【カナダ留学体験談】まさに英語がコミュニケーションツールとして使われているということを実感

A.Tさん
inlingua卒業

inlingua Vancouverについてはこちら

ワーホリでご渡航後インターンシップを始めたとのことですが、その理由をお聞かせください

私は社会経験もなく就職活動を目の前にして、明確に将来何がしたいというものが無かったんです。インターンシップで社会経験を積むというのでさえあまりピンと来ていなかったのですが、海外で就労してみるという選択肢もあることを知り、自分の漠然とした将来像の中に、一度は英語を使って仕事をしてみたいという思いがよぎりました。
もともと英語には興味があり、中学の時から今の外大に入りたいと思っていました。英語科に在籍していた高校の時に、教科書やテストの上だけじゃない英語があるということを知り、受験英語ではなく生の英語に触れたいと思うようになりました。
そこで、英語を使ってインターンシップをすることで、英語力の向上も図れるだけでなく、今後の就活の手がかりが見つかればという思いで海外でインターンシップをすることにしました。

なぜバンクーバーを選んだのですか?

まず、「北米がいいよ、その中でもカナダが一番いいよ」と会う人会う人に勧められました。仲の良い友人がバンクーバーにいるということもあり、治安が良くて住みやすくて安全ということを聞いていたので、あまり悩まずにバンクーバーにしました。
来てみるとやっぱり最初は慣れないことが多くて大変でしたが、生活はアジア人が多いので外国にいるような感じが無く、その分本当に生活がし易いと感じました。また、日本人は語学を学びに来ている人が多いだけかと思っていたのですが、意外とワーホリや移民として働いている方が多いことに驚きました。

オフィスワークの経験はいかがでしたか?また、オフィスワークの経験をしてからビジネス英語関連の学校に通うことにしたのはなぜですか?

今までなんとなくでしか想像がついていなかった“会社”というものの中に入り、学校とは違う環境を味わうことが出来ました。また、実際に電話の対応などをしてみて、自分に足りないところが明確に見えてきました。
もう少し自分は話せると思っていたのに、よくよく自分を見つめてみると日常会話でさえスムースではなく、言いたいことが全て言えていなかったんです。そこで、ビジネス英語を学び、自分は発信力を身につけたいと思いました。学校内では周りは自分よりレベルが高く、とても刺激を受けます。また、みんな親切なので、皆が教えてくれます。国際色が豊かなため、自分の常識と彼らの常識とのギャップを感じることができて面白いです。最近は私の母国語である日本語と彼らの母国語を英語で教えあうというLanguage Exchangeが盛んに行われ、まさに英語がGlobal Languageで、コミュニケーションツールとして使われているということを実感しています。

カウンセラーからひとこと

おっしゃる通り、英語は国際社会でのコミュニケーションツールです。英語に慣れていないとアクセントが強い人の英語や、英語が第二言語である人たちの英語がネイティブの英語には劣っているように感じる人が多いと思いまが、ポイントはどれだけ自分の意思を的確に表現できるかなので、単語や慣用句などを豊富にもっていれば、アクセントが強くてもさほどマイナスにはなりません。また、コミュニケーションする上で相手の文化をどれだけ理解しているかも非常に大きなポイントですので、機会があるごとに、相手のものの考え方についてディスカッションできれば良い練習になりますよ。日本に帰ってからもぜひ外国人と触れ合う機会を作ってください!

Tags:

カナダ完全ガイド一覧に戻る

東京オフィス

〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
AXALL ROPPONGIビル7F
TEL: 03-4405-3370

バンクーバーオフィス

Suite914 510 West Hastings Street
Vancouver B.C. V6B 1L8
TEL: 778-580-7903

ページトップへ
2,000人以上が登録中LINEで相談!
ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!