バンクーバーでTOEICを受験! その手順、値段、開場は?

日本の英語の資格として一番メジャーなのが<TOEICでしょう。

TOEICはもちろんカナダでも受験できます。

今回は、<バンクーバーでTOEICを受けたので、体験レポートとしてまとめます。

受験申し込みはWEBサイトから

TOEICの受験申し込みは公式サイトから手続きをします。

詳しくはこちらの公式サイトをご覧ください。

公式サイトで、「試験会場」と「日程」を選択すると$120の受験料を支払うページにうつります。

そのまま決済すると、メールが送られてきます。

メールには受験者番号や試験会場住所、開場時間などが書いてあるので、<プリントアウトして持っていきましょう。

TOEICの試験当日に持っていくもの

TOEICの試験当日に持っていくものは次のとおりです。

  • メールをプリントアウトしたもの
  • パスポート(もしくは本人確認が出来るID)
  • 鉛筆
  • 消しゴム

TOEICのバンクーバーの会場

TOEICの試験の会場は、バンクーバーにある語学学校、たとえばSSLCのような学校を使うことが多いようです。

上の画像は私が受験したときの会場です。

TOEICの試験当日のスケジュール

試験開始時間、開場時間は次のとおりです。

TOEICの試験当日のスケジュール
試験開始 午前10:00
開場時間 午前9:00

私の場合、だいたい9:20に会場に着きました。

試験開始時間のだいたい5分前には受付が終了するので、早めに行って落ち着いた方が良いですね。

TOEIC試験当日の流れ

ではTOEICの試験当日の流れを紹介します。

【1】荷物を置く部屋に移動

まずは、荷物を置いておく部屋に移動します。

試験会場には上着やバッグ、飲み物の持ち込みが禁止されているので、全てこの部屋に保管しておくことになりますよ。

【2】試験会場の教室に移動

荷物を置いたら試験会場になっている教室に移動します。

私の場合は、下記のような教室で行われました。

当日は受験者の方がだいたい60名ほどいて、多くの教室が使われていましたよ。

【3】解答用紙が配られる

試験開始時間になると、まず最初に解答用紙が配られます。

そこに名前や受験者番号などを書き込みましょう。

【4】試験開始

TOEICは「マークシート」なので、間違えてしまったら慎重に消します。

消しゴムは必須になります。

問題冊子が配られるので、ひととおり説明を受けたあと、試験開始となります。

なお、問題冊子には文字を書き込まないように、厳重に注意されるので、書き込まないように!

(1)リスニング(45分)

合計120分の試験はまず45分のリスニングから始まります。

45分の間に100問の問題の聞き取りをするのですが、とても長く、問題量も多いので、ぼーっとしているとあっという間に聞き逃してしまいます。

英語力より集中力のほうが重要な気もしてくるほど……。

(2)リーディング(75分)

リスニングの後は100問のリーディング問題です。

穴埋めや長文読解なので、こちらは自分のペースで進めることができます。

TOEICでは早めに終わった人でも退出することはなく、すべての受験者が120分間テストを受けますよ。

ですので、もし早めに終わったら、解答を見直しましょう

私の場合、少し遅れてテストがスタートしたので、だいたい12:30分ごろにテスト終了となりました!

まとめ

過去問題が、いろいろとウェブサイトで公開されているので、これからTOEICの受験を検討される方は見てみてください。

詳しくは、TOEIC公式サイトでも公開されているのでご確認くださいね。

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!