【まとめ】日本とカナダ、暮らしやすいのはどっち?|収入、生活費、社会保障・福祉を比較

文化の多様性と豊かな自然が魅力の国、カナダ

旅行だけではなく、日本からの留学先・移住先としても非常に人気が高いです。

 

しかし、実際に海外で暮らすうえで気になるのがその国の生活のしやすさ

 

そこで今回は、カナダに滞在した場合の

  • 仕事で得られる収入
  • 生活費
  • 社会保障と福祉制度

について、具体的な例を見ながら紹介していきます。

ぜひ留学や移住計画の参考にしてみてください。

収入が高いのは日本?カナダ?

ワーホリなど、カナダで仕事を探すときに気がかりなのが給料事情

「日本とカナダ、どっちの方がお給料が高いんだろう?」

ちゃんと生活できるほどの収入が得られるのか気になりますよね。

 

実はカナダは現在インフレや人口増加の影響で最低時給が上がっていて、なんと同じ仕事をしても東京より収入が高くなる可能性があります。

さらに、職種によってはチップが上乗せされたり、有給休暇分の賃金(バケーションペイ)が支払われることも。

 

次の記事「【人気職業別】日本とカナダの収入比較|より稼げるのはどっちの国?」では、

  • 日本とカナダの最低時給
  • 職業別の月収・手取り

を詳しく比較していきます。

カナダのお仕事事情が気になる方は必見!

生活費が安いのは日本?カナダ?

留学生やワーホリで気がかりなのが生活費

「授業料や飛行機代でお金がかかるし…普段の生活費はなるべく安くしたい!」

と考えている方も多いのではないでしょうか。

 

バンクーバーはカナダの中では比較的物価が高い方ですが、工夫次第で生活費は大幅に節約できます。

例えば、最近のバンクーバーでは家賃を抑えるために複数人に部屋を借りる「シェアハウス」が人気。

 

他にも、光熱費込みの物件に住んだり、現地の食材を使った自炊を心がけることで生活費はだいぶ安くなります。

 

より詳しく知りたい方のために、次の記事「日本とカナダの生活費比較|節約できるポイントは?」では、東京とバンクーバーの

  • 家賃
  • 光熱費と光熱費
  • 食費
  • 洋服代
  • 交通費
  • 娯楽費

を比較、生活費の節約方法についても解説します。

社会保障・福祉が手厚いのは日本?カナダ?

特に海外で長期滞在するときに重要なのが社会保障と福祉制度

その国の暮らしやすさに直結します。

 

実はカナダは世界でも有数の福祉の国として知られていて、毎年の「世界幸福度ランキング」ではトップ10の常連国です。

 

そこで、「カナダと日本の社会保障・社会福祉制度比較|カナダは住みやすい国って本当?」では、日本とカナダの暮らしやすさ、特に

  • 医療制度
  • 年金制度
  • 教育制度
  • 児童手当

について詳しく比較します。

おわりに

住みやすい国として人気のあるカナダ。

 

今回の記事でご紹介した通り、カナダ、特にバンクーバーは

  • 最低賃金は上昇していて、高い収入を得られる可能性がある
  • 生活費は工夫次第でだいぶ安く抑えられる
  • 社会保障・福祉制度が非常に充実している

 

これらの理由から、カナダは安心して暮らせる、生活しやすい国だと言えます。

カナダでの暮らしを検討しているなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で
カナダ完全ガイド一覧に戻る