ページトップへ LINEで相談!

Banana Leaf(バナナリーフ) | 1995年にオープンしたマレーシア料理レストラン

今回は、バンクーバー・ダウンタウンにある、「Banana Leaf(バナナリーフ)」に行ってきました。

「Banana Leaf」はバンクーバーに1995年にオープンしたマレーシア料理レストランです。

南国のお洒落な店内が人気で、料理も北米の人にも食べられるようアレンジしたメニューも豊富です。

それでは実際のお店の様子や食事など、「Banana Leaf」を詳しくみていきましょう。

「Banana Leaf」の詳細情報

「Banana Leaf」は、レストラングループの1つで、カナダでは5店舗も出店しています。

下記の5店舗になります。

  • Banana Leaf(Broadway/ブロードウェイ店)
  • Banana Leaf(Kitsilano/キツラノ店)
  • Banana Leaf(Robson/ロブソン店)
  • Banana Leaf(Davie/デイビー店
  • Banana Leaf(Denman/デンマン店)

今回私が紹介するのは、「Banana Leaf(Davie/デイビー店))」です。

Banana Leaf(バナナリーフ)の詳細情報
店名 Banana Leaf(Davie/デイビー店)
住所 1043 Davie St, Vancouver, BC, Canada, V6E 1M5
電話 604-669-3389
予約 電話可(日本語不可)
営業時間 【月曜~木曜日】11:30~21:30
【金曜~土曜日】11:30~22:00
【日曜日】11:30~21:00
【ハッピーアワー】毎日15:00~18:00
※日曜~木曜日のみ
※20:30以降も開催
定休日 なし
駐車場 専用駐車場なし
クレジットカード 使用可能
喫煙状況 完全禁煙 (※ カナダの飲食店はすべて完全禁煙です
公式サイト https://www.bananaleaf-vancouver.com/

「Banana Leaf」への行き方(アクセス)・地図

「Banana Leaf」はは、バンクーバー・ダウンタウン内の、デイビー通りにあります。

デイビー通りは、ダウンタウン中心地から少し離れていますが、オシャレなレストランやバーカフェなどが立ち並ぶ、ロブソン通りに次いで栄えている有名なエリアです。

また、ナイトクラブやバーの他にも、虹色の交差点やサインなどもある、セクシュアリティの多様性を感じられる場所でもあります。

デイビー通りへは、スカイトレイン・エキスポラインのバラード駅からバスで約8分です。

【おすすめ】電車でのアクセス

「Banana Leaf」の最寄り駅は、の最寄り駅は、スカイトレイン・エクスポラインのバラード駅です。

  1. エキスポライン・バラード駅の改札を出て、エスカレーターで地上に出ると、正面に「Burrard Station bay1」というバス停があるので、「Macdonald St(マクドナルド)行きの2番のバス」に乗る(乗車時間 約4分)
  2. Davie St(デイビー)」というバス停で降り、来た道を少し戻り「Burrard St(バラード) × Davie St(デイビー)」の交差点に向かう
  3. 交差点に着いたら、左折して「Daive St(デイビー)」沿いをまっすぐ歩く
  4. しばらく進むと、右手にお店があります!

目印は、「緑色の看板」です。

迷われた際には、「Davie St(デイビーストリート)」と「Thurlow St(サーローストリート)」と尋ねてみて下さいね!

「Banana Leaf」の混雑状況

「Banana Leaf」デイビー通りにあるため、週末のディナータイムは混雑しているので、事前の予約をオススメします。

私は平日のハッピーアワー(15時頃)に訪れたので、予約なしでスムーズに入ることが出来ました。

※現在は、COVID19の影響で開放している席に限りがあるので来店前に電話で事前予約がオススメです。
電話番号:604-669-3389(日本語不可)

「Banana Leaf」の外観

こちらが「Banana Leaf」の外観の様子です。

色鮮やかなマレーシア料理の写真がのった看板と、

緑色のお店の看板が目印です。

COVID19の影響でお店の外にもテーブルが設けられていますが、サーバーからのサービスはなく、テイクアウトして食べるのみでした。

「Banana Leaf」の駐車場

「Motomachi Shokudo」には駐車場がありません

近くに、一般向けのパーキングエリアや、道路に停車できる駐車場もあるので、そちらを利用してください。

ただし、デイビー通りには公共の駐車場は無く路上に駐車出来る場所も限られているので、交通機関を使うのがオススメです。

もちろん、お酒を飲む方は、交通機関をご利用ください
(日本と同じく、飲酒運転の罰則があります。)

「Banana Leaf」の入り口付近の様子

こちらが「Banana Leaf」の入り口付近の様子です。

マレーシア料理はまだ北米では珍しいため、入り口付近にはメニューや料理の写真が並んでいます。

立ち止まり、メニューや写真を見ていく通行人も多くいましたよ!

「Banana Leaf」の店内の様子

それでは、「Banana Leaf」の店内の様子をみていきましょう。

店内は、白と木目調のデザインで、鑑賞用の植物や南国のインテリアなどがおかれており、南国風の雰囲気が楽しめます。

また、オシャレなバーもあり、サーバーの方が注文したドリンクを作ってくれる様子も見ることができます。

テーブル

今回は2人で訪れましたが、4人用のテーブルに案内してもらいました。

テーブルの色は優しいライトグリーンで、イスも深い茶色で、可愛らしいですよね!?

その他にも、ソファー席もあるので小さい子ども連れの方でもゆっくり食事が楽しめるのではないでしょうか?

「Banana Leaf」のお客様の層

「Banana Leaf」の客層は、地元のカナダ人だけではなく、観光でカナダに来られている方も多く、特に、アジア圏から来たお客様が多いです。

北米のレストランとは違い、南国の雰囲気を楽しめる新鮮なお店のため、家族連れや友人同士恋人同士のデートなど様々なシチュエーションにピッタリです。

お客様は、英語以外にも中国語韓国語など、様々な言語が飛び交っていました。

また、スタッフも地元のカナダ人以外にも、留学等でバンクーバーへ来た日本人スタッフがいました。

しっかりと英語で接客やスタッフ同士の会話をされていましたよ!

「Banana Leaf」のサービス

「Banana Leaf」サービスについてお伝えします。

ランチタイム後の混雑が落ち着いた時間に来店したので、店内のサーバーは1人でした。

メニューの説明をする際に、マレーシア料理についての雑学を教えてくれたり、料理やドリンクを持ってくる時に歌いながら持ってきてくれたり、楽しませてくれるので、ステキな時間を過ごせました。

お皿や水をこまめに変えてくれたり、しっかり私たちの食事の様子を見てくれており、何も言わずに替えのソースを持ってきてくれたりと、満足できるサービスでした!

「Banana Leaf」のメニュー

「Banana Leaf」のメニューをみていきましょう!

ドリンクメニュー

まずはドリンクメニューです。

定番のビールやワインに加えてカクテルも種類が豊富ですが、中でも一番人気は新鮮なフルーツやハーブを沢山使った「Banana Leaf」オリジナルのカクテルです。

カクテル1杯$12からと他のレストランと比べて値段は少し高めですが、金曜と土曜日限定でカクテルが全種類$3割引のサービスがあるので、少しお得に頂けます。

他にもお得な割引イベントがあるのでホームページをチェックしてみてくださいね!

また、アルコール以外にも、ココナッツジュースマレーシア式ミルクティー・コーヒー新鮮なマンゴースラッシュなど、ソフトドリンクも充実しています。

「Banana Leaf」では、お酒はもちろんのこと、カフェとしても楽しめますよ!

フードメニュー

「Banana Leaf」のフードメニューです。

メニューは英語表記のみですので、英語初心者の方には少し分かりづらいかもしれませんが、陽気なサーバーさん(笑)が詳しく教えてくれるので安心してください!

ちなみに、メニューを見ればどういうメニューかが分かるので、健康志向の方辛いものが苦手な方も参考になるので安心です。

  • 辛いメニュー:唐辛子マーク
  • ベジタリアンメニュー:葉っぱマーク
  • グルテンフリーメニュー:GFマーク

肉や魚などのメイン料理の他にも、パイナップルシーフードライス春巻き等の一品料理人気のマンゴーデザートまで種類が豊富です。

ちなみに、メイン料理にはライスが付いてきませんのでライスが食べたい方は追加で注文してくださいね!(ライスのみの場合は$2.50から)

実際の飲み物

実際に注文をしたドリンクを紹介します。

Fresh Whole Coconut Water/フレッシュココナッツウォーター($5:ハッピーアワー価格)

まずは、ココナッツウォーターを注文しました。

新鮮なココナッツが丸ごと出てきて、ストローを差して飲むというスタイル!

ハッピーアワー価格で、$5とお得に飲めました。(通常は$7)

気になる味は、ココナッツ独特の臭みが無く、ほんのりと甘みがあり爽やかな味わいです。

もちろんココナッツウォーターを楽しんだ後は、果肉もデザートとして食べられます

Lychee Mojito/ライチーモヒート($12)

続いて、大人気カクテルからライチ-モヒートです。

シャリシャリのライチースラッシュの中に細かく刻んだミントがたっぷりと入っています。

お酒も強すぎないので、アルコールですがとても飲みやすい一品です。

オススメの飲み方は、「甘いライチーモヒートを飲んだ後に、クランベリーを食べる」です!

デザート感覚で楽しめるお酒なので、お酒が苦手な方でもチャレンジできると思います。

実際の料理

実際に注文をしたお料理をみていきましょう!

Mango Chili Tiger Prawns/海老のマンゴーとチリソース炒め($15:ハッピーアワー価格)

こちらは1品目、海老のマンゴーとチリソース炒めです。

大きくてプリプリとした肉厚のエビと、トマトやマンゴーの果肉がはいっており具沢山でボリューム満点!

気になる味は、辛さは控えめで、たっぷりのマンゴーの甘味が口いっぱいに広がりフルーティーな風味が楽しめます。

ハッピーアワー価格でとってもお得に食べられました。

Hainanese Boneless Chicken/ハイナンチキン($22) with Jasmine Rice/ジャスミンライス($2.50)

続いて、私がマレーシア料理の中で一番好きなハイナンチキンです。

ライスがつかないので、ライスが食べたいかたは追加注文が必要なのでご注意ください。

今回ジャスミンライスを注文しました!

柔らかく蒸した鶏肉に3種類のソースをつけていただきます。

  • チリソース
  • 刻み生姜とごま油
  • 醤油とフルーツを混ぜた甘いソース

柔らかいハイナンチキンソースがしみ込んだジャスミンライスは、噛めば噛むほど味が広がって病みつきになりますよ!

絶対に注文して頂きたいオススメの一品です。

Vegetable Spring Rolls/ベジタブル春巻き($5:ハッピーアワー価格)

こちらは、「ハッピーアワーでお得だから!」と、サーバーにオススメされた春巻きです。

とても$5に見えないボリュームです。

パリッとした春巻きの皮と中身はニンジン等の野菜がぎっしりと詰まっており、脂っこすぎないのでサイドの一品にピッタリです。

ちなみにソースはピリ辛なので、辛いものが好きな方にはオススメの一品です。

4Gulai Fish Fillet/白身魚のグライ($22)

最後は、白身魚のグライです。

グライとは、スープカレーのようなスパイシーな煮込み料理です。

「Banana Leaf」のグライは、大きなバナナの葉に包まれていて、南国感あふれるオシャレな見た目です。

フワッとした食感の白身魚の他にもオクラやパプリカなどの野菜も沢山入っています。

スープカレーというよりは、野菜と魚の炒め料理という感じです。

味はココナッツの優しい甘さと、後味にはピリッとした辛さが残ります。

フィッシュソースの匂いが強めなので、魚介類の匂いが苦手な方は注文の際サーバーに、「フィッシュソースを少なめで」と伝えてくだいね。

接客を受けて感じた・「Banana Leaf」の職場環境

「Banana Leaf」は地元のカナダ人のお客様も多いですが、アジア圏出身のお客様が多いため、地元のレストランで働きたいけど英語力に少し自信が無いという留学生にもオススメの職場です!

地元のカナダ人以外にも、日本やカナダ以外から来た留学生もたくさん働いているので、スタッフ同士のコミュニケーションは全て英語です。

ですが、分からない英語等はスタッフ同士で気軽に助け合える非常に良い環境です。

今は英語に自信が無くても、やる気と親しみやすさがある方はいつでもウェルカム!とのことです。

多国籍の職場で英語のスキルアップをしながら、カナダの接客スキルも学ぶことができますよ!

まとめ

今回は「Banana Leaf」の様子をお伝えしました。

是非、地元以外にも、多国籍なお客様が集まるお店で、南国感を味わいながら、是非マレーシア料理を楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る