Memory Corner(メモリーコーナー)| 懐かしい雰囲気の本格台湾料理店

今回は、リッチモンドにある「Memory Corner(メモリーコーナー)」に行ってきました。

「Memory Corner」は昭和の日本や台湾の雰囲気で本格台湾料理が楽しめる、隠れ家的なレストランです。

それでは、実際のお店の様子や食事など、「Memory Corner」を詳しくみていきましょう。

「Memory Corner」の詳細情報

Memory Cornerは、台湾で夫婦でオープンしたレストランチェーンを、3代目がカナダに事業展開したお店です。

「Memory Corner」の詳細情報
店名 Memory Corner
住所 #1110 4651 Garden City Rd, Richmond, BC, V6X 2K4
電話 (604) 284-5434
予約 電話で予約(日本語不可、6名以上で予約可)
営業時間 【日〜木曜】
11:30~22:00
【金・土曜】
11:30~11:00
定休日 なし
駐車場 あり(商業施設の駐車場に駐車可)
クレジットカード 使用可能
喫煙状況 完全禁煙
(※ カナダの飲食店はすべて完全禁煙です
公式サイト https://www.memorycorner8.com/home/

「Memory Corner」への行き方(アクセス)・地図

Memory Cornerはリッチモンドの住宅街にある、小さな複合商業施設の中に入っています。

Memory Cornerへの行き方(アクセス)は車がオススメですが、電車とバスを乗り継いでお店のすぐ近くまで行くことが出来ます。

電車でのアクセス

電車で行く場合は、Aberdeen 駅が最寄りの駅です。

そこから徒歩18分(1.4km)かかります。

バスでのアクセス

電車とバスを乗り継ぐ場合は、一つ手前のBridgeport 駅で電車を降り「407番または430番」のバスに乗って、そこから6分の「Leslie Road」のバス停で下車します。

「Leslie Road」のバス停からは徒歩1分です。

「Memory Corner」の混雑状況

行ったのは日曜日の18:30ごろでした。

混雑状況は満席で順番待ちでした。

私たちの前に2客いたのですが、10分以内の待ち時間で店内に入れました。

6人以上の団体の場合は予約が可能です。

小さなお店なので、団体で行く時には予約してから行くのがお勧めです。

「Memory Corner」の外観

今度はMemory Cornerの建物や雰囲気を紹介しますね。

Memory Cornerは商店が集まった施設の一角にあります。

「Memory Corner」の駐車場

商業施設に十分な駐車スペースがあるので、駐車場には困りません。

「Memory Corner」の入り口付近の様子

Memory Cornerの入り口付近の様子です。

ソーシャルディスタンシングなどの注意書きが貼ってあります。

Memory Cornerでは、COVID-19に配慮してサービスを提供していました。

テイクアウトの受け取り、席の順番待ちでたくさんの人がいましたが、COVID-19に配慮して、お店の外で待つのがルールです。

 

「Memory Corner」の店内の様子

Memory Cornerの中に入ってみると、昭和の日本や台湾をイメージした装飾がなされていて、タイムスリップしたような気分になります。

映画「千と千尋の神隠し」に出てくるような、また、台湾のナイトマーケットのような、何とも言えない雰囲気です。

中国語の中に、日本語の店内装飾も時々混じっているのが面白いです。

「Memory Corner」のテーブル

Memory Cornerのテーブルは、4人掛けのテーブルが10卓程度、カウンター席が10席くらいでした。

「Memory Corner」のお客様の層

Memory Cornerの客層は、カップルや若いグループが多かったです。

私たちが食事をした時は、ほとんどのお客様がアジア系でした。

地元のアジア系のお客様が多いのは、本場の味が分かるリッチモンドの中国系コミュニティから高い評価を得ているからだと思います。

「Memory Corner」のサービス

Memory Cornerのスタッフの方のサービスで驚いたのは、オーダーを携帯電話を使って受け付けることでした。

これはもちろんCOVID-19対策でできるだけ接触を避けるためです。

テーブルに貼ってあるQRコードをスキャンすると、テーブル番号に合わせた入力画面に自動的に進みます。

画面の指示通りに入力すれば注文完了です。

お店のスタッフさんとお話できないのは少し寂しいですが、COVID-19にかかる可能性を少しでも減らす取り組みは素晴らしいです。

「Memory Corner」の料理

ではMemory Cornerの料理を紹介します。

Memory Cornerでは鍋(hot pot)、ご飯類、麺類、一品料理など、様々な料理を楽しめます。

様々な種類のお茶や、スムージーなどのソフトドリンクも充実しています。

「Memory Corner」のメニュー

こちらはMemory Cornerのメニューです。

メニューの表記は英語と中国語です。

でも中国語の漢字でなんとなくどんな料理か分かるのと、お勧めの料理には写真がついているので注文は難しくありません。

こちらは鍋料理のメニューです。

こちらは台湾お勧め料理のメニューです。

ご飯、スープとセットになった定食のようなメニューが多いです。

こちらはソフトドリンクメニューの一部です。

ソフトドリンクメニューが充実していて、このページ以外からも選べます。

ここからは、紅茶、スムージー、ミルクが選べます。

スムージーだけでも20種類近くありました。

注文した飲み物

この日注文したのは左から、

  • ホットレモンティー $4.95
  • バナナミルク    $6.75
  • ストロベリースムージー $6.50

でした。

それでは実際に注文した料理を見ていきましょう。

「Memory Corner」の料理

Deep Fried Pork Chop/豚バラの唐揚げ $11.75

Deep Fried Squid Rings/イカの唐揚げ $11.75

揚げ物大好きな息子くんのリクエストで、Deep Fried Pork ChopとDeep Fried Squid Ringsを注文。

特にDeep Fried Pork Chopは、口に入れた瞬間に、

「なにこれ~、ちょーおいしい!」と思わず口に出てしまうほど、大興奮、大満足でした。

Shrimp & Egg Fried Rice/エビと卵のチャーハン $14.95

2品目はエビと卵のチャーハンです。

ご飯はパラパラに炒めてあって、エビはプリプリで、期待以上のおいしさでした。

Pan Fried Chicken with Rice/チキン鉄板焼き定食 $14.95

ちょっと甘めの味付けのチキン鉄板焼きに、山盛りご飯とスープがついたメニューです。

チキンは香ばしく焼けていて、ご飯がもりもり進みます。

付け合わせも美味しく、大満足でした。

Miso & Seafood Hot Pot/味噌海鮮鍋 $15.50


鍋(Hot Pot)は周りのテーブルを見渡すと必ず一つは乗っている、人気メニューでした。
色々な種類が選べますが、今回その中から選んだのは、味噌海鮮鍋でした。

熱々のスープに、エビ、イカ、ムール貝などの海鮮具材がゴロゴロと入っていて、ボリューム満点で体も温まる一品でした。

おまけ 持ち帰り用Box $0

ボリュームがあって全部食べ切れないので、チャーハンと唐揚げの一部を持って帰ることにしました。

そこで持ち帰り用の箱を頼むと、このようなおしゃれな箱を持ってきてくれました。

満足度、さらにアップです。

まとめ

今回は「Memory Corner(メモリーコーナー)」の様子をお伝えしました。

凝った店内装飾で、昔に戻ったような気分で本格台湾料理が楽しめるレストランです。

是非、「Memory Corner(メモリーコーナー)」に足を運んでいただき、本場の台湾料理を楽しんでくださいね。

 

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!