ビクトリア留学の失敗談と知っておくべきこと【必ずしも失敗とは限らない?!】

これからカナダ、ビクトリアへの留学を予定している方の中には、留学に対してこんな不安を感じている方もいると思います。

【セリフ】かえで(汗)
かえで

せっかくの留学、失敗してしまったらどうしよう?失敗しないためにはどうしたらいいんだろう?

 

以前から留学したい!と夢や希望を抱いていた方も、実際に留学するとなると不安は少なからずあると思います。

日本とは違う体験をしたく留学という決断をされたからこそ、みなさまには充実した留学生活を送っていただきたいと思います。

ここでは、カナダのビクトリア留学の失敗談と、知っておくべきことを紹介します!

ビクトリア留学のよく耳にする失敗談

カナダのビクトリア留学でのよく耳にする失敗談を紹介します。

①小さい街で退屈さを感じた

実際に、ビクトリアに来る方の中でも、このように決めた方もいるかもしれません。

  • なんとなくビクトリアにしました。
  • 街並みが綺麗そうだったので景色に惹かれました

もちろん、これが悪いとは言っていません。

ただ、留学先を決めるのに「理由がなくなんとなくビクトリア」にとしてしまうと、実際に来てみて「想像と違った」なんてこともあるかもしれません。

ビクトリアは、バンクーバー島の南にブリティッシュコロンビア州の州都です。

「ガーデンシティ」と呼ばれるほど季節を問わずに町中には花が溢れます。

年間を通して温暖な気候でとても過ごしやすいのがビクトリア、カナダでも特に温暖な気候に恵まれて過ごしやすい地域です。

しかし、ブリティッシュコロンビア州の州都といっても、バンクーバーやトロントのような大都市に比べるとかなりこじんまりとした街になっています。

  • 街が小さくやることがなかった
  • 規模が小さい分、働き口も少なかった
  • コミュニティが小さく、多様性が少ないと感じた
  • 観光するところが少ない(飽きた)

など、といった感情を抱いてしまい、後悔をする例も0ではありません。

滞在先は、留学を過ごす上で重要になってきます。

自分なりの留学の計画を立てた上で、「●●という目的があるから、ビクトリアに行くことにした」と決めてほしいですね。

②語学学校が小規模すぎた

バンクーバーやトロントのような大都市に比べると、学校の規模も小さくなる傾向にあります。

必ずしも、小規模都市の学校だからと言って、失敗談につながるわけではありませんが、「小規模の学校が自分に合っているかどうか」は人ぞれぞれ感じ方が違うでしょう。

もしあなたが、

  • 大規模なクラスに属して学習したい
  • 大学のような広々としたキャンパス生活を望んでいる

このように感じているのだとしたら、そのような学校が選択できる都市を選ぶべきですし、小規模な学校に通ってしまったら、失敗につながるでしょう。

③学校の選択肢が狭まる

こちらも先ほどの小規模学校という点に重複しますが、小さい都市になればその分学校の選択肢も狭まります。

では、こちらの語学学校の数をご覧ください。

  • バンクーバー …… 40校
  • ビクトリア …… 6校

バンクーバーにはたくさんの語学学校がありますが、ビクトリアには6校しかありません。

数だけ見ると、選択肢は狭まりますね。

④意外と日本人が多いように感じた

トロントやバンクーバーのような留学に有名な都市だと、日本人が多いのではないか?と勘違いする人がいます。

確かに、日本人が多く渡航するような人気の都市は、他の都市に比べたら日本人が多く集まる地ではあります。

決して「街に日本人が溢れている」というレベルではありません。

先ほど、挙げたこちらの語学学校の数字です。

  • バンクーバー …… 40校
  • ビクトリア …… 6校

同じ人数の日本人が、ビクトリアで語学学校に行こうと思えば、この6校に集中します。

そうなるとクラスの中は日本人ばかりということも起こりえます。

その上、ビクトリアのほうが学校のあるダウンタウンがすごく小さいため、あちこちで日本人に出会いそうですね。

そういう点では、「日本人が意外と多く感じた」という感想になるかもしれません。③観光ばかりしていて、留学というより旅行して終わった

⑤英語を勉強せずに来た

これはビクトリア留学に限らずの話ではあるかと思いますが、留学した方が必ずと言っていいほど、後悔・失敗したと感じてしまうのが、英語の勉強についてです。

  • ビクトリアに行ったら、いやでも英語環境に浸れる。
  • 毎日が英語の勉強だから、現地に行ってから本気だそう。
  • ビクトリアに行けば、きっと英語力は上がるはず!

と思って理想を抱いてしまう方が多いです。

しかし実際は、海外に住んで英語を勉強して、勉強した英語を実生活の中で使うから英語が上達するんです。

ちなみに、海外に行っても英語力を伸ばす最も一般的な方法は、語学学校(ESL)で英語を勉強することです。

現地で初心者の方が0から英語を学ぶことは可能だとは思いですが、現地での英語クラスやレベルアップにはかなりの時間とお金がかかります。

学校によって基準はまちまちですが、「8-12週間の1タームのカリキュラム受講で自動的にクラスアップ」できるような学校もあれば、テストスコアが厳密に決まっており、そのスコアに満たないと、全然レベルアップが出来ないような学校もあります。

実際に日常生活で英語を使うようになったものはいいもの、「日本でもっと英語の勉強をしておけばよかった」「英語の勉強したいけど、まとまった時間が取れない」という声があとを絶ちません。

お金と時間を費やして行く留学ですが、時間もお金も有限です。

⑥短期でも語学学校に行っておけばよかった(ワーホリ)

ワーキングホリデー(ワーホリ)で渡航したいと考えている人の中には、わざわざ学費のかかる語学学校には通いたいと思わない方も多いのではないでしょうか。

「ビクトリアに来たらきっと友達ができるだろう」と思っていても、そもそも、「街中で知らない人に話しかけていきなり友達になる」ということ自体が現実的ではありませんよね。

学校は、たくさんの同じ目的を持った仲間が集う場所、何より留学生同士なので、友達ができやすいです。

友達ができれば、英語で会話をしたり、一緒に遊んだり、生活も楽しくなるでしょう。

また、実際に海外に住んでいるという状況だけでは、英語を使う機会はほとんどありません。

街の中で知らない人にどんどん話しかけるわけにはいかないですし、カフェやレストランで使う英語は限られます。

今では、オンラインショッピングや無人の自動レジなんかの機械も発展しているため、ますます英語を話さなくても生活できる環境にあります。

そういう点では、学校に行かなかったことで失敗につながるケースはよくあります。

失敗が失敗にならないために知っておくべきこと

ここまで、ビクトリア留学でよく耳にする失敗談をお話ししました。

しかし、この失敗談は、全てが全て「失敗」になるわけではありません。

というのも、留学も目的は人ぞれぞれです。

それぞれが、どういう目的と意志を持って留学するかという点が重要だと考えます。

では、先ほど挙げた失敗談を、失敗にしないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

それぞれの失敗談を取り上げながら、ポイントを押さえてきましょう!

①ビクトリアという都市をきちんと知っておく

滞在都市をなんとなく決めてしまった、という方もいるかもしれませんが、それでもすぐに適応できるなら良いかもしれません。

しかし、きちんと知らないでおくと、

  • もっと広大な「ザ・カナダ」のような山奥の自然界を想像していたのに実際は違った
  • 風景だけで決めたけど、想像より小さい街すぎた
  • 思ったより都会って感じがしなかった

などと、自分の想像していたビクトリアと違ったということになりかねません。

きちんと滞在先の情報を知っておくことで

  • ビクトリアの街と自分の留学プランが合っているか
  • 自分の価値観に合うような生活ができそうか

など、事前に講じれることは多くあることでしょう。

そういう点では、事前に滞在都市を調べ、自分の留学プランとすり合わせておくことは需要と言えるでしょう。

②小規模な語学学校が自分に合うかどうか

先ほど、小さい街では、学校の規模も小規模になる傾向にあるとお話をしました。

しかし、もちろん小規模な学校にも良さがあります。

  • アットホームな雰囲気
  • 友達が作りやすい(生徒同士が仲良くなりやすい、話しかけやすい)
  • クラスメイトで集まりやすい
  • 先生との距離も近い
  • 少人数で質問もしやすいので、授業に参加している感がある
  • 先生の目が、生徒全体に行き渡る(大人数クラスで埋もれることがない)

必ずしも、小規模の学校だからと言って、失敗というわけではなく自分と合っているかという点でしょう。

③自分に合った学校を選ぶ

カナダの語学学校(ESL)には、それぞれに特徴があります。

ビクトリアに限ると、確かに数自体の選択肢は狭まりますが、もしその中に自分が思う留学プランに合った学校が見つかったならば、ぜひ選択してほしいです。

学校側にもいろんな種類があるため、大切になってくるのは、留学プラン、マッチング、相性でしょう。

④日本人以外のコミュニティに目を向ける

確かに、前述した通り、小さい街の学校では、体感で日本人が多いと感じてしまうかもしれません。

ですから、せっかくの留学なのだから「日本人以外のコミュニティ」にも目を向けてみるのもいいのではないでしょうか。

例えば、

  • 生活で付き合う相手を考える
  • 異文化に触れる機会を作る
  • アクティビティなどで多国籍の生徒と交流する

などです。

ただ、勘違いして欲しくないのは、「日本人と仲良くするな」というわけではありません。

逆に日本人のいない環境を選ぶことで

  • 周りに頼れる人ができない
  • 日本語で相談できずストレスがたまる

留学生活の中には、実際に大変なことや困難も待ち受けていることがあります。

そんな時、日本語で本当に言いたいことをきちんと言葉で伝えられるというのはかなり大きな意味を持ちます。

日本人の気の許せる友人がいるというのは、心の拠り所になるのは間違いがありません。

ですから、0か100と極端になるわけではなく、多様な文化の方が味わえるカナダだからこそ、さまざまな国の方々と交流を持ち、さまざまな文化を見て知ってみることが良いかと思います。。

⑤日本で英語はできるだけ勉強しておく

前述した通り、英語初心者の方も多く留学されています。

しかし、あなた自身が設定する留学の目標やゴールによっては、その到達までに、かなり時間とお金がかかる場合が出てきます。

できる限り、英語を日本で勉強してくることで損はしないでしょう!

⑥語学学校は侮れない

語学学校はその後のカナダ生活に直結する「人脈」を作るのに重要な場所です。

友達経由で、仕事が見つかる場合だってありますし、友達経由でシェアハウスが見つかることだってあります。

カナダで知り合いを作るのは将来的に良い仕事に就職したり、良い滞在先を見つけることにもつながります。

「短期のワーホリだから」とか「たかが語学学校」と、侮ってはいけません。

失敗談は必ずしも「失敗」とは限らない

繰り返しにはなりますが、失敗談は、全てが全て「失敗」になるわけではありません。

それぞれが、どういう目的と意志を持って留学するかという点が重要だと考えます。

留学は「成功」と「失敗」の2択ではないということです。

留学を「遊び」ではなく、「人生の重要なステップ」と位置づける。

その留学に対して真剣に取り組むのなら、本来は「失敗になる留学」など、あり得ないのです。

最後に

ビクトリア留学のいわゆる成功を得るには、具体的な目標設定と、目標達成のための計画がキーポイントになります。

カナダ留学コンパスでは、ひとりひとりの事情に合わせて、スタートラインから段階を追って進めるようなオーダーメイドの留学プランを提供します。

留学だけでなく、留学後の就職、カナダ永住までトータルでお手伝いしますので心強いですよ!

まずはお気軽に、無料相談をお申し込みくださいね♪

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite460 1140 West Pender Street
Vancouver B.C. V6E 4G1
TEL: 778-580-7903

トロントオフィス

2 Bloor Street West, Suite 700
Toronto, ON M4W 3E2
TEL: 647-777-1719

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!