社会人向け

一度は経験したい現地就職!30歳以下ならワーホリを活用すればOK!

30歳以下限定!社会人のためのカナダ就職応援プラン

1ワーホリをうまく使って現地で就職しよう!

「海外で働いてみたい!」

そう思っている方におすすめなのが、ワーホリを活用したカナダ就職です。

カナダのワーホリ(ワーキングホリデー)ビザは、30歳以下の人なら誰でも、いつでも、自由にカナダに滞在できる夢のようなビザです。もちろん働くことだってできるんですよ。


ただし、計画的に進めないとあっと言う間に1年の期限が切れてしまい、まともに働く前に帰国しなければならなくなります。

一生に一度しか使えないワーホリビザを無駄にしないためにも、しっかりとプランを立てましょう!

ワーホリを使ってカナダで就職するおすすめの手順は

①まずは学生ビザで語学学校とカレッジに通う
②カレッジ在学中にインターンをする
③ワーホリビザを使って、インターン先に就職する


ポイントは、いきなりワーホリビザで入国するのではなく、まずは学生ビザ(または観光ビザ)で入国して準備をすることです。

詳しくご説明します!

2まずは学生ビザ(または観光ビザ)で入国!

カナダでワーホリビザをうまく就職につなげるには、まずは学生ビザ(または観光ビザ)で入国するのがポイントです。

ワーホリのビザは有効期限が1年しかないので、ビザを取得してから就職活動をはじめていてはあっと言う間に期限が切れてしまいます!

ワーホリビザを取得する前に、まずは学生ビザ(または観光ビザ)で入国して、就職の準備を済ませておきましょう。


たとえば、先に英語力を上げておくのも重要です。

語学学校では短期間で効率よくに英語を学べるだけではなく、はじめて暮らす地域で友達を作ったり、学校が用意するアクティビティでカナダ観光を楽しんだり、カナダの生活に慣れるためにちょうどいい準備期間になります。

就職先を紹介してもらう人脈作りもできますよ。

「英語は日本で勉強していくから必要ない」と思っても、英語以上に大きなメリットがあるので、ワーホリ前にたとえ短期間でも語学学校に入学するのがおすすめです。

3カレッジに進学し、スキルをつける

ワーホリを使って現地で働きたいなら、カレッジ進学もおすすめです。

特に、インターン(職場体験)プログラムがある専門カレッジに通うとその後の就職につながりやすいです。

バンクーバーにあるカレッジの中には手厚いインターンのサポートがある学校もあり、自力では見つけるのが難しい質の高いローカル企業を紹介してもらえることもあります。

学生の間にしっかりと実務経験を積み、さらに英語力を磨き、その後の就職につながるようカレッジでしっかりと勉強しましょう!

4ローカル企業でインターンをし、経験を積む

カナダのインターンは日本と違い、その後の就職に直結するとても貴重な場です。

遠回りに感じるかもしれませんが、ワーホリで現地就職したいならこのインターン経験は重要です。

カナダのインターンは就職後に即戦力として働けるか見られているので、ここは雇用主の信頼を得るために気を抜かずしっかりと働きましょう!

カナダのインターンでは実際に顧客とやりとりをしたり、企業ミーティングに参加や企画書を作成するなど、学生でも幅広い仕事を任せてもらえることがあります。

このように、インターンはその後カナダで働くために欠かせないステップなのです。

5インターン先にワーホリビザで就職

カレッジを無事卒業したら、いよいよ次はインターン先に就職です!

インターン中に働いた雇用主から信頼を得て、正式に雇ってもらいましょう。

このときに、はじめて【学生ビザ】から【ワーホリビザ】に切り替えます。

こうすることでワーホリビザの有効期限である1年間、たっぷりと現地で働くことができますね。


このように、ワーホリビザは活用次第でカナダ就職につなげることもできます。

もし、カナダで働く環境が気に入ってさらに滞在を延長したいと思うなら、就労ビザや永住権を取得してカナダに長期滞在する方法もあります。

どちらの場合も、早めに計画すればするほどスムーズに進めることができます。ひとりひとりにあったプランをご提案しますので、ぜひご相談ください!

このプランの体験談

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

LINE@ で

Tags:

ブログ一覧に戻る