ページトップへ LINEで相談!

SIMフリーのメリットと日本の電話番号のキープについて

渡航前に確認しておきたいことの1つにスマフォがあります。

日本で使用しているスマフォを海外でも使用したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は日本のスマフォについて、「SIMフリーのメリット」「日本の電話番号をキープしておくこと」についてお話しします。

スマフォをSIMフリーにする

最近、「SIMフリー」という言葉は耳にする機会も増えているでしょう。

わたしも以前から日本で、SIMフリーのスマフォを使用しています。

はじめに以下の2点についてそれぞれお話しします。

  • SIM
  • SIMフリー

SIMとは?

SIMとはスマフォの中に入っているICカード(SIMカード)のことです。

契約した携帯電話会社(キャリア)から発行されて、電話番号や加入者の情報など、そのスマフォを使うために必要な情報が記録されています。

このSIMカードが挿入されていないと、スマフォは電話機器として使用することが出来ません。

例えば、

  • auで購入したスマフォにはauが発行したSIMカード
  • Softbankで購入したスマフォにはSoftbankが発行したSIMカード

が入っています。

基本的にはスマフォの電話機器としての使用は、「SIMカードがどの携帯会社であるかということ」に依存します。

なので、SIMカードを差し替えることによって携帯会社を乗り換えることが出来るのです。

SIMフリーとは?

SIMフリーのスマフォとは、こういったSIMの差し替えによって携帯会社を自由に変えられるスマフォのことです。

SIMフリーのスマフォは下記の2点のどちらかに当てはまります。

  • SIMロック機能が解除されているスマフォ(SIMロック解除済みのスマフォ)
  • 元からSIMフリーのスマフォを購入(AppleストアでiPhoneを買うなど)

それぞれ説明していきます。

SIMロック機能が解除されているスマフォ

前述したように、スマフォを電話機器として使うためにはSIMカードが必要です。

このSIMカードを自由に入れ替えることによって、携帯会社を変えることが出来ます。

しかし、大手キャリア(au、NTTdocomo、Softbank)で購入したスマフォには、他社のSIMを挿入しても利用できないという制限が組み込まれています。

この制限をSIMロックと言います。

したがって、大手キャリアなどで購入したスマフォをSIMフリーにするには、SIMロック解除という作業が必要になります。

SIMロックを解除する方法はこちらに詳しく書いてありますので参考にしてください。

元からSIMフリーのスマフォを購入

これは、AppleストアでiPhone機種のみを購入した場合」などです。

例えば、Appleストアでは「どの会社とも契約していないSIMフリーのiPhone」を購入することが出来ます。

わたしもAppleストアで購入したSIMフリーのiPhoneを使用しています。

このように元からSIMフリーのiPhoneであると、SIMロックもかかっていないのでどの会社のSIMカードを入れても使用することが出来ます。

スマフォをSIMフリーにするメリット

スマフォをSIMフリーにすることで便利なことがいくつかあります。

スマフォをSIMフリーにするメリット

  • 格安SIMを利用することで、携帯料金を安く抑えられる
  • 海外で日本のスマフォを使用できる

こういったメリットがあります。

それぞれ説明していきますね。

格安SIMを利用することで、携帯料金を安く抑えられる

SIMフリーのスマフォに、格安SIMを挿入して利用することで携帯料金を安く抑えることが出来ます。

格安SIMとは?

格安SIMは毎月の料金が安いSIMカードという意味です。

大手キャリアのau、NTTdocomo、Softbankなどの料金に比べて安い傾向にあります。

「格安SIMを提供している会社」の代表例には

  • UQmobile
  • Y!mobile
  • 楽天モバイル

などがあります。

最近CMでもよく見かけますよね。

こういった格安SIMを提供している会社は「MVNO」と呼ばれています。

MVNOは、携帯電話サービスを提供するのに必要な設備(基地局)などを持たず、大手キャリアの基地局などを間借りしているので、安くサービスを提供できているんです。

私は何年か前から格安SIMを利用していますが、月額1500円ほどです。

海外で日本のスマフォを使用できる

長期の渡航だけでなく、海外旅行でもできれば日本のスマフォを利用したいと思う方は多いのではないでしょうか。

SIMフリーのスマフォであれば、海外用SIMカードを使用することで海外でも日本のスマフォを利用できます。

(前述したように、SIMロックがかかっているスマフォの場合には「SIMロック解除」という作業が必要になります。)

短期滞在の場合

海外旅行でも、海外で使用できるSIMカードを購入して、それを挿入することでスマフォ1つで通信が自由自在です。

現地でも購入可能ですが、Amazonや家電量販店などで、海外用SIMカードを日本であらかじめ購入できます。

短期滞在の場合は、現地の電話番号は不要と思われるのでデータ通信のみ使用で充分でしょう。

 

しかしおそらく日本人は、海外旅行の時にWi-Fiを借りることが多いでしょう。

ではレンタルWi-Fi利用と海外用SIMカードを利用する場合を比較してみるとどうなのでしょうか。

海外SIMカードを利用する場合(レンタルWi-Fiと比較)

  • Wi-Fiより料金が安い(後述)
  • 通信制限になってもデータ量を追加購入できる(後述)
  • 荷物がスマフォだけで済む
  • Wi-Fi自体の充電を気にしなくて良い
  • 複数人でシェアできない(Wi-Fiなら友人などと同時利用が可能)
  • 日本のSIMカードを無くさないように気を付ける必要がある

上記を見ると、短期滞在でも海外用SIMカードを購入するほうがコスパが良いことがわかります。

 

SIMカードによっても異なりますが、短期滞在向けの海外用SIMカードには、様々プランが用意されています。

私が海外旅行でよく使うSIMカード(FLEXROAM)は、

  • カナダ8日間:1GB 11.9$
  • 韓国3日間:1GB 5.6$
  • タイ3日間:1GB 3.85$
  • アメリカ8日間:1GB 13.3$

など、国やエリア、日数、データ量などの豊富なプランが用意されています。

レンタルWi-Fiは1日あたり1000円程度ですが、それに比べても海外用SIMは断然値段が安いです。

世界150か国に対応しており、「渡航先・日数や期間・データ量」に応じてプランを購入していくプリペイド式です。

一度SIMカードを購入すれば、次の海外旅行の際にも再利用が出来ます。

支払いはクレジットカードなので、思ったよりデータ量を使ってしまった場合にも現地でデータ量を追加購入も可能です。

専用アプリもあるので、残データ量の確認や追加購入も簡単に行えます。

長期滞在の場合

長期滞在の場合は、短期滞在の場合と異なりデータ通信だけでなく、現地の電話番号も取得しておいた方が良いと思われます。

プリペイド式のものより、月額契約できる海外SIMカードを購入するほうが良いでしょう。

渡航前に日本で購入できるSIMカードもあるのでぜひこちらを参考にしてください。

日本の電話番号を渡航期間中にキープしておく方法

昨今、固定電話などを契約する人も減ってきており各種登録に日本の携帯電話番号を登録している人は多いのではないでしょうか。

わたしもそのうちの一人です。

登録先の電話番号をすべて、実家の固定電話や家族の携帯電話に変更し直すのはかなり面倒です。

そこでここからは、渡航期間中も日本の携帯電話番号をキープしておく方法を説明します。

渡航期間中も日本の携帯電話番号をキープしておく方法

  • 大手キャリアに契約している場合は「保管サービス」を利用する
  • 格安SIMを利用の場合は、一番安いプランなどで契約存続

上記の2つの方法があります。

それぞれ説明していきます。

大手キャリアに契約している場合は「保管サービス」を利用する

大手キャリア(au、NTTdocomo、Softbank)の場合「海外赴任・海外留学により携帯電話を一定期間利用しない場合など、電話番号とメールアドレスを最大何年間か保管してくれるサービス」があります。

「事務手数料2000~3000円+月額300~400円」で電話番号とメールアドレス(@キャリア)を保管してくれます。

既定の範囲内の期間であれば、帰国したのちに再度再利用することが出来ます。

ただし、こちらはあくまでも「保管」を目的としているため、電話・メール等は利用はできない場合があるので注意が必要です。

渡航期間中にも、日本の電話番号やメールアドレスでのやり取りが発生する場合には、各キャリアに確認しておくほうが良いでしょう。

大手キャリアのサポートページを載せていますので参考にしてください。

格安SIMを利用の場合は、一番安いプランなどで契約存続

格安SIMを利用している方は、大手キャリアのような「保管サービス」はないことが多いです。

なのでそういった方は、日本の携帯会社も契約したままの状態でないといけません。

さらに電話番号をキープしておきたいとなると、音声プランが含まれたものを利用する必要があるので、最低でも月1000円ほどはかかってしまう可能性があります。

費用を最小限にするためには

  • 一番安いプラン」へのプラン変更
  • 場合によって他の格安SIMの音声プランに乗り換え

などを行い、出来るだけ費用を抑えることをおすすめします。

しかしこの場合は、契約存続しているため海外でも日本の電話番号でのやり取りが可能です。

(その場合は国際通話料金など別に確認しておくことをおすすめします。)

最後に

今回は、日本のスマフォについて、「SIMフリー」「SIMフリーのメリット」「日本の電話番号をキープしておくこと」についてお話ししました。

契約している携帯会社や、スマートフォンの機種によって対応が異なる場合がありますので詳細につきましては個人で確認してください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る