ワーホリ

ワーホリを使って英語力UP!TOEICやIELTSの資格も同時に取得しよう

英語資格も現地就職も!ワーホリで本気の英語力UPプラン

1ワーホリを使えば現地で稼ぎなら英語力が身につけられる!

カナダのワーホリ(ワーキングホリデー)ビザは、30歳以下の人なら1年間だれでも、いつでも、自由にカナダに滞在できる夢のようなビザです。

滞在中に何をするかは自由ですが、せっかくならこの期間にしっかりと英語力を身につけたいですよね!

しかし、ただカナダで生活するだけでは、英語力は上がりません。


ワーホリを活用して英語を使えるようにするには

①語学学校で英語の資格を取得
②現地で働く

この2ステップを踏むことで、確実に英語力をアップさせることができます!

2語学学校で英語力の資格取得と人脈作り!

ワーホリ中は、現地の語学学校に通うことができます!

カナダの学校には、短期間で英語の資格を取得できるコースもあるので、まずは集中して英語力をつけるのがおすすめです。


英語の資格にはたくさんの種類があります。

例えば、日本での就職活動に役立たせたいなら【TOEIC】スコアアップのプログラム。

将来、カナダの大学に進学したり移住も視野に入れているなら【IELTS】コース。

英語の先生になるための、英語教授法の資格【TESOL】。

将来の夢や目的に合わせて効率よく学べるので、語学学校での学習は非常におすすめです!


また、いずれワーホリで働きたいと思っていても、働けるほどの英語力がなければ採用してもらえません。短期間で効率よく英語力を高めるには、語学学校に通うのが一番なんです。

さらに、ワーホリ中に仕事先を見つけるための人脈(コネ)が広がるのも、語学学校に通う大きなメリットです。

3現地で就職活動!

語学学校で英語の資格を取得したら、次は現地就職でさらに英語力を磨きます!

カナダの就職のコツは、日本とはちょっと違います。履歴書(レジュメ)の書き方や面接でのアピールの仕方は日本と異なるので、しっかりと調べて挑みましょう!

人脈もとっても大切です。語学学校で知り合った友人に、積極的に「今仕事探してるから、いいところがあったら紹介して!」と伝えていくのも良いですよ。

カナダでは、まったく知らない相手よりも「顔見知りの紹介」を優先的に雇うケースが多いです。「コネ文化」とも言えますが悪い意味のコネではなく、できるだけ信頼できる人を雇いたいという意味でそのような流れが強いです。

カナダ留学コンパスの求人掲示板にも、募集中の仕事が掲載されているのでぜひご覧くださいね。

4ワーホリでしっかりと稼ぐ

仕事が見つかったら早速仕事開始です!

ワーホリビザは雇用主や就業時間も縛りがないので、仕事の掛け持ちもOK。

職種によっては日本で働くよりも稼げることがあるんですよ!

英語を学びながらお金も稼げるカナダのワーホリビザは、世界で活躍したい若者の強い味方なんです。

5帰国後もさらに英語力をブラッシュアップ!

ワーホリが終わったら、ぜひ帰国後も勉強を続けてレベルアップを目指してみてください。

TOEIC や IELTSなどの資格は合否ではなくスコア制なので、がんばればがんばるほど点数が上がっていきます。

もちろんスコアが高い方が今後の就職にも有利ですし、海外の大学進学や海外移住の夢にも近づきます。

語学留学から帰国した直後のモチベーションが高い時期にこそ、どんどん英語力アップにチャレンジしてみましょう!


このように、ワーホリは活用次第で日本では決して身につけられないレベルの英語力を短期間で身につけることができます。

ただ観光して楽しむ期間として使うのも良いですが、ワーホリは一生に一度しか使えない特別なビザなので、ぜひ有効活用してくださいね!

このプランの体験談

他にもワーホリのモデルプラン

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る