カナダの携帯会社・キャリアの種類について

カナダ留学を決めて、実際に渡航が近づいてくると不安になってきますよね。

そもそも、カナダ生活を具体的にどのようにスタートさせたらいいのか想像できませんから。

かえで

実は、何を決めたらいいのか分からないくらいのレベルで不安です。

でもご安心ください。初めての海外生活ならそれが普通です。

今回は、カナダの携帯会社について、オススメのキャリアはどれか?について紹介しますね。

カナダの携帯電話会社の種類

ではまず、カナダの携帯電話会社の種類をお話しします。

大きく分けると、日本と同じで下記の3つの種類がありますよ。

  1. 大手(3社)
  2. 大手傘下
  3. 大手以外

カナダの大手の携帯電話会社(3社)

カナダには大手の携帯電話会社が3社あります。

カナダの携帯電話大手3社

  • Bell(ベル)
  • TELUS(テラス)
  • Rogers(ロジャーズ)

上記の大手3社ならほとんど違いはありません。

日本での、ドコモ、AU、ソフトバンクのような感じで、通信の質に心配はいりません。

ですが、安心な反面、提供するプランの価格は少し高めです。

大手3社は、ケーブルテレビや固定電話など、他のサービスと合わせて契約する家族層を主なターゲットにしているのです。

そのため、留学やワーホリでカナダに滞在するときに利用するには、大手3社は少し使い勝手が悪いかもしれませんね。

Bell(ベル)

Bell

Bell(ベル)はオンタリオ州など、カナダ東部の州で比較的強いです。プロサッカーチームの「バンクーバーホワイトキャップス」のメインスポンサーをしているなど、西海岸でも存在感があります。

安心の大手ブランドで、日本で言ったらNTTドコモのような感じです。

TELUS(テラス)

Telus

TELUS(テラス)はブリティッシュコロンビア州など西海岸で強い携帯電話キャリアです。携帯電話キャリアとしてよりも、ケーブルテレビ事業者としての存在感が大きいです。バンクーバーにある科学博物館「サイエンスワールド」のスポンサーをしていることでも有名です。

日本の携帯電話キャリアでいうと、AUのような感じです。

ROGERS(ロジャーズ)

Rogers

ROGERS(ロジャーズ)はカナダ全土でまんべんなく強い携帯電話キャリアです。バンクーバーにあるプロアイスホッケーチームの「バンクーバーカナックス」のホームアリーナである、「ロジャーズアリーナ」の命名権を保有しています。

若者からの支持を受けているブランドで、日本の携帯電話キャリアだと、ソフトバンクのような位置づけです。

カナダの大手傘下の携帯電話会社

カナダは携帯電話キャリアの大手3社があること、大手3社は家族向けのプランを主に提供していることをご紹介しました。

そこで、単身世帯の、シンプルで安価なプランを求める需要に対応するのが、大手3社の傘下の携帯電話会社(サブブランド)です。

携帯大手3社とサブブランド

  • Virgin Mobile (Bell傘下)
  • Fido(Rogers傘下)
  • Koodo Mobile(Telus傘下)

これらのブランドは、通信設備は大手3社のものを使っているので、カナダ全土での安定した通信が可能です。

また、料金も低めに設定されているので、留学、ワーホリでカナダに来る方にオススメですよ。

Virgin Mobile (Bell傘下)

Virgin Mobile

航空会社や音楽ショップでおなじみの、Virgin(ヴァージン)グループの携帯電話会社を、Bellが買収して傘下に収めたのがVirgin Mobileです。

通信設備はBellのものを使用しています。

Fido(Rogers傘下)

Fido

Rogers傘下のサブブランドがFido(ファイド)です。

若者向けのブランディングに成功していて、わたしがバンクーバーで留学していた時に、一番多くの友人が使っていたのがFidoでした。

Koodo Mobile(TELUS傘下)

Koodo Mobile

Koodo MobileはTELUSのサブブランドで、スマホ購入とセットになった長期契約プランが強いです。

 

カナダ大手以外の携帯電話会社

ここまでご紹介した、大手事業者とその傘下のサブブランドの他に、新興勢力の会社もあります。

 Freedom Mobile(フリーダム・モバイル)

Freedom Mobile(フリーダム・モバイル)という会社がサービスを拡大中です。

Freedom Mobile(フリーダム・モバイル)

Freedom Mobileは大手3社より後発ということもあり、料金プランはかなり安く設定されています。

 PhoneBox(フォン・ボックス)

そして、カナダ留学コンパスで一番オススメしているのが「PhoneBox(フォン・ボックス)」です。

PhoneBox(フォンボックス)

大手のサブブランドとは異なりますが、大手の回線を借りてサービスを行っています

PhoneBoxは、バンクーバーとトロントに店舗があって、TELUSやRogersの回線を契約できます。

そしてPhoneBoxの最大の特徴は日本語で契約ができることです。

かえで

これは素敵!

カナダの携帯電話は「PhoneBox」がオススメ

実際にカナダで携帯電話を契約するときにネックになるのが英語ですよね。

かえで

やっぱり英語で手続きしないといけないんでしょうか?ちょっと不安です。

さらに、英語以外にも困ることがあります。

パスポート以外にカナダ政府発行の身分証明書を求められたり、ひどいときには、短期滞在のビザだと契約そのものを受け付けてくれないこともあるのです。

カナダの通常の携帯電話ショップでは、カナダ人を相手に営業しているので、留学生の契約についてショップのスタッフが理解していないこともあるんです。

そんな中でも頼りになるのが日本語で対応可能な「PhoneBox」という携帯電話ショップです。

PhoneBoxなら日本語で安心

PhoneBoxは、大手事業者の回線を使って、独自の料金プランで携帯電話サービスを提供している会社です。

日本語でサービスが受けられる他、留学、ワーホリ中に利用する人の対応に慣れているので、パスポートとクレジットカードのみで契約が可能です。

もちろん、短期滞在だからと言って契約を断られることもありません。

PhoneBoxなら、日本語で契約できる安心感と、カナダ大手通信事業者の回線を使える利便性の両方を得ることができます。

日本でSIMカードを購入しよう

PhoneBoxでは、カナダに着いてすぐ、お店に行ったその日に携帯電話の契約をすることができます。

でも……

かえで

携帯電話がない日が、1日でもあったら不安だなぁ……。

……という人は、日本にいながらPhoneBoxのSIMカードを購入できますよ。

ちなみに日本からSIMフリーのスマホを持ってきてカナダで使う方法はこちらで紹介しています。

まとめ

いざという時の通信手段としても、絶対に必要な携帯電話を安心して契約して、カナダでの生活を早く軌道に乗せましょう。

カナダ留学コンパスでは、携帯電話の契約だけでなく、カナダ生活を始める際の手続き全般のサポートをしていますよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る