BLACK+BLUE(ブラックアンドブルー)| 人気の高級ステーキレストラン

今回は、バンクーバー・ダウンタウンにある、「BLACK+BLUE(ブラックアンドブルー)」に行ってきました。

「BLACK+BLUE(ブラックアンドブルー)」は、「GLOWBAL RESTAURANT GROUP(グローバルレストラングループ)」というバンクーバーで高級レストランを展開するグループの内の人気高級ステーキレストランです。

それでは、実際のお店の様子や食事など詳しく見ていきましょう!

「BLACK+BLUE(ブラックアンドブルー)」の詳細情報

「BLACK+BLUE(ブラックアンドブルー)」は、「GLOWBAL RESTAURANT GROUP」というカナダで8店舗も展開しているレストラングループの中の1店舗です。

BLACK+BLUE(ブラックアンドブルー)の詳細情報
店名 BLACK+BLUE
住所 1032 Alberni Street Vancouver, BC V6E 1A3
電話 604-637-0777
予約 オンライン予約または電話予約
営業時間 【月曜・火曜日】14:30am~10:00pm
【水曜日・木曜日】11:30am~10:00pm
【金曜日】11:30am~11:00pm
【土曜日】14:30am~11:00pm
【日曜日】14:30am~10:00pm
定休日 Christmas Day(Eveも該当する場合あり)・New Year’s Day
駐車場 有り(有料)
クレジットカード 使用可能
喫煙状況 完全禁煙 (※ カナダの飲食店はすべて完全禁煙です
公式サイト https://www.glowbalgroup.com/blackblue/

席の時間

現在コロナの影響で、席の時間は予約時間から90分となっています。

通常時でも2時間制のようなのでご注意ください。

「BLACK+BLUE」への行き方(アクセス)・地図

「BLACK+BLUE」は、バンクーバー・ダウンタウン内の、ウェスト・ジョージア通りの1本隣り「アルバーニ通り」沿いにあります。

お店は最寄りのからも徒歩圏内と、とても立地の良い場所にあります。

スカイトレイン・エキスポラインのバラード駅が最寄りで、駅から歩いても5分程度です。

また、スカイトレイン・カナダラインのバンクーバーシティーセンター駅からは徒歩8分程度と、他の路線でもアクセスしやすいですよ。

【おすすめ】バラード駅から徒歩でのアクセス

「BLACK+BLUE」の最寄り駅は、スカイトレイン・エクスポラインのバラード駅です。

  1. エキスポライン・バラード駅の改札を出て、エスカレーターで地上に出ます。
  2. 地上に出ると右手に「スターバックス」と「マクドナルド」があるので、その方向に向かいます。
  3. マクドナルドを右手に、まっすぐ道なりに進んでいきます。(5分程度)
  4. 進んでいくと右手角に「Tiffany&Co」が見えます。その前の通りが「アルバーニ通り」になります。
  5. レストランは「Tiffany&Co」の反対側になりますので横断歩道を渡ってから右に曲がりましょう。
  6. レストランは「Tiffany&Co」から見て右斜め前にあります!

目印は、「BLACK+BLUE」と書かれた大きな看板とテラス席です!

この看板の下がテラス席になっています!

迷われた際には、「Alberni St(アルバーニストリート)」と「Burrard St(バラードストリート)」と尋ねてみて下さいね!

「BLACK+BLUE」の混雑状況

「BLACK+BLUE」は、アクセスが良いバラード通りの近くでもあり、隣にはウェストジョージアストリートと、大きい道路にも近いです。

人気店のため、特に金曜日と土曜日は非常に混雑するようです。

私は木曜日の夜に行きましたが、それでも席はかなり埋まっていました。

コンスタントにお客さんが来店されている様子でした。

予約なしでも入れるようですが、確実に入るには事前予約をオススメします。

オンラインで予約が出来るので、英語での電話予約が不安な方でも簡単に予約できますよ!

※現在は、COVID19の影響で座席数を制限しているそうです。
オンラインまたは電話にて事前予約をオススメします。
ウェブサイトhttps://www.glowbalgroup.com/blackblue
電話番号:604-637-0777

「BLACK+BLUE」の外観

「BLACK+BLUE」の外観の様子です。

目の前にあるイルミネーションが彩られた木もとても印象的ですね。

来店した日はあいにくの雨でしたのでお客さんは座られていませんでしたが、テラス席もとても素敵でしたよ!

「BLACK+BLUE」の駐車場

「BLACK+BLUE」には駐車場はありますが、お店を利用しても有料だそうです。

台数に限りがありますので、お店周辺にある有料パーキングなども合わせてご利用ください。

もちろんお酒を飲む方は、交通機関をご利用ください。
(日本と同じく、飲酒運転の罰則があります。)

「BLACK+BLUE」の店内の様子

店内はとても広く、1階の中央におしゃれなバーカウンターがあります。

たくさんのお酒が並んでいて、バーカウンターにも何人かお客さんが座られていましたよ!

このバーカウンターの頭上が吹き抜けになっており、その吹き抜けを囲むように2階席があります!

2階もたくさんのお客さんで賑わっていました。

「BLACK+BLUE」はどちらかというとクラシックな感じで、店内の照明は少しトーンを落としているような印象です!

ですが、バーもありお酒を飲まれる方も多いのか音楽などもかかっていて賑やかな一面もあります。

ちなみに2階から下を覗くとこのような感じです!

上から見るとバーカウンターが光っていてとても綺麗でした。

「BLACK+BLUE」はワインの種類もとても多いのですが、このようなおしゃれなワインのインテリアも飾られていましたよ。

お客様はドレスアップしている方も多かったです。

ちなみに店内にはこのようにお肉を保存しているところも見られます!

実際にこんな間近で見られるのもおもしろいですね!

このお肉の周りには他のお客様も珍しそうに集まっていました。

「BLACK+BLUE」のテーブル

「BLACK+BLUE」で、今回利用したテーブル席の様子です。

私の席は1階でした!

ちなみにお隣の4人掛けのテーブルはこのような感じでしたよ!

「BLACK+BLUE」のお客様の層

「BLACK+BLUE」のお客様の層は、地元のカナダ人からアジア圏のお客様まで様々です。

恋人とのデートや家族での特別なお食事などのシチュエーションでの利用が多いように感じました。

中には、「お子様が本日誕生日」というお客様もいましたよ!

お客様は、比較的綺麗めな格好をされている方が多く、お子様もかわいいドレスを着ておめかしされているような家族連れも多く見かけました。

「BLACK+BLUE」のサービス

「BLACK+BLUE」のサービスについてお伝えします。

とても満足のいくサービスをしていただきました。

私は今回「DineOut」のコースを頼むと決めていましたが、それに合うワインやお肉の焼き加減なども相談に乗ってくれました。

またコースの内容も丁寧に説明もしてくれたので、前菜からメイン料理まで不安なく選ぶことが出来ました。

もちろん、お酒や水が無くなりそうになると「おかわりはいりますか?」と尋ねてくれます

個人的にはお水が無くなった時に、注ぐ前に「おかわりがいるか」聞いてくれるのは良かったな、と思いました。

また、私は1人で来店したのもありましたが、定期的に「お味はどうですか?」「何かお手伝いはいりますか?」など声をかけてくれたので、気にかけてくれている印象を受けました。

「BLACK+BLUE」のメニュー

それでは、「BLACK+BLUE」のメニューを紹介していきます!

※COVID19の影響で、今回のように一部のメニューでは紙のメニューが提供されない場合がありますので、必ずスマートフォンなどをお持ちください(お店にWi-Fi環境はあります。)

ドリンクメニュー

こちらがドリンクメニューです。

ドリンクメニューは15ページに及ぶほどメニューが豊富なので一部を紹介しますね!

こちらはグラスワインのメニューです!

もちろんボトルワインも豊富に取り揃えています。

赤ワイン・白ワインそれぞれで見開き2ページありました!

それに加えて、国別やブドウの品種ごとにワインメニューが分かれています。

おそらくワインメニューだけで10ページ以上はあります。

ワインが苦手な方でも、カクテルメニューなどもあるので安心してください。

ちなみにスコッチなどのウイスキーメニューもありますよ。

ワインが中心のメニューになりますが、もちろんロゼやシャンパンなどもあります。

ですが、やはりステーキレストランなのでワインを注文するお客様が多いようでした。

フードメニュー

私は今回、「Dine Out Vancouver」というコースを注文しました。

こちらがそのメニューになります。

ちなみにもしフードを単品などで注文する場合はこちらのQRコードを読み込んで注文する形になります。

「BLACK+BLUE」のフードメニューはこちらです。

ステーキレストランなのでお肉のメニューが豊富ですが、

  • 前菜
  • スープやサラダ
  • 魚料理などのお肉以外のメイン料理

も揃っているので、お肉以外の料理など色々楽しめるのもいいですね!

現在はコロナの影響で、水曜日~金曜日のみランチの提供をしているようですが、と同じメニューだけでなく、曜日ごとのランチが$15で味わえるのが良いですね!

さらに、毎日14:30~17:30までHAPPY HOURを開催しており、お酒を飲んだり軽く召し上がりたい方にもおすすめです!

実際の飲み物

それでは実際に注文をした飲み物をみていきましょう!

Rocca dell Macie/5oz($12)

今回は、「Rocca dell Macie」というイタリア産の赤ワインを注文しました。

ドリンクメニューでお話しした通り、ワインメニューは10ページ以上もあります。

1人での来店なのでグラスワインの予定でしたが、それでも種類が豊富。

サーバーの方に「コースのステーキ」に合うものはどれか聞いたところ、こちらのワインがミディアムボディでおすすめとのことでした。

ワインの好みでフルボディが好きなら、他にもオススメがあると2つほど提案をしてくれました。

好みを聞きながら一緒に選んでくれるのはとてもありがたかったです。

実際の料理

それでは実際に注文をした料理をみていきましょう。

注文したのは先ほど紹介した「Dine Out Vancouver」コース($54)です!

こちらのコースは、

  • STARTER
  • ENTREES

の中から好きなものを1つ選択します。

DESSERTは1種類ですでに決まっています。

追加料金でアップグレードのメニューも選べますよ。

これは「Dine OutVancouver Festival」というバンクーバーのイベントにちなんで作られた特別コースです。

コースの提供は2021/02/05~2021/03/07までになります。(2/12~14を除く。)

この時期はこのコースを注文するお客様が多いようですよ!

Dine Out Vancouver Festivalとは?

Dine Out Vancouver Festivalは、バンクーバー観光局が主催する外食産業のイベントです。元々は、2002年にバンクーバーの観光協会と食やワイン愛好家の方々が外食産業を盛り上げるために始まったイベントです。現在では、多くのレストランが参加する カナダ国内でも最大級の食イベントです。

STARTER:Sablefish Chowder

まずSTARTERの中から好きなものを1つ選びます。

今回は私は「Sablefish Chowder」を選びました。

最初から驚かされたのは、目の前で実際にスープを注いでくれるんです!

最初はこのように具材だけ入っている状態で運ばれてきますが

目の前でサーバーの方がチャウダーを注いでいきます。

不意打ちすぎて、カメラを回し忘れていたのですがサーバーの方が察して、注ぐのを待ってくれました。

そして実際のスープがこちら。

すでにチャウダーのいい香りがしてきて食欲がそそられました。

サーバーの方に「ブラックペッパーをかけますか?」と聞かれたので、かけてもらいました。

かけたあとがこちらです。

ブラックペッパーはもちろんお好みですが、個人的にはかけて大正解!!

ブラックペッパーの香りとアクセントでよりチャウダーが引き立ちます!

チャウダーの中にはSeblefish(ギンダラ)とスモークベーコンがメインで入っています。

お肉を中心に扱うお店だけあって、スモークベーコンも燻製の味がすごくよく出ていました。

ギンダラもとても柔らかく、どちらもチャウダーと絡んでとてもおいしかったです!

ENTREES:Grilled USDA Beef Striploin

メイン料理では「Grilled USDA Beef Striploin」を選びました!

やはりステーキレストランに来たので、「ステーキを!」と心に決めていました。

追加料金で「Steak Oscar」または「Blue Cheese Crust」をトッピングできると言われましたが今回は”なし”にしました。

焼き加減を聞かれましたが、オススメを聞いたところ

  • ミディアム
  • ミディアムレア

と教えてもらい、今回は「ミディアムレア」にしました。

USDA Beef Striploinとは?

USDAというのは、アメリカの農林水産省のようなものらしいです、そこで認定されたお肉ということのようです。

そしてBeef Striploinというのは日本でいう「サーロイン」と呼ばれる部位です。

実際の料理がこちらです!

お肉の横に添えられているのは、グリル野菜とマッシュルームです!

横のオレンジっぽいソースがマスタードクリームソースになります。

マスタードクリームなのですが、マスタード特有の粒などはなく、味はニンジンの甘味に近いようなとても自然で上品な味付けでした。

そして気になるお肉はこちら。

ミディアムレアなので表面は焼かれており、中が少しレアという感じです。

でもレア過ぎず、焼きすぎずとてもちょうどいい焼き加減でした。

サーバーの方のおすすめ通り、「ミディアムレア」を選んで正解だと思いました。

ちなみにお肉の下には、ハーブが入ったマッシュポテトが付いています。

ハーブが程よいアクセントになっていて、お肉との相性も良かったです。

お肉自体は塩コショウなどのシンプルな味付けになっているので添えられているマスタードソースやマッシュポテト、野菜などと合わせたり、色々と楽しめます。

サーバーの方曰く、お肉そのものは種類によって熟成させたりなどこだわりの調理法があるようです。

なのでシンプルな味付けでも十分素材そのものの旨味を感じることが出来ました!

今回のこのステーキは5oz(約140g)だそうです。

しかし見た目や量以上に、とても食べ応えがありとても満足でした。

DESSERT:French Classic Opera

デザートは「French Classic Opera」が来ました。

こちらはSTARTERやENTREESと違って選ぶことはできず、あらかじめ決まっているメニューになります!

実際のデザートはこちらです。

表面はチョコレートコーティングになりますが、中のスポンジにはコーヒーテイストになっています。

本格的なOperaで、甘すぎずとても上品な味わいでした!

周りにはフルーツも飾られており、上にはバニラソースもかかっていました。

上品な味わいに、バニラソースの甘味がアクセントとなってよりおいしかったです!

接客を受けて感じた「BLACK+BLUE」の職場環境

「BLACK+BLUE」は、カナダの高級ステーキレストランということで、特別な場面で使われることが多いようです。

働いているサーバーの方の多くは、サーバーやレストランでの勤務経験がある方や、専門学校などを卒業された方だそうです。

私が来店した時は出勤していなかったようですが、日本人のサーバーの方が1人いらっしゃるようです。

スキルや英語力、過去の経験によっては、日本人にもチャンスがあるかもしれませんね!

まとめ

今回は「BLACK+BLUE」の様子をお伝えしました。

バーもあるので料理だけでなくお酒も楽しめるようなレストランだと思います!

是非「BLACK+BLUE」に足を運んでいただき、高級レストランのサービスを受けながら、本格的なお肉料理を楽しんでくださいね。

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!