カナダでお酒の飲める年齢

カナダは日本よりも早くからお酒が飲めるということを知っていますか?

ただ、ややこしいことに、州ごとに18歳もしくは19歳以上と異なります。

自分の滞在先での飲酒可能年齢をしっかり把握して、間違いのないようにしましょう

それでは、今回はカナダでの飲酒可能な年齢と、カナダでの飲酒のルールを紹介します。

カナダでの飲酒可能な年齢

さっそくですが、カナダの州・準州ごとに異なる、飲酒可能な年齢を一覧で見ていきましょう!

【カナダ】飲酒・アルコールの購入が可能な年齢
18歳以上
  • アルバータ州(カルガリー、バンフ)
  • マニトバ州
  • ケベック州(モントリオール)
19歳以上
  • オンタリオ州(トロント)
  • サスカチュワン州
  • ブリティッシュ・コロンビア州(バンクーバー、ビクトリア)
  • ニューファンドランド・ラブラドール州
  • ノバスコシア州
  • ニューブランズウィック州
  • プリンスエドワードアイランド州
  • ノースウエスト準州(イエローナイフ)
  • ユーコン準州
  • ヌナブト準州

中には18歳以上というところもあるようです。

カナダ留学コンパスのあるバンクーバーはブリティッシュ・コロンビア州となるので、19歳からお酒が飲めて、購入ができます

カナダにいる19歳の日本人の飲酒はOK?

それでは、ここで問題です。

日本人(日本の国籍保有者)で19歳の場合、バンクーバー到着後に飲酒やお酒の購入はできるのでしょうか?

答えは購入できるです。

その理由は、海外に滞在している場合は、その国の法律が適用されるから。

そのため、日本での未成年である19歳でもバンクーバーでは飲酒やお酒の購入ができます。

かえで

日本だと20歳にならないと飲めないのに、カナダにいたら大丈夫なんだ!

さらに、海外で初めて飲酒をする場合は、特に注意が必要!

自分の適量が分からなかったり、アルコール自体が合わない体質だったりした場合、思わぬトラブルになる可能性があるので、ご慎重に。

日本とは違うカナダの飲酒に関するルール

これまで、飲酒可能な年齢を紹介しましたが、その他にカナダでの飲酒に関するルールをお伝えします。

日本と違う飲酒のルールはコチラです。

  1. IDや身分証明証の所持を忘れずに!
  2. コンビニでお酒が売ってない
  3. 屋外での飲酒が禁止
  4. 午前3時以降の飲酒ができない

それでは詳しくみていきましょう!

IDや身分証明証の所持を忘れずに!

日本以上にカナダでは、お酒の注文・購入する際に、必ずと言っていいほどIDや身分証明書の提示を求められます。

かえで

ええー! カナダはお酒に厳しいんだね!

カナダ自体がアルコールの違法購入や提供に対してとても厳しく、未成年者などに提供や販売をしてしまうと、お店にペナルティ(営業停止処分など)が与えられてしまうから。

だから、提供者は「明らかに19歳以上でしょ!?」という場合でも、「もしも」をさけるため、「ちょっと気になっただけ」でも提示を求めざるを得ないのです。

25歳以下に見えると提供者が判断をした場合に、提示が求められるようです)

お店側も厳しい対応を取らざるを得ないんですよね。

passport and note

残念ながら、「私、未成年に見えるんだ〜。」と喜んでしまいそうですが、「未成年に見える」だけではない理由があったんです!笑

特に日本人は、実年齢より若く見られがちですので、「IDや身分証明書の提示は求められるもの」と考えておいてください。

お酒を注文・購入する歳には、IDや身分証明証の所持を忘れずに!必ず持つようにしましょう!

ID・身分証明書とは?

  • パスポート
  • 国際免許証
  • カナダの運転免許証
  • 州発行の身分証明書
    バンクーバーの場合、BCID(British Colombia Identification Card)
  • ※場合によっては、セカンド・ID、つまり2つ目の身分証明書を求められることもあるようですので、その場合は、クレジットカードなどを提示ください。
    ※コピーだと認められない場合が多いので、現物をお持ちください。

コンビニでお酒が売ってない

日本では、酒屋さん以外にも、コンビニでもスーパーでもドラッグストアでも、色々なところでお酒の購入が可能です。

ところがカナダでは、基本的にはお酒を販売するには、州政府から許可を受けているお店に限られます。

ようするに、ほとんどが州営の酒屋さんなんです!

州営の酒屋は不便なことがある

もちろん、個人経営の酒屋もあるのですが、お酒の種類は少ないあげく、値段が高かったりします。

それじゃ、断然、州営だね!」と、なるかもしれませんが、州営だからこそ不便な点も……。

(ブリティッシュ・コロンビア州の「BC Liquor Stores」を例にご紹介します)

  • 日曜日、お店が休み
  • 夜23時以降、お店が閉まる

以上から、基本的なお酒の購入は州営で、緊急用として個人経営のお店(日曜日や23時以降に空いてたりする)でと、使い分けるのがいいのではないでしょうか?

お酒は、時間と量に余裕を持って準備しておく」に限りますね!

酒屋ではセカンドIDを求められることが多い

また、私の経験談ですが、酒屋さんでお酒を購入する際、パスポートはもちろんですが、セカンドIDを求められることも多かったです。

セカンドIDを求められた場合、提示ができないと購入を拒否されるので注意が必要です。

もちろん、実際には、IDのチェックがなくても買える場合もありますが、セカンドIDも準備している方が安心ですね。

同行者のIDを求められることも

そして、たまに友達と一緒にレジに並んでいると、購入者はもちろんですが、友達(同行者)のIDの提示もお願いされることがあります。

自分が持っていたとしても、同行者が持ってないと購入を拒否されるので、「諦めるか、IDを取りに行き再来店」の必要ありです……。

そんなトラブルをさけるために、もし友達がIDなどを持っていない場合、お店の外(お店から離れた場所)で待っておいてもらい、自分が買いにいくようにするのがよいです。

もちろん、逆もありです!

Eri

最近では、地域によってはお酒が購入できるスーパーなども増えてきています。
割高にはなるのですが、酒類販売のライセンスを持つレストランやバーなどでも購入ができたりしますよ。

屋外での飲酒が禁止

日本では、「お花見」だったり、「BBQ」だったりと、屋外でお酒を飲む場合は特に、場所の規制はないですよね?

ですが、カナダでは公共の場での飲酒は禁止されています。

公共の場所ということで、当然公園での飲酒もNGなので、カナダではお花見ができないんです……。

カナダで飲酒のできる場所

それでは、どういう場所だと飲酒がOKなのかというと下記です。

カナダで飲酒がOKな場所

  • レストランやバー
  • 許可を受けたポップアップストア
  • 自宅の敷地内

なかなか、飲酒ができる場所が限られますよね……。

ちなみにイベントなどのときには、屋外で飲酒ができるコーナーが設けられることもありますが、こちらのような看板が置かれ、「飲める場所」が規制されます。

もしも、公共の場所で飲酒が見つかった場合は、ペナルティ(罰金)が課せられるので注意が必要です。

「お酒のパッケージ丸見え」の状態で持ち運ぶのはNG

飲酒だけではありません。

酒屋さんでお酒を購入、もしくは、家からお酒を持ち運ぶ場合、ショッピングバックに入れず、パッケージが丸見えの状態で持ち運ぶのはNGです。

お酒の持ち運びは、ショッピングバックやカバンなどに入れ、見えないようにしましょう!

開封済みのアルコールを持ち運ぶのはNG

瓶や缶のフタを開封したアルコール類を持ち運ぶのもNGです。

もしも、開封をしたアルコール類の持ち運びが警察官に見つかってしまうと、その場で、中身を捨てさせられます……。

かえで

カナダのお酒事情ってけっこう厳しい!!

日本でのお花見が外国人にも人気になる意味が分かりますよね!

屋外でもお酒が飲める」、日本のいいところの一つかもしれません。

午前3時以降の飲酒ができない

日本では、以前よりは減りましたが、24時間営業の居酒屋があったり、朝まで飲めるお店がたくさんありますよね?

カナダのレストランでは「お酒の提供時間」が設定されています。

お酒の提供可能時間:午前11時~午前3時

ですので、午前3時を回る前までに、たとえ中身が残っていたとしても、お酒のボトルやグラスは片付けられてしまうので注意が必要です。

片付けられる前に飲み終えましょう。

まとめ

いかがでしたか?

州ごとに違うなんて、日本(日本だと都道府県で変わるってことですが……)では考えられないですよね?

バンクーバーでは19歳以上で飲酒ができます。

「日本よりも1年早く、飲酒ができるなんてラッキー」ではあるのですが、滞在先のルールをしっかり把握し、ハメを外しすぎずないように!

カナダでは「アイスワイン」など有名なお酒もありますので、滞在先での「地元のお酒」なども楽しんでみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る