ページトップへ LINEで相談!

ワーキングホリデーの資金調達について

今回はワーキングホリデーの資金調達についてお話しします。

ワーキングホリデーを考えている方にとって「資金調達」は1つの要となるでしょう。

実際にワーキングホリデーのために「どのくらいの額をどのように節約して貯金したか」をお話しします。

ワーキングホリデーにかかる費用

ワーキングホリデーにかかる費用の内訳

  • ワーホリビザ申請代(約2~3万)
  • 航空券(往復20万弱)
  • 海外保険(約20万程度)
  • 語学学校の授業料(月10万程度)
  • 生活費(月10万以上)

仮に語学学校に3か月通うとすると…

(ビザ申請代2万)+(航空券往復20万)+(海外保険20万)+(語学学校費10万×3か月分)+(生活費10万×12か月分)≒約200万

となるわけです。

友人からも200万程貯金したという話を聞いていたので、目標200万を目指して貯金することにしました。

もちろんこの金額は、

  • 渡航先の国
  • 為替レートや物価
  • 利用するエージェント会社や語学学校の価格

などによって価格が異なるためあくまでも目安です。

貯金のコツ

資金調達は計画的に進めていくべきです。

「1年で100万円貯めよう」だけではなく

そのために「1か月で8万円貯金しよう」というような

細かい設定も作ります。

資金調達のコツ

  • 貯金の目的を明確にする
  • 自分の支出入を把握する
  • 貯金額を決める(無理のない額にする)
  • メイン口座と貯金口座を分ける
  • 夢のために1つ我慢を決める

貯金の目的を明確にする

なぜ貯金するのか?

それはワーキングホリデーのためです。

ですがもっと具体的な目的を決めるべきです。

例えば

  • 旅行が好きなので、渡航時に自由に旅行したい
  • お金を気にせず、おいしいものを食べたい
  • 渡航してから現地で買いたいものがある
  • 色々なアクティビティに挑戦したい

など具体的にイメージしましょう。

具体的に考えておくことで、目的を見失わなくなります。

さらに辛い時など、目的があると励みになり挫折を防げるのです。

自分の支出入を把握する

自分の収入額はもちろん把握している人は多いと思いますが

「自分の支出についてきちんと把握していますか?」

  • 固定支出(毎月決まった額支出として出てしまうもの)
  • 食費
  • 光熱費
  • 交際費や飲み会代
  • 洋服や化粧品代

などなど。

なんとなくってことが多いのではないでしょうか。

ここをきちんと把握することで「いくら貯金できるのか」「無駄な支出」も見えてきます。

貯金額を決める

私はワーキングホリデーを決断したのは渡航予定日の「1年半前」でした。

1年半かけて200万円貯金するための、細かい内訳を決めていきました。

  • 基本は月8万円貯金
  • ボーナスは全額貯金
  • 出費が多い月は最低5万円

といった内容です。

これは、前述した「自分の支出入を把握」した結果に導き出した額です。

貯金は無理するとかなりストレスです。

無理ない貯金が出来る様に「出費が多い月のバージョン」も作っておくと逃げ道も出来てよいでしょう。

メイン口座と貯金口座を分ける

これは必ずというわけではありませんが口座を分けておくと、どのくらい貯まったかが一目でわかるのでおすすめです。

夢のために1つ我慢を決める

時には、何かを我慢することも必要です。

  • 毎月買っている雑誌を我慢する
  • 洋服に使う額を3万→1万に減らす
  • 飲み会を減らす
  • コンビニでペットボトルドリンクを買わない
  • スタバに行く回数を減らす

などです。

自分の未来のために、1つ我慢を決めることも重要なカギになります。

私の場合

前述しましたが私の場合は「1年半で200万円貯金する」ために

  • 基本は月8万円貯金
  • ボーナスは全額貯金
  • 出費が多い月は最低5万円

で計画をしていきました。

節約のためにしたこと

  • スマフォを大手キャリアから格安SIMに変える:月7000円の節約
  • 洋服を買うのを我慢する:月2万円の節約
  • 飲み会や外食を減らす:月1万円の節約

(食費は月1万円未満を継続(※光熱費、米代、外食除く):±0円の節約

上記3つだけでもかなりの節約になりませんか?

最大4万円前後抑えられます。

 

一番ハードルが高そうな「食費月1万円」はもとから自炊するタイプだったのでそこまで大きな変化ではなかったです。なので±0円の節約です。

むしろ「自炊生活」を維持することで、支出の増加を防ぐ目的で目標に入れました。

 

200万円の目標だったのが、最終的に300万円ほどたまりました!

最後に

資金調達は重要ですが根詰めすぎるとストレスになるので適度な程度が継続のコツです。

目的を明確にしていきましょう。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
ブログ一覧に戻る