「なんでコロナなのに留学するの?」に対して思うこと

コロナが広まりはじめた2020年3月頃から、日本と海外を移動する方への批判が目立つようになりました。

例えば、海外在住の有名ユーチューバーがコロナを理由に日本への帰国を発表すると、大炎上。

仕事で海外を行き来している芸能人に対してもアンチコメントが増え、とにかく移動するは悪くで叩いてもよいという風潮が広がりました。

もちろん当初はまだ科学的なデータも少なく、各国は手探り状態で規制をするなどの対応をしており、人々は不安になっていたのもあると思います。

しかし、はじめてコロナが広がり一年が経った今でも、留学生に対する批判的な声が聞かれます。

今回は、そんなコロナ禍の留学批判に対する考えをご紹介します。

コロナ禍のカナダ留学は無責任なのか

この一年間よく見てきた批判の一つに「こんな時期にカナダに来るなんて無責任」というものがあります。

もちろん、すでにカナダに住んでいる方からすれば、できることなら鎖国して人々の動きを完全に止めてほしいと思うでしょう。

しかし、本当に今渡航する人は無責任なのでしょうか?

カナダ政府は留学生の入国を歓迎している

留学生の入国を許可しているのは、カナダ政府です。

カナダ政府は早い段階から学生ビザ保持者の入国を許可しており、2020年10月から本格的に学生ビザの発行もはじめています。

なぜカナダ政府は留学生の入国を認めているのでしょう?

留学生は大切な「お客さま」

まず第一に、カナダにとって教育はひとつの巨大産業であり、留学生は非常に重要な「お客様」です。

カナダは留学先としても世界トップレベルの人気があり、毎年世界中から多くの留学生が訪れます。

そしてご存じの通り、留学生の支払う授業料はカナダの学校にとって貴重な収入源です。

留学生の存在はカナダの学校運営においてとても重要で、コロナ禍であってもできれば留学生には来てもらいたいのが本音です。

留学生は未来の「移民」

そして第二に、カナダにとって留学生は未来の移民です。

カナダの移民プログラムにはさまざまな種類がありますが、そのほとんどは「カナダの学歴がある」を条件のひとつとしています。

現地にいる留学生というのは

  • カナダが好き
  • カナダの生活スタイルを知っている
  • 英語能力がある

というように、カナダにまったく留学経験がない外国人に比べると現地になじみやすく、移民後も経済的に自立しやすいといわれています。

今回のパンデミックは移民大国カナダにとって

留学生が減る

移民が減る

経済成長に打撃

というリスクがあります。

このように、留学生の受け入れはカナダの移民政策・経済成長に直結しています。

カナダがなぜこのような状況の中でも留学生を入国させたいか、ご理解いただけると思います。

世界で最強レベルの入国規制を設けているカナダ

とは言え、カナダも国民の健康と安全が最優先ですので、簡単に留学生を入国させるわけにはいきません。

そこで、カナダではパンデミック拡大以降、科学的根拠に基づいた水際対策を次々と打ち出してきました。

現在、カナダに入国するすべての渡航者は

  • 出国直前のPCR検査
  • 入国後直後のPCR検査(+政府指定のホテルで待機、滞在費負担)
  • 入国10日後の検査
  • 14日間自己隔離

上記をすべてをクリアすることでやっと入国ができます。

実は、これらは世界でももっとも強力な水際対策の一つともいわれています。

Starting Monday, people returning by land borders will also need to show proof of a negative PCR test taken within 72 hours before arrival.

And all returning travellers must quarantine for 14 days after coming home, or risk heavy fines and possible jail time.

These are some of the strongest border measures in the world.

-トルドー首相、2021年2月12日 Prime Minister’s remarks updating Canadians on COVID-19 variants, vaccines, and border measures

このように、カナダに入国する渡航者は無責任に「ウイルスをばらまく」のではなく、検査に検査を重ね安全に入国できるようなシステムが設けられています。

海外からの感染はとても少ない

海外からの渡航者によるコロナ感染者数の割合をご存じでしょうか。

下記のグラフは、ブリティッシュコロンビア州で報告された感染源別の感染者数です(2020年1月15日~2021年3月27日)。

  • 青: ローカル(感染源不明)
  • 濃い青: ローカル(クラスター等)
  • 薄い青: 州外の移動
  • 赤: 海外渡航
  • グレー: 調査中/不明

海外渡航(International travel、赤色)が原因なのは非常に少なく、全体の約1%なのが分かります。

上記のデータはすべての渡航者(カナダ人帰国者、就労ビザ等)を含めているので、その中の外国人留学生に限ればさらに少ないです。

さらにその中の日本から来た留学生に限定すれば、ほぼゼロに等しいです。

感情的には「カナダの安全のために留学生は来るな!」と思うのはもちろん理解できますが、実際に留学生が感染を広めているとは言えません。

 

このように、カナダ政府はパンデミックがはじまった当初から、安全と人の動きのバランスを取った水際対策を打ち出してきました。

そのバランスを考えたときに、留学生は(ルールを守ったうえで)入国するのは大丈夫だ、とカナダ政府が判断しています。

もちろんリスクはゼロではありません。

しかし、ルールを守れば渡航者の入国にはメリットがあるとカナダ政府が判断いますので、例えばひとり留学生が留学を決意したとしても、個人を責めるのは違うのでないかと思います。

コロナ禍のカナダ留学は意味がないのか

コロナ拡大以降、もう一つ、よく見られるようになった批判が「今じゃなくてもいいのに」というもの。

  • 「今留学しても意味ないよ」
  • 「遊べないしつまらない」
  • 「仕事もないしどうするの」

確かにすでに留学を経験している方からすれば、今留学なんてしても損…とアドバイスをしたくなるのも分かります。

先輩として、これから留学に来られる方にはもっと楽しい留学生活を送ってもらいたいと感じるのも当然です。

「コロナが落ち着いたら来たら?」というのはとても正直な感想だと思います。

ただ、その留学にどのような意味があるのかは本人にしか分かりませんし、他人が評価するものではありません。

語学学校のアクティビティが少なかったり、カレッジのイベントや勉強会などの機会は少ないかもしれませんが、それでも留学したいと思う方は大勢いらっしゃいます。

留学が将来の人生にどれほどの影響があるか考えると、簡単に「今じゃなくても」とは言えません。

留学エージェントは無理やり渡航させているのか

また、「こんなにときにエージェントは留学生を渡航させて何を考えるのか」というご意見もこの一年間たびたび見るようになりました。

中には、留学エージェントが現地の状況について真実を隠し、無責任に利益のために無理やり留学生を渡航させている…とお考えの方もいるようです。

現実はこの逆で、むしろ、コロナだからこそ生徒さまに最新で正確な情報をお伝えし、渡航を決意した方を入国まで安全にサポートすることこそが専門家の責任だと思っております。

コロナ禍の留学サポートは通常と違い

  • 頻繁なフライト変更/欠航(と、それに伴う航空券や保険/携帯/ホテル/ステイ先/学校スタート日の再手配)
  • 通常期より何倍にも膨れているお問合せ
  • 通常より時間も神経も使う入国後サポート
  • 次々出てくる新ルール

など、普段以上に気を付ける点が多いです。

正直、コロナ禍の渡航サポートは「面倒」だからと断っているエージェントもあるほど非常に複雑です。

留学生を安全に渡航させるのがエージェントの責任です。

コロナ禍の留学のメリット・デメリット、すべてをご説明し、それでも渡航をしたい決意した方のみサポートさせていただいております。

最後に: 人それぞれ事情や想いがあります

この時期に留学をする学生は皆さま、好きでこの時期に渡航を決意しているわけではありません。

わざわざコロナ禍に留学したいと思っている学生さまは一人もおらず、それを理解したうえで渡航を決意しています。

正直申しまして、友人とパーティーや旅行ができたり、気にせず外食やおでかけができた昔の留学生が羨ましいはずです。

コロナ禍の渡航はお金も時間もストレスも大きいです。できればコロナ後に渡航したいと思っている生徒さまも多いでしょう。

それでも、人にはそれぞれ事情があります

今しかない人もいます。

就職の問題、お金の問題、家族の問題などで今しかチャンスがない方もいらっしゃいます。

すでに「今じゃなくてもいいか」と自分に言い聞かせ、延期に延期を重ねてきた方もいます。

留学を延期できる人は数年後にまた挑戦すればよいです。

しかし、留学を延期できないと判断した場合は、ルールに従い責任を持って安全に渡航をしても良いのではないでしょうか。

人にはひとりひとりの事情がありますので、そこは、他人が個人を批判するところではないと思います。

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!