カナダのマリファナ(大麻)合法化について

こんにちは!今回のブログは、カナダのマリファナ(大麻)の娯楽目的の所持、使用が合法化されたニュースについてご紹介します。

ジャスティン・トルドー首相のツイッターより引用

日本人は「ダメ、絶対!」

本題に入る前に、この記事のスタンスをはっきりさせておきますね。

日本人である以上、日本国内で禁止されている薬物は、たとえカナダで合法だったとしても、所持、使用してはいけません。

在バンクーバー日本総領事館からの、注意喚起のメッセージを以下に引用します。

1.カナダでは、本年10月17日から、大麻(マリファナ)の所持・使用が合法化されます。

2.一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。

3.この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。

4.在留邦人や日本人旅行客におかれましては、これら日本の法律を遵守の上、日本国外であっても大麻に手を出さないように十分注意願います。

自分がマリファナを使用しなくても、マリファナの煙が充満している場所にいたりすると、衣服や持ち物にマリファナの匂いが移ります。

日本に帰国した時に、麻薬探知犬に匂いを嗅ぎつけられて取り調べを受ける、なんてことにもなりかねないので、マリファナとは十分に距離を置くようにしてください。

マリファナ(大麻)とは?

そもそも、マリファナ(大麻)とはどんなものなのでしょうか?

日本の厚生労働省のホームページの記述を引用します。

大麻取締法における「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品のことを言います。大麻草の成熟した茎や繊維等の製品、大麻草の種子及びその製品は大麻から除かれます。(大麻取締法第一条)

大麻の穂や葉に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)が脳神経のネットワークを切断し、幻覚作用、記憶への影響、学習能力の低下、知覚の変化などを引き起こします。大麻は、世界で最も乱用されている薬物です。依存症の治療を受けている患者数も増加していると報告されています。

厚生労働省ホームページより引用

要は、タバコやお酒の、より作用が強いもの。ということです。

マリファナ合法化の背景

カナダがマリファナを合法化した背景には、以下の2つの理由があります。

子どもたちがマリファナに触れることを防ぐ

今回の合法化により、マリファナを販売できるのが国や州に認可された店舗のみになるため、政府がマリファナの流通を管理し、未成年者へのマリファナの販売禁止を徹底することが可能になります。

違法なマリファナ市場を撲滅する

現在カナダではマリファナが違法な闇マーケットを通じて流通していて、マリファナ販売の利益はマフィアなどの反社会的組織の資金源になっています。

マリファナを合法化し、市場を政府の管理下に置くことで、犯罪者に資金が流入することを防ぐとともに、マリファナ販売の収益を税金として確保することが可能になります。

参考:カナダ政府ホームページ

何が合法化されたの?

今回カナダで合法化されたのは、以下の内容です。

 

マリファナ(大麻)合法化の内容

  • 成人に最大30グラムのマリファナ所持を許可
  • 一部地域を除いて世帯あたり4株までの栽培を認める
  • 未成年への販売・譲渡には最大14年の禁錮刑を科す

嗜好品としてのマリファナ(大麻)の使用が認められたということなので、お酒とタバコの同列にマリファナが並べられたということです。

 

カナダではCannabisと呼ばれます

カナダではマリファナ(大麻)はCannabis(カナビス)と呼ばれます。

Cannabis

このCannabisの葉を使ったデザインの看板を出している店をバンクーバーでも時々見かけます。

おしゃれな感じで、マリファナとは書いていないので、入ってみたくなりますが、近寄らないようにしましょう。

誘われたら、きっぱりとNO!

嗜好用のマリファナが合法化されたので、カナダ留学中に、友達がマリファナを吸っているのを見たり、マリファナを吸うように勧められることがあるかも知れません。

そんな時は、きっぱりと断りましょう。

合法化で認められた範囲で楽しんでいるなら、マリファナを勧めた友達は何も悪くないので心苦しいですが、断固たる決意で断りましょう。

まとめ

今回のマリファナ合法化は、カナダ国民に自由がまた一つ多く認められたという意味で、良いことだと個人的には思います。

ですが、わたし自身や家族、カナダ留学コンパスを通して留学に来る皆さんには絶対にマリファナに手を出して欲しくないので、厄介な誘惑がまた一つ増えたな、とも感じています。

カナダがまた一つ自由になりましたが、マリファナからは十分に距離を置いて留学生活を楽しみましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る