【コープ(Co-op)体験談】Pharmacy Assistant として薬局で働いています【CICCC】

カナダ留学 体験談 K.Y さん

学校に通われた期間:2021年11月-2022年11月
留学先:Cornerstone College(CICCC) コーナーストーン
プログラム:Customer relations specialist / Hospitality Management

こちらは コロナ禍でのカナダ留学の体験談となります。(カナダ留学の新型コロナウイルス最新情報はこちら)

留学の感想をお伺いしました。

CICCCに入学された理由を教えてください

日本では薬剤師として8年程薬局で勤務していましたが、何か新しいことを英語で学びたいと思い、就労の際に特に需要がありそうなCustomer Relations Specialist(以下CRS)とHospitality Management (以下HM)のコースを受講することに決めました。

実際の授業内容を教えてください

CRSの授業では効果的なコミュニケーションの取り方やマーケティング等幅広く学ぶことができました。グループディスカッションも多かったように思います。


HMの授業ではホテル、レストランの仕事内容、マネジメント等。実際にレストランにお伺いしてマネージャーからお話しをいただくこともありました。

勉強の中で良かったこと、大変だったことを教えてください

毎月個人のプレゼンテーションとグループプレゼンテーションがあり、月によってはエッセイの提出もありました。

特にグループプレゼンにおいてはチームメンバーと一緒に準備を進めていかなければならず、それぞれが仕事を持っている中、ミーティングする時間を見つけるのが毎回の課題でした。

また、限られた時間の中でいかに自分のタスクを終わらせられるかが重要になってくるため、お陰様でタイムマネジメント力は上がったと思います。

インターン先の探し方を教えてください

私の場合はまず、最初に働いていたレストランでお客さんとコネクションを作り、そのコネクションを通して薬局でボランティアを始めました。

途中でジョブオファーをいただき別の店舗に配属され、それが今のインターン先になっています。

カナダで就労するにあたり、コネクションはかなり重要になってくると思います。

積極的に自分の思いを発信していく姿勢が大切だと実感しています。

インターン先の仕事内容を教えてください

現在Pharmacy Assistant として薬局で働いています。

主な仕事はデータ入力、調剤、在庫管理、配送準備などです。

オンライン薬局のため直接患者さんが店舗に来ることはありませんが、日々オーダーも増加しており、忙しくなってきています。

インターン先で良かったこと、大変だったことを教えてください

良い点としては、カナダの薬局の制度を知ることができることです。

日本とは異なる点も多く非常に興味深く、また薬剤師の仕事の範囲も日本より広いです。

また、同僚も自分と同じようにアシスタントでも母国では薬剤師として働いていたりなど、お互いの国の医療制度の情報交換等もしています。


大変な点はやはりネイティブとのコミュニケーション、特にボランティア時代の薬局では電話対応、来局者対応もあり、かなりリスニングに苦戦しました。

また医薬品の商品名は日本と異なる場合も多いので、また覚え直しです。

失敗の連続ですが同僚は皆優しく、彼らのおかげでここまでやって来れたと言っても過言ではないです。

弊社のサービス、対応についてご意見をお聞かせください

親身なカウンセリングと対応の速さにはいつも助けられています。

いつも的確なアドバイスがいただけるので、カナダに住んでいてとても心強いです。

また、カナダ滞在に必要な情報提供等も感謝しています。有難うございます!

カナダ留学コンパス

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!