キャッシュパスポートの申し込み方法

以前の記事では「キャッシュパスポートについて」を紹介しました。

この記事では、キャッシュパスポートの申込から利用までの手順を解説していきます。

まず、申し込みからご利用までの手順はコチラです。

申し込みから利用までの手順

  1. お申し込み
  2. 確認メールが届く
  3. 必要書類をアップロード
  4. キャッシュパスポート発行
  5. キャッシュパスポート受領
  6. マイアカウント開設
  7. 初回入金
  8. ご利用
  9. 再入金(チャージ)

それでは、くわしく見ていきましょう!

お申し込み

まずは、下記の申し込みフォームに必要情報を入力・送信をしてキャッシュパスポートの申し込みをしてください。

確認メールが届く

申し込み翌営業日に、ご登録いただいたメールアドレス宛てに確認メールが届きます。

内容としては、本人確認書類マイナンバーに関する書類の画像アップロードの案内です。

必要書類をアップロード

本人確認書類マイナンバーに関する画像をアップロードしてください。

本人確認書類(公的身分証明書)とは

ゆうゆう窓口で受け取りをする場合に必要な「本人確認書類とは何か?」をみていきましょう。

まず本人確認書類では、「氏名・現在の住居・生年月日」を確認されるので、旧姓・旧住所が記載されている場合は、別に現在の名前、住所が確認できる本人確認書類の準備が必要です。

下記のいずれか1点をご準備ください。

  1. 旅券(パスポート)
  2. 免許証
  3. 健康保険証
  4. 在留カード

Download

個人番号(マンナンバー)に関する提出書類

マイナンバーに関する書類の提出が必要です。

それは何か?というと下記です。

  1. 通知カードのコピー(両面)
  2. 個人番号カードのコピー(両面)
  3. 住民票のコピー(個人番号記載のもの、本籍地の記載不要)

キャッシュパスポートの発行

必要書類をアップロード後、1週間程度でキャッシュパスポートが発行されますので、「受け取り」が必要になります。

キャッシュパスポートの受け取り

キャッシュパスポートの受け取りは、郵便局からご本人宛の「簡易書留」で届きますので受け取りをお願いします。

受け取りができなかったら、「不在票」が届きますので、下記をご参考にご手配のうえ、受け取りをお願いします。

【不在票あり】自宅で受け取る

自宅で受け取る場合、郵便局から届いた「不在票」に記載されている連絡先にコンタクトし、配達希望日・時間帯を指定してください。

指定日時までお待ち頂き、受け取りをお願いします!

【不在票あり】郵便窓口(ゆうゆう窓口)にて受け取る

自宅ではなく、郵便窓口(ゆうゆう窓口)で受け取る場合は、「不在票」に記載されている連絡先にコンタクトし、「窓口での受け取りを希望」と伝えてください。

ゆうゆう窓口にて受け取りください!

受け取りに必要なもの

受け取りに必要なものは下記3点です。

  1. 本人確認書類(1点)
    氏名、住所および生年月日の記載があるもの。このあと詳しく説明します。
  2. 印鑑(サイン可)
  3. 不在票(配達の場合は不要)

マイアカウント開設

キャッシュパスポートのウェブサイトでカードの有効化手続きマイアカウントを開設が必要です。

マイアカウントでは、振込に必要な「お客様専用の振込口座」がご確認いただけます。

マイアカウントへのログイン方法はコチラ

初回入金

マイアカウントで確認した「専用の振込口座」宛てに、1~100万円までを初回入金としてお振込いただけます。

ご利用

キャッシュパスポートの受け取り、入金が完了すれば、ついにキャッシュパスポートの利用が可能になります!

キャッシュパスポートは下記のような場面で使えます。

  • キャッシュカードのように、海外のMastercard対応ATMで現地通貨で引き出しができる
  • クレジットカードのように、海外のMastercard加盟店でショッピング、お食事などの支払いができる

滞在中のメインカードとして、緊急用のサブカードとしてなど、色々な使い方をしてくださいね!

再入金(チャージ)

残高が足りなくなったら再入金(チャージ)が可能です。

ちなみに、キャッシュパスポートの有効期限内(5年間)であれば何度でもご利用いただけますし、不要な場合は払い戻しも可能です。(清算手数料はかかりますが…)

まとめ

いかがでしたか?

手順通りに進めれば1週間程度でキャッシュパスポートの入手ができますが、同時進行で提出書類の準備も必要です。

ギリギリに申し込むのではなく、時間に余裕がある時にご手配してくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る