家族にお願いすることも可能です。

海外のMastercard対応ATMや加盟店で使える

キャッシュパスポートがあると、両替所に行かなくても海外のMasterCard対応ATMで現地通貨で引き出せたり、加盟店でキャッシュレス決済ができるので便利です。

海外でのお金の管理方法の比較

キャッシュパスポートのメリットを見てきたところで、この他の海外でのお金の管理方法の現金、クレジットカードとの比較をしました。

参考にしてください!

外貨両替(現金) クレジットカード キャッシュパスポート
現金の入手方法 空港や市内で両替する ATMから引き出す
(キャッシング枠が付与 されている必要がある)
ATMから引き出す
盗難・紛失時 盗難・紛失時の補償がない 盗難・紛失時のサポートあり 盗難・紛失時のサポートあり
利用できる店舗 あらゆる店舗で利用できる 利用できる店舗が多い 利用できる店舗が多い
日本からの送金 × ×
手数料 為替手数料が高い
(通貨により異なる)
為替手数料などがかかる 為替手数料などがかかる

キャッシュパスポートの手数料

キャッシュパスポートを使用する時に必要な手数料をまとめました。

どんなときに手数料が発生するのかが分かっていると、安心ですよね。

それでは見ていきましょう。

入金手数料 入金金額の1%
カード再発行手数料 無料
スペアカード発行手数料 初回申込時に1枚無料で発行されます。
ATM引出手数料 200円、2米ドル、1.75ユーロ、1.50英ポンド、2.50豪ドル、
2.75NZドル、2カナダドル、2.50SGドル、14香港ドル
ショッピング利用手数料 無料
月間カード管理料 無料
カード清算手数料 500円 + 消費税
為替手数料 4%

「意外と手数料がかかるな……。」と思った方もいると思いますが、ちょっとしたことで、手数料を節約できるんです。

それは、キャッシュパスポートから現金をATMで下ろす時に、ATM引出手数料が発生するので、支払いをカード決済にすることで手数料が節約できます。

もう一度言います!

MasterCard加盟店でのカード決済の手数料は無料ですので、「現金を引き出して使うのではなく、カード払いにすること」と覚えておいてください!

キャッシュパスポートを賢くつかう

プチ情報として、キャッシュパスポートを賢くつかう方法を紹介します!

国際キャッシュカードやクレジットカードだと、円安・円高関係なく「決済日のレート」で計算をされます。

ですが、キャッシュパスポートは、使用時ではなくチャージ時(振込時)のレートで為替が固定されるんです。

ということは、円高になっているタイミングを見極めてチャージしておくことで、使えるカナダドルを少しだけでも増やしておくことができます。

例えば、カナダドルが1ドル80円の時にチャージしておいて、渡航中に1ドル85円になっていると、得した気持ちになりますよね?

申し込みから利用までの手順について

それでは利用前にどのようなステップが必要なのか?を説明していきます。

申し込みから利用までの手順はコチラです。

申し込みから利用までの手順

  1. お申し込み
    下のフォームからカードを申込み
  2. カード発行
    1週間程度でカード発行
  3. カード受領
    本人確認書類ご用意の上、カード受け取り
  4. 初回入金
    マイナンバーに関する書類を提出後、専用口座に1万円~100万円までの必要な金額を入金
  5. マイアカウント開設
    専用ウェブサイトサイト「マイアカウント」にてお客様ご自身でカード管理
  6. ご利用
    キャッシュカードのように、海外のMastercard対応ATMで現地通貨で引き出しができる。
    クレジットカードのように、海外のMastercard加盟店でショッピング、お食事などの支払いに使える。
  7. 再入金(チャージ)
    残高が足りなくなったらチャージ!
    カードの有効期限内(5年間)であれば何度でもご利用いただけます。
    ※払い戻しも可能

キャッシュパスポートへの申し込みはコチラから。

申し込み手順を解説していますので、コチラも合わせてご覧ください。

まとめ

いかがでしたか?

現地で銀行口座が開設できない、「観光ビザ」での渡航を予定している方に「現地でのお金の管理方法」の一つである「キャッスパスポート」をご紹介しました。

キャッシュパスポートにもメリット・デメリットもあるので、ご自身でも比較をして頂き、「何が自分に合っているのか?」を判断してくださいね!

その他に不安なことがあれば、私たちカナダ留学コンパスに遠慮なくご質問ください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る