【カナダ留学体験談】せっかく好きな仕事を辞めて留学してきたのだから、 来なきゃ良かったとだけは思いたくない!

A.Iさん
ILAC卒業
ILACについてはこちらから

カナダに留学しようと思ったきっかけをお聞かせ下さい。

もともとは、海外に興味があったわけでもなく、地元の友人がオーストラリアに留学していて、すごく楽しかったという話を聞いたことがきっかけで、「留学っていいのかな~」と漠然と思うようになりました。
私は看護師として日本で働いていたのですが、ちょうどその時職場の先輩に、カナダにワーキングホリデーをした経験がある方がいて、話を聞くうちに行ってみようと考えるようになりました。最初は2年後に友達と一緒に行こうかなと考えていたのですが、その先輩が、「ワーキングホリデーは30歳までしかできないし、2年後じゃなくて行くなら早くいくべき!」と背中を押されたことで、すぐに両親に電話で相談し、カナダ行きを決めました。

カナダに来て3ヶ月、苦しかった経験はありますか?

カナダに来てすぐの頃、同じホームステイ先に中国人留学生の女の子がいたんです。その子は私よりも英語が上手で、よく2人でご飯を食べたりすることも多かったんですが、ある時「I am bored.」(あなたと一緒に話していても退屈だわ・・・と言うニュアンスのこと)だと言われてしまったんです。私が英語を話せなくて、いつもいろいろ教えてくれて感謝していると言う気持ちも伝えられなかったから、その子をそんな気持ちにさせてしまったんだと思います。伝えたいことを伝えられないというのがとても大変でした。 でも、それをきっかけに徐々にさらに仲良くなれたとも思います。

残り9ヶ月間ワーキングホリデーが残っていますが、どんな風に過ごしたいとお考えですか?

やっぱり日本で頑張ってきた看護師という仕事が好きなので、カナダにもう少し長くいたいという気持ちもあり、介護やケアギバーなどの仕事を見つけて働いてみたいなというのがありますね。 看護師として働いていた時もその時はたくさん大変なことがあったと思うけど、今振り返ると大変だったことも楽しかったねと笑い話にできます。
それはきっと私が環境や人に恵まれていたからだと思います。だから今回の留学もそう思えるようになりたいですね。 せっかく好きな仕事を辞めてきたのだから、来なきゃ良かったとだけは思いたくないし、今はまだどうなるかわからないけど、2年後に先延ばしせず今年に来たのも来るべきして来たんだと思っています。

カウンセラーからひとこと

カナダでは看護師さんのニーズはもともと多かったのですが、老齢化社会を迎えてますます需要が高まっています。カナダで職場体験できれば、看護師さんとしての指宿さんの視野がきっと広がると思います。ぜひ頑張ってください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る