ページトップへ LINEで相談!

ワーホリ

ワーホリをフル活用!経験を活かしカナダ永住権を目指す

ワーホリからカナダ永住権取得プラン

ワーホリを使って永住できるかは計画次第!

カナダのワーホリ(ワーキングホリデー)ビザは、30歳以下の人なら誰でも、いつでも、自由にカナダに滞在できる夢のようなビザです。

1年間学校に通うのもよし、働くのもよし、ただ観光を楽しむのでもOK。

そんな若者だけに許された夢のようなビザですが、なんと、活用次第ではカナダの永住権取得につなげることができるんです!

永住権申請に重要なのは【カナダでの職歴】ですが、ワーホリを足掛かりにすることでこの条件が満たせるかもしれないのです。

ただし、計画的に進めないと、何も残らないままワーホリが終わっていしまいます。

ただ「楽しかった思い出」だけで終わらせないためにも、しっかりと長期的なプランを立てましょう。

ワーホリを使って永住権につなげるおすすめの手順は

①まずは学生ビザで語学学校とカレッジに通う
②カレッジ在学中にインターンをする
③ワーホリビザを使って、インターン先に就職する
④雇用主からオファーをもらい永住権を取得する

詳しくご説明します!

1まずは語学学校で英語力UP

最終的にカナダ永住を目指すとしても、先にカレッジに進学し、カナダで働くスキルを身につける必要があります。

そして、そのカレッジに進学するためには、まずは十分な英語力をつけなければなりません。

そこでおすすめなのが語学学校です!

語学学校では短期間で効率よくに英語を学べるだけではなく、はじめて暮らす地域で友達を作ったり、学校が用意するアクティビティでカナダ観光を楽しんだり、カナダの生活に慣れるためにちょうどいい準備期間になります。

「英語は日本で勉強していくから必要ない」と思っても、英語以上に大きなメリットがあるので、たとえ短期間でも語学学校に入学するのがおすすめです。

2カレッジに進学し、スキルをつける

語学学校でしっかりと英語力をつけ、生活が落ち着いたらいよいよカレッジ進学!

カナダに永住するには職歴が必要なので、インターンにつながりやすい【ビジネス専門カレッジ】がおすすめです。

バンクーバーにあるビジネスカレッジの中には手厚いインターンのサポートがある学校もあり、自力では見つけるのが難しい質の高いローカル企業を紹介してもらえることもあります。

学生の間にしっかりと実務経験を積み、さらに英語力を磨き、その後の就職につながるようカレッジでしっかりと勉強しましょう!

3ローカル企業でインターンをし、経験を積む

カナダの専門カレッジで働くスキルを身につけたら、次はインターンで仕事体験です。

カナダのインターンは日本と違い、その後の就職に直結するとても貴重な場で、将来永住権を取得するための大事なステップとなります。

就職後に即戦力として働けるか見られているので、ここは雇用主の信頼を得るために気を抜かずしっかりと働きましょう!

カナダのインターンでは実際に顧客とやりとりをしたり、企業ミーティングに参加や企画書を作成するなど、学生でも幅広い仕事を任せてもらえることがあります。

このように、インターンはその後カナダで働くために欠かせないステップなのです。

4インターン先にワーホリで就職

カレッジを無事卒業したら、次はインターン先に就職です!

このときに、はじめて【学生ビザ】から【ワーホリビザ】に切り替えます。

ワーホリビザの有効期限は1年間なので、次のビザ(就労ビザ)を取得するまで1年みっちりと職歴を付けることができます。

カナダでの職歴は永住権申請の重要なポイントなので、この1年はとっても大切なんです!

5雇用主からオファーをもらい、いよいよ永住権申請開始!

ワーホリビザを使って1年間しっかりと働いたら、いよいよ永住権申請に向けた準備です。

ワーホリの期限が切れる数ヵ月前から就労ビザ申請の準備をはじめます。就労ビザがあれば、ワーホリの期限が切れたあともカナダに滞在できますからね。

この時、雇用主から【ジョブオファー(雇用契約)】をもらう必要があります。

こうしてワーホリビザが切れると同時に、カナダでの職歴が1年間になり、永住権申請のスタートラインに立つことができます。

6ここまでの経歴を使って永住権に申請!

カナダ永住権に必要な学歴・職歴・英語力がそろったら、ついに永住権に申請です。

もしこの時点で申請に必要な点数が足りなければ、さらに英語力を上げるか職歴を2年に伸ばすこともできます。

カナダの永住システムは非常に透明で公平なプロセスなので、今回のプランのようにきっちりと計画し、カナダで学歴と職歴をつければ誰にでも永住のチャンスはあります!

どのようなルートを使って永住権を取得するのが良いか、最適なプランをご提案しますのでぜひご相談ください。

他にもワーホリのおすすめ留学プラン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る