「カナダ在住の留学エージェント」と「日本の留学エージェント」の違い

留学エージェント」という言葉がありますが、そもそも「エージェント」という言葉はなんでしょうか?

日本語では「代理人」という意味ですが、誰かの委託を受けて代わりにその作業を遂行する者のことです。

たとえば、弁護士や会計士を思い浮かべてください。難しい作業を代わりに遂行してくれますよね?

「留学エージェント」なら、留学希望者の代わりに留学に関する様々な手続きを代行し、学校の代わりにお客様と接します。

留学エージェントの種類

カナダ留学を扱っている留学エージェントには大きくわけて2つがあります。

  • 日本にオフィスを構える留学エージェント
  • カナダ現地にオフィスを構える留学エージェント

の2つがあります。

日本にオフィスを構える留学エージェント

日本にオフィスを構えるエージェントはカナダだけでなく複数の国への留学をサポートすることが多いです。

日本のエージェント、特に大手の会社は組織的なサポート力と過去に蓄積された情報が強みです。

会社の中で航空券担当、保険担当など、担当を分けていたりするので、トラブル時の受け体制がしっかりしているといった印象があるとおもいます。

カナダ現地の留学エージェント

カナダ現地に事務所があり、主にその都市および周辺都市の留学サポートをしてくれるエージェントです。
日本には事務所を持たず、カナダのオフィスのみでサービスを提供しているところが多いです。

カナダ現地の留学エージェントのカウンセラーはカナダ留学の経験者であることがほとんどで、自身の経験を生かして、カナダに特化した密度の濃いカウンセリングと現地サポートが期待できます。

留学エージェントに大きく分けて日本在住とカナダ現地の2種類があるとご紹介しました。

では具体的はそれぞれどんな強み、弱みがあるのでしょうか?

組織力と世界中へのサポート体制

日本のエージェントとカナダのエージェントで大きな差が出るのは、組織力と世界中へのサポート体制です。

日本にオフィスを構える留学エージェントは世界中がサービス対象

日本にオフィスを構える留学エージェント、特に規模が大きい大手のエージェントは、カナダだけでなく、世界中への留学をサポートしてくれます。

ただし、会社として情報量はあってもカウンセラーは様々な国の留学をサポートしている為、学校に関する情報の種類が少なかったり、新しくない場合が多いです。

カナダ、オーストラリア、フィリピンにそれぞれ10年以上住んで現地のことに熟知しているベテランカウンセラーというのはめったにいません。

だいたいの場合、過去に数年どこかの国に留学した経験がある程度です。

カナダ現地の留学エージェントはカナダに特化したサービス

カナダ現地の留学エージェントは、カナダへの留学にサービスを特化しています。

カナダ全土の学校を紹介可能なことが多いですが、エージェントがオフィスを構える都市とその周辺に強いです。

カナダ現地の生情報の得やすさ

カナダ現地の生の情報量については、カナダにオフィスを構える留学エージェントに軍配が上がります。

日本在住の留学エージェントには現地の最新情報がない

例えば「学校のオーナーが変わった事で雰囲気が変わり、ここ数か月間評判 がすごく落ちて生徒も不満足」というような情報は、日本から入手するのは難しいです。

日本在住の留学エージェントも学校と連絡を取って日々情報を更新していますが、学校が教えたがらない、生の情報(裏情報)は現地にいるエージェントの方が多く持っています。

カナダ現地の留学エージェントは、生活情報にも強い

カナダ現地の留学エージェントは、学校関係者と日々連絡を取り合っているので、常に学校の最新情報を把握しています。

さらに、カナダで実際に生活しているカナダ現地の留学エージェントは、カナダで起きている社会の変化を生で体験しているので、カナダの生活情報にも強いです。

例えば、カナダでは2018年10月に大麻(マリファナ)が合法化されましたが、そうした社会の変化についての情報提供ができるのが、カナダ現地の留学エージェントの強みです。

日本にいる間の相談のしやすさ

日本とカナダの間には、12時間から15時間の時差があるので、タイムリーに相談できるかどうかが日本とカナダのエージェントで大きく異なります。

日本在住の留学エージェントは日本で相談しやすい

当たり前ではありますが、お互い日本にいるので時差なく相談が出来ます。

カナダ在住の留学エージェントは時差があって相談しにくい

カナダ在住の留学エージェントは、留学前の相談の時には12時間から15時間の時差があって、メールの返信が遅くなったり、スカイプ等を使って直接お話しする場合でも、時間帯が日本の深夜と早朝に限定されてしまいます。

留学を思い立ったら早く決めていきたいので、タイムリーに相談できないのはもどかしいですよね。

カナダに着いてからの相談のしやすさ

いっぽう、上でご紹介した日本にいる間の相談のしやすさは、カナダに着いて以降は完全に逆転します。

日本在住の留学エージェントの現地サポートは外注

日本在住の基本的には学生が契約するまでの仕事を受け持っているのが特徴で、契約後は現地サポートオフィス(外注)にサービスを委託することが多いです。

現地サポートオフィスは、外注専門でサポートやホームステイを請け負っている場合が多いのです。

※ このことは公には公言されていませんが、いわゆる大手といわれる留学エージェントの「現地サポート」は外注でほかの会社が受け持っています。

つまり、日本での担当者とは全く別の別会社の方が対応する場合が多いのです。

カナダ在住の留学エージェントは現地サポートが強み

カナダ現地のエージェントは、カナダに着いてからは時差なく、リアルタイムで相談に乗ってくれます。

留学エージェントのサービス内容をまとめた記事もご参考に。

なお、カナダ現地のエージェントでも、対応するスタッフは日本人もしくは日本語の通じるスタッフであることが多いです。

様々なトラブルにタイムラグなしに対応

自分で入学手続きするよりも簡単で安心だし、困った時やトラブルに陥った時も日本在住のエージェントと違い「会って」直接相談に乗ってもらえるのが強みですね。

たとえば、こんなふうに様々なトラブルに対して安心して相談できます

  • アルバイト先での給料支払いのトラブル
  • 盗難問題
  • セクハラ問題
  • 銀行の口座開設
  • 携帯電話の契約
  • 新しいアパートの契約
  • 履歴書の書き方指導・チェック
  • 仕事探しのアドバイス
  • カナダ滞在延長の相談
  • 帰国前の進路相談

現地なので、タイムラグなしにすぐに相談に乗ってもらえるというのは、かなりのメリットです。

学校担当者との距離感

カナダ現地のエージェントの方が、学校との密接な関係を築きやすいです。

日本在住のエージェントは紹介する学校が偏りやすい

日本在住のエージェントの場合、日本にオフィスがあったり、日本に担当者を頻繁に出張させる学校に紹介が偏る傾向があります。

現地の情報を満遍なく集めることが物理的に不可能なため、結果的に学校に関しての情報も偏りが出て、詳しい学校、詳しくない学校の差が出てきます。
そのため、留学カウンセラーは自分が過去に学生を送った実績があって情報を集めやすい、一部の学校に偏って学生を送ってしまったり、頻繁に日本に営業に来る学校を紹介してしまう傾向もあるようです。(参考 留学エージェントに紹介される学校の偏り )

カナダ現地のエージェントは学校との関係が緊密

いっぽう、カナダ現地のエージェントだと、大学や語学学校が距離的に近くにあるので毎月様子を見に行くことができます。

そのため、学校担当者との距離が近いというメリットがあります。

その結果、お得な情報や最近の生徒動向などをいち早く入手できますし、学校でのトラブル発生時にも迅速に対応できます。

ちなみに、カナダ留学コンパスでは、毎年学校の様子を実際に通っている生徒さんから生の情報を得て、毎年、ランキング形式でオススメの学校を発表しています。

「新鮮な学校情報を得られる」という現地のメリットを有効につかい、最適な学校や留学プランのご案内ができるようになっています。

サービス料金

サービスの料金についても、日本在住かカナダ在住かの差が出ます。

日本在住の留学エージェント

日本在住の留学エージェントは学校紹介などの手数料が高額なケースが多いようです。

5万~20万円ほど、手数料、手続き料、通信費、文書作成料など、様々な名目でチャージする留学エージェントもあります。

手数料で20万円もかかるとすると、もしそれが無料だった場合にはだいたい一か月くらい長く留学することができたりします。

カナダ在住の留学エージェント

カナダ在住の留学エージェントは、学校紹介と入学手続き代行を無料でおこなっている会社が多いです。(カナダ留学コンパスの学校紹介サービスも無料です!)

カナダ在住の留学エージェントは、学校から受け取る紹介料(コミッション)でビジネスが成り立っているので、学校紹介と入学手続き代行を無料で行っている会社が多いのです。

カナダ留学コンパスは日本とカナダのいいトコ取り!

ここまで、日本にオフィスを構える留学エージェントと、カナダ現地の留学エージェントを比較してきました。

しかし、日本とカナダの両方にオフィスのあるエージェントも中にはあります。

 

末永

カナダ留学コンパスでは2017年に東京にもオフィスをOPENし、対面でのカウンセリングも出来るようになりました!

 

「長々と書いてきて、最後は自慢かよ!」というお怒りの声が聞こえてくる気がします。すみません。

ですが、日本の留学エージェントと、カナダの留学エージェントの良い面を兼ね備えたサービスを提供できる体制を整えたことはカナダ留学コンパスの大きな強みで、胸を張って自慢したいです。

留学の初回相談から留学を終えて帰国する日まで、一貫したサポートを提供しますので、留学先をカナダに決めたら(他の国とカナダの間で迷っている段階でも)、カナダ留学コンパスにご相談ください。

 

まとめ

いかがでしたか?

エージェントには日本在住、カナダ在住の種類がありますが、エージェントを頼りたいようなトラブルは、カナダに来てからの方が多いので、カナダに来てからのサポートに強い、カナダ在住のエージェントに相談することをおすすめします。

でもやっぱり、カナダ留学を決めるまでの相談にも、メールやスカイプではなく、直接会って対応して欲しいですよね。

カナダ留学コンパスは、カナダ現地のエージェントでありながら、東京にもオフィスを持っているので、留学前の相談から留学中のトラブル対応、留学後のカナダ永住相談まで、ワンストップで一貫してサポートします。

まずは一度、無料相談をご利用ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る