University of Victoriaビクトリア大学(ユービック)

カナダでも有数の研究大学のビクトリア大学

学校の3つの特色

  • カナダで、最大級の附属英語学校の1つをもつ

    ビクトリア大学の語学部門のEnglish Language Centre(ELC)は、1970年から英語プログラムを提供しています。現在カナダで、最大級の附属英語学校の1つとなっています。年間、2,500名、30か国からの学生を受け入れをしています。多くのプログラムオプションがありますが、受講したい時期とレベルにより絞り込むことができます。特に夏のプログラムでは、無料または参加費のみで行くことのできるアクティビティも多くありますし、ビクトリアのダウンタウンから観光フェリーで行けるホエールウォッチングなども非常に有名です。自然に囲まれたビクトリアでは、ハイキングなどのアクティビティには事欠きませんので、短期間で目いっぱいカナダを満喫することができます。

  • ビクトリア大学のContinuing Study学部

    カナダの場合は、教育学部・経済学部などに並んで「School of Continuing Study (成人向け教育・社会人教育部)」を持っているのが一般的です。留学生向けの英語のプログラムも多くの場合、このContinuing Study 部門で統括されています。Continuing Study を利用することで、仕事をしながら知識を向上させることもできます!なので昇進への足掛かりや、転職準備の一貫として利用する方も多くいます。会社によっては、社内研修の代わりに、従業員にこれらコースの受講を奨励するようなこともあります。
    これらのコースは、学位を取得するためのものではありません。しかし単科でも受講することができますし、決められた一連のコースを修了すると、大学からのCertificateやDiplomaを受け取ることができます。

  • 現時点でプログラムが決定していない場合、「Area undecided(専攻未定)」として出願することができる

    現時点でプログラムが決定していない場合は、「文学部系(Faculty of Humanities)」「理学部(Faculty of Science)」「社会科学部(Faculty of Social Sciences)」のいずれかに「Area undecided(専攻未定)」として、出願することができるというユニークな方法を取っています。これにより、大学1年生を始めた後に実際に学びたい分野を決めることができます。また、Gustavson School of Businessの提供するCommerceプログラムなどの一部の人気プログラムでは、高校からの直接入学に漏れた場合(もしくは漏れそうな場合)、この3学部のいずれかでまずビクトリア大学に入学し、成績が良ければ2年次から入るチャンスがあります。

学校情報

バンクーバーからほど近い街、ビクトリアにあるビクトリア大学(UVIC/ユービック)は、カナダでも有数の研究大学です。緑に囲まれた広いキャンパスには、現在22,020名の学生が学んでいます。これまでに535の特許を取得、1080以上の発明届け出、そして、169の起業を助け、その年間の経済効果は3.7ビリオンドル(3000億円以上)とも見積もられています。インターンシップやCo-op、リサーチの機会を多く学生に与えていることが特徴で、Co-op参加者の実に75%近くが、卒業前に就職が決まっているとのことです。ビクトリアの州立カレッジ|CAMOSUN(カモーソン)カレッジとは?でもご紹介した通り、Tectoriaとしてテクノロジー産業が発展している都市でもあるビクトリア。そんなビクトリア市にある同大学は、日本の多くの企業でも使用されているSlackの創業者で、Flickrの共同創設者でもあるStewart Butterfield氏を輩出し、Co-op提携としては、ビクトリア発祥のオンラインブックストアAbeBooks(2008年にAmazonの子会社に)や、Google、Teslaなどの大企業も名を連ねます。大学ランキングでは、その卒業生のEmployability(雇用されるための能力)が高く評価されており、2019年のTimes Higher Education Global University Employability Rankingでは、1位に輝いています。現在、236のプログラムが開講されていますが、海に囲まれ、自然に恵まれた立地を活かし、海洋研究や天気、環境に関するプログラムも多く提供されています。

ビクトリア大学の歴史は古く、1903年、モントリオールにあるMcGill University(マギル大学)が西部カナダで教育をサポートするため、1~2年次の教養課程部分を提供するVictoria Collegeを設立したのが始まりです。その後、1915年に同じくマギル大学のサポートを受けUBC(ブリティッシュコロンビア大学)が成立、統合されたため、一旦Vicotria Collegeとしての教育提供はストップしましたが、地元住民の強い要請により復活。1963年に、改めてビクトリア大学として独立しました。大学のロゴを見ると、マギル大学 のロゴと同じく3羽の鳥がいるのが分かりますね。この鳥は、martlet(イワツバメ)という小型のツバメで、常に飛び回っておりめったに地面に足を下ろさないことで知られているそうです。マギル大学では、この3羽の鳥は、Freedom(自由)・Adventure(冒険)・Hardwork(勤勉)のシンボルとして使用されており、ビクトリア大学もそのシンボルを受け継いでいます。

ビクトリア市の東側に位置するUVIC、ダウンタウンからはバスで15~20分ほどの距離です。403エーカーと広く、緑にあふれるキャンパスには、カナダではおなじみのリスだけではなく、鹿、フクロウなど多くの野生動物も生息しています。ビクトリア市自体が小さく、ビクトリア大学も郊外キャンパス型です。自然に囲まれた静かな環境で勉学に励みたいと言う方におすすめです。

学校の基本情報

学校正式名称 University of Victoria
学校略称 UVIC
学校規模 大規模
生徒数 約22,020名
設立年度 1903年
Webサイト https://www.uvic.ca/

アクセス

住所 3800 Finnerty Road Victoria BC V8P 5C2 Canada
TEL 1-250-721-7211
Email [email protected]

コース

プログラムに関してはこちらをご覧ください。

コンパス独自取材

授業料

学費についてはこちらをご覧ください。

写真/動画

学校の様子

University of Victoriaについてのお問い合わせ

    ※携帯電話の場合メールアドレスの場合、海外からのメールを受け取れないこともございます。大変お手数ですが@gmailなどのメールアドレスよりお送り下さい。

    東京オフィス

    〒106-0032 東京都港区六本木7-8-6
    AXALL ROPPONGIビル7F
    TEL: 03-4405-3370

    バンクーバーオフィス

    Suite460 1140 West Pender Street
    Vancouver B.C. V6E 4G1
    TEL: 778-580-7903

    ページトップへ
    2,000人以上が登録中LINEで相談!
    ページトップへ 2,000人以上が登録中LINEで相談!